クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

【酷評】dカードは最悪?俺が実際に使い倒して分かったメリットや後悔した事を発表!

dカードは本当にお得なのかどうか暴露dカード

今回の記事はNTTドコモが発行するdカードは持つべきなのかどうか迷っているあなたに、私が実際に利用してみた感想をお話しします!

➡dカードを見てみる

ドコモが発行している年会費無料のクレジットカードであるdカード。

今では楽天カードやヤフーカード等の有名カードに並ぶ勢いでどんどん発行枚数が増えています。

そんなdカードですが、そこまでして持つメリットがあるのか?とあなたは疑問を感じて検索してきたのかと思います。

私も最初は「ドコモはケータイが本業だからクレカは二の次で大したことないのでは?」と思っていました。

しかし実際に私が持って利用し続けた結果とんでもなくメリット満載のカードだと判明したのです。

これを読めばあなたが目的も無くJCBカードや楽天カードを使っていたのを辞めたくなるかもしれません。

どうしてそんな事が言い切れるのか?

ズバリdカードがNTTドコモから発行されたタイミングで、初日から申し込んで使い続けている私が解説しましょう。

ドコモのdカードって最近よく聞くようになってきたけど本当に使う価値があるの?

クレカ番長
クレカ番長

ウワッハッハッ!そんじゃそこらのちんけなカードかと思いきや、実は最強に使えるカードだったんじゃ、良い点悪い点包み隠さず俺が

dカードとは?

dカード

dカードはドコモが発行しているクレジットカードでスペックは次のようになります。

dカード内容
発行会社NTTドコモ
国際ブランドVISA/MasterCard
年会費永年無料
ポイントdポイント
還元率1%(100円→1ポイント)
電子マネーiD、d払い
海外旅行保険
国内旅行保険
家族カード永年無料
ETCカード初年度無料
2年目以降500円(税抜き)
年に1度利用で無料
特典①dカード特約店で還元率UPや割引

このような内容のクレジットカードになっています!

発行会社は天下のNTTドコモ、国際ブランドはVISAとMasterCardの世界的ブランドから選択できます。

VISAとMasterCardについて書いた記事で紹介していますが、この2つは国内海外で使えないお店はほぼ無いでしょう。

ポイントはdポイントでこちらも今飛ぶ鳥を落とす勢いで認知度、利用先が増えているポイントでTポイントや楽天ポイントを打ち落とす勢いです。

電子マネーはiDを搭載しており、おサイフケータイ機能付きのスマホやdカードを、iD対応しているお店のレジでかざすだけで買い物ができます。

また、d払いはその後作られたもう1つの新たなキャッシュレス決済で、おサイフケータイ機能が無いスマホでも利用できる手軽な支払方法になります。

家族カードやETCカードも発行可能で、どちらも年会費は年に1度使えば無料になります。

還元率が常時どこでも1%

dカードは1%の還元率

dカードを持って使ってみたメリットは還元率がどこで利用しても1%という事です。

例えば近くのコンビニやスーパーで買い物した金額が1,000円の場合、10円分のdポイントが付与されます。

私も今まで数多くのクレジットカードを見てきましたが、年会費無料で還元率1%なら他社と比べても高還元率です。

しかも消費税も含めて1%還元になっており、950円の買い物をして10%の消費税が付くと1,045円になりますが、dカードは消費税を含めて計算して10ポイント付与されます。

これが他のカードだとケチ臭い仕組みで消費税抜きで9ポイントしか付与しないカードもありますが、dカードは利用者にとって親切だと評価できます。

光熱費などの固定費もdカードでポイント還元

dカードがあれば固定資産税もポイントが付与される

毎年毎年重くのしかかる固定資産税や国民年金…稼いだお金は消えていきます。

しかしdポイントは日用品の買い物の他にも公共料金や税金、保険金を支払っても還元率1%になります。

dカードポイント付与対象内容
光熱費電気代、ガス代、水道代
通信費ケータイ、光回線、固定電話、
amazonプライム年会費、
NHK、CS放送、プロバイダー
税金国民年金、不動産税、
ふるさと納税、自動車税
保険生命保険、自動車保険、火災保険、
固定資産税、法人税、相続税、
贈与税、自動車税、不動産取得税、
個人事業税、都市計画税、償却資産税
家賃、リフォーム代
その他新聞雑誌定期購読費

このようにありとあらゆる固定費の支払いをdカードで行えば、ジャンジャン面白い程ポイントが還元されていきます。

一撃で払う金額が数万円、数十万円かかる税金ならドッサリポイント獲得可能です。

楽天カードと同じ還元率なので楽天カードが嫌いな人はdカードを持つのもオススメでしょう。

電子マネーのiDやApplepayに対応

dカードはiDが搭載されている

dカードにはキャッシュレス決済の1つiD機能が搭載されています。

ドコモが開発した後払い式の支払方法で、財布の中に小銭をジャラジャラ入れて持ち歩く必要も無く、レジでスムーズに会計が出来ます

iDが対応のお店で使うと次のような特徴があります。

・クレジットカード禁止のお店でも使える
・数百円、数十円の小銭の買い物も気安く利用できる
・レジで買い物する時は読み取り端末にかざすだけでOK
・後払いなので直ちに現金を用意する必要はない

クレジットカード払いで数十円、数百円の買い物をするのはなんとなく恥ずかしいですが、iDであればそんなの気にする必要も無く気兼ねなく会計できます。

セブンイレブン、ローソン、ファミマなどの大手コンビニに対応していますし、イオンやイトーヨーカドー、マクドナルド、ウエルシア等国道沿いにあるようなお店は全て使えます。

さらにiPhoneを利用している人なら朗報で、dカードはApplepayにも対応しているので、iPhoneやApple Watchがあればカード要らずであちこちでバンバン決済が可能です。

へえ、こんなにdカードには特徴があるんだね、でももっと詳しく使ってどうなのかリアルを知りたいわ

クレカ番長
クレカ番長

もちろんじゃいっ!ここまでdカードの特徴を見てきたが、ワシがdカードを使って体験し感じたメリットを次に話してやるぜっ

俺が使って分かったdカードのメリット

dカードを利用するメリット

私がdカードを使ってみてこれが良かった!というdカードのメリットを挙げていきましょう。

ケータイ料金の1%がdポイントで還元が助かる

dカードを持つとドコモケータイの利用料金を1%還元

まず1つ目に紹介したいdカードのメリットは、利用者はドコモケータイとドコモ光の利用料金の1%がdポイントで還元されるという点です。

条件はdポイントクラブに加入してドコモのケータイを登録するだけです。

利用金額1,000円ごとに10ポイント(10円分)が進呈されるというものですが、月5,000円使う人なら50円分が毎月ポイントで帰ってきます。

年間計算にすると50円×12ヵ月で600円お得になります。

雀の涙程度かと思われるかもしれませんが、ソフトバンクやauの発行しているクレジットカードにはこんな特典が付いておりません。

少しでも節約したいと考えているドコモ利用者はdカードは必須と言えるでしょう。

ちなみにドコモのケータイ料金と言っても次の支払いは対象になりません。

・各種手数料
・電報料
・コンテンツ使用料/iモード利用料
・コレクトコール通話料
ケータイの購入代金
・バリューコースにおける分割支払金/分割払金
・d払い、ドコモ払いの料金
・ケータイ保障サービス/ケータイ保障サービスiPhone&ipad
・機種変更応援プログラム利用料金
・ドコモ光の回線工事費、事務手数料

この中で特に注意しなければいけないのは、ケータイの購入代金はdポイントにならない点です。

クソ高いケータイ電話機器の料金を割賦払いにする人が多いですが、毎月の分割料金はdポイントにならないのが惜しいです。

さらにドコモケータイの料金の1%還元になるといっても、ドコモのケータイ料金はdカードで払うなで書きましたが、dカードで払わなくてもdポイントで1%貰えます。

例えばドコモのケータイ代金は楽天カードで払うと、楽天ポイントとdポイント1%分が入ります。

ドコモ料金の支払い7,000円支払った場合
楽天カード70ポイント(70円分)
dカード70ポイント(70円分)

このように二重取りが出来るので、このメリットだけでもdカードを持っているだけでもお得になります。

→dカード公式サイトを見てみる

ちなみに月10,000円以上払っている人や家族は年会費11,000円をタダにできるのでお得です。

何故ならば毎月10%dポイント還元のdカードGOLDを持つと、1,000ポイントが毎月入るので、年間12,000ポイント獲得できるからです。

→dカード GOLD公式サイトを見てみる

クレカ番長
クレカ番長

ドコモのケータイを利用しているなら持っておいて間違いなしだ、これだけでケータイ料金が割引になるのと同じだからな

ドコモのケータイが修理不可能な時は1万円の補償金

ドコモのケータイが壊れたけどdカードで1万円補償される

見てくださいこのiPhoneはドコモで修理不可能だと判定されてバッキバキに壊れてしまったのですが、こんな時はdカードを持っていれば、購入してから1年以内なら1万円の補償金が下ります。

ドコモ公式サイトによればdカードケータイ補償の内容は次の通りになっています。

dカードケータイ補償とは利用中の携帯電話端末が購入後1年以内に、偶然の事故により紛失、盗難、修理不可能な状態になった場合に、新たに同一機種同一カラーの携帯電話端末を、ドコモショップでdカード払いで購入した場合1万円の補償が下ります。

なんと1年以内に購入したケータイが紛失盗難故障した場合に、同じ機種をdカードで購入すれば1万円の補償金が貰えます。

1万円の貰い方は新しいケータイ購入代金の、カード支払い日に引かれるという形です。

もしが請求金額が1万円を下回る場合なら、金融機関の口座に補償金1万円の差額を振り込まれるとの事です。

同一機種が無い場合はドコモが指定する別の機種になるとの事ですが、ありがたいお話です!

最近のスマホは10万円を超える機種や安くても5万円台の機種が多く、水没したり落として画面が割れてしまった場合は手痛い出費が掛かります。

まるで車の修理代金か?思える程の費用が飛んでいきますが、dカードを持っている事で少しでもダメージを軽減できます。

ただしケータイ補償が下りるには次のような条件を満たしている必要があります。

・修理不可能な状態になる事
・偶発的な事故で紛失盗難している事
・dカードに登録したケータイ電話である事
・ドコモショップで購入している事

このようにケータイ補償の対象になる事が必要条件です。

メルカリやヤフオク、ドコモオンラインショップ以外のサイトで購入した場合は対象外になるので注意しましょう。

また、悪意を持って自分で意図的に壊したり無くしたりした場合、最悪なケースだと詐欺罪になてしまいますので絶対に辞めましょう。

他にもケータイが修理不可能ではなく可能な場合は、ケータイ補償の対象外になり、自腹で修理代金を全部出す羽目になります。

iPhoneの場合はApple Storeにて修理可能か不可能か審査がありますが、androidの場合はドコモショップで修理可能か不可能かの審査になります。

ケータイの種類修理可能か不可能か審査場所
iPhoneApple Store
androidドコモショップ

ちなみにdカードGOLDにすると補償金額は10万円になり、一気に安心できる補償になります。

こうなるとiPhoneのApple care for iPhone等の補償が必要なくなります。

dカードのケータイ補償については、さらに詳しく内容を解説している記事があるので合わせて読んでおきましょう。

→dカードGOLDのケータイ補償について

クレカ番長
クレカ番長

ケータイ電話が故障したらアホみたいに金がかかるんだよな、でも補償金が下りるなら助かるぜ

ローソンで買い物が5%お得になる

ローソンでdカードはお得

あなたの家の近くや会社の近く、通勤通学ルートにローソンがあるならdカードは素晴らしい威力を発揮します。

なんとローソンで買い物した時は次のような特典があります。

ローソンでの行動特典
会計時にdカードを提示1%
dカード決済1%
dカード決済で割引3%
合計5%

このように結果的にはローソンの買い物が5%お得になりますし、この世に現存するクレジットカードでローソンでこれだけ破壊力抜群の恩恵が得られるカードは他にありません。

しかも貯まったdポイントはローソンで1ポイント1円としてすぐに使う事が可能です!

ただし注意したいのが次の買い物に使った場合は、dカード決済時には3%割引にはなりません。

新聞の朝刊、夕刊、スポーツ新聞、週刊誌などの雑誌、漫画本、情報誌、タバコ、電子タバコ、ゆうパック、料金収納代行、楽天Edyへのチャージ、SuicaやICOCA等の電車バスへのチャージ、コピー機、デジカメプリント、はがき、切手、印紙、市町村指定のゴミ袋、totoくじ、スマートピット、キャッシングの借金返済、カード利用分のコンビニ支払、amazonや払王、マルチペイント等の各種支払、ネットゲームの決済料金、nanaco等の電子マネー、テレホンカード、ローソンで支払う運転免許、漢字検定、QUOカード、宅配の取次、学校の各種検定、保険などの取次サービス、バイクの自賠責保険、JTB、ローソンチケット、楽天トラベル、amazonショッピングカード、オークションゆうパック、国際電話用のプリペイドカード、携帯電話用のプリペイドカード

上記の買い物をする時は注意が必要ですが、これ以外であればガンガン5%お得になります。

ローソンをよく使うという人であれば他のカードを使うのは機会損失です。

マツモトキヨシで4%ノジマで5%お得に

マツモトキヨシでdカードがお得

全国的にも有名なドラッグチェーンのマツモトキヨシ。

こちらでもdカード決済をすると非常に多くの恩恵を受ける事が可能です。

マツモトキヨシでの行動特典
dカード提示1%
dカード決済1%
dカード特約店ポイント2%
合計4%

このようにマツモトキヨシのではdカードを見せて買い物するだけで4%還元になっています。

更にこれに加えてマツキヨポイントも貯まります。

私が利用する時はコンビニよりも安いので、飲み物やパンを買う事が多いのですが、500円の買い物で都度20円分のポイントが還元されると思えば嬉しいものです。

ノジマ電気でdカードはお得になる

家電量販店の業界第5位のノジマ電気でもdカードで買い物するとお得になります。

ノジマでの行動特典
dカード決済3%割引
dカード決済1%還元
dカード提示1%還元
合計5%

家電量販店ではローソンやノジマよりも、高い金額の商品を買う事が多いでしょう。

もし引っ越しなどで掃除機、冷蔵庫、エアコン、給湯器、洗濯機など大きな買い物をするのであれば10万円購入した時に5,000円分お得になるのでお得です!

クレカ番長
クレカ番長

dカードがあるだけで様々なお店でお得に使えるようになるぞ、近くにマツキヨやノジマがある人はこれだけでメリットになるだろう

dカード特約店でさらに還元率UP

マクドナルドでdカードを提示するとポイントが貯まる

dカードで買い物した時にお得になるのはローソン、マツモトキヨシ、ノジマだけではありません。

以下のdカード特約店であれば、dカード利用時の1%の還元率に加えて、特約店ポイントも貰えます。

業種店名還元率
飲食店マクドナルド
ドトール
スターバックス
伊達の牛タン
ジェイアンドジェイグループ
はなの舞
梅の花
dデリバリー
かっぱ寿司
2%
4%
4%
3%
4%
2%
2%
2%
2%
ホテルルートインホテルズ2%
車関係ENEOS
Esso
モービル
ゼネラル
オリックスレンタカー
1.5%
1.5%
1.5%
1.5%
4%
旅行JAL
JALパック
dトラベル
JTB
クラブメッド
2%
2%
2%
3%
4%
百貨店高島屋
JR髙島屋
髙島屋免税店SHILL&ANA
伊勢丹
三越
2%
2%
5%
2%
2%
アパレル紳士服のコナカ
フタタ
洋服の青山
AOKI
THE SUIT COMPANY
3%
3%
2%
3%
2%
本・CD・DVD紀伊国屋書店
タワーレコード
日経ヴェリタス
日経ビジネス
日経WOMAN
プレジデント
2%
3%
3%
5%
3%
3%
ショッピング東急ハンズ
やまや
ライフ
2%
2%
1.5%
娯楽イオンシネマ
ビッグエコー
自遊空間
2%(300円割引有)
3%
2%
保険イーデザイン損保1,500円
タクシーさわやか無線センター
東京無線タクシー
チェッカーキャップ
2%
2%
2%

参照:dポイントカード提携店よりいずれもdカード払いの還元率に、dカード特約店で得られるポイントを合わせた数字です。

このようにかっぱ寿司やも、dカード提示でdポイントが貯まる特約店になっています。

カフェのスターバックスやドトールでは還元率が4%になる点や、イオンシネマの映画に至っては300円割引になるなど、普通に買うよりも絶対にお得です。

居酒屋では九州発祥のジェイアンドジェイグループで4%還元になりますが、グループ店は次のようなお店です。

海鮮市場十徳や、九州のうまかもん魚や十兵衛、海鮮問屋さかな市場、海鮮にぎり鮨居酒屋さかな市場十徳や、旬の酒菜と炭火焼き徳や十兵衛、情熱酒場、とっぺん、くつろぎダイニング寿里庵、魚〇鶏吉、廻鮮にぎり鮨さかな市場、農園レストランまんま

九州と中国地方中心のお店ですが、これらのお店はあなたの街にあれば安く飲めるチャンスです。

マクドナルドでは過去に5%の還元率を出すキャンペーンも展開していましたので、今後も突発的に還元率が上げてくるかもしれません。

繰り返しますがドコモを利用していない人でもdカードは使えますので、損得勘定で考えるとdカードは財布に入れておいて莫大な利益をもたらしてくれます。

今後dカード特約店は増えていく傾向にありますので、買い物上手になりたいなら是非活用しましょう。

ポイントアップモール活用で還元率UP

dカードポイントアップモール

ネット通販で買い物するならdカードでメチャクチャお得になります。

なんと上の写真のdカードポイントアップモール1.5~10.5倍と恐ろしい程還元率が爆上げします。

こちらのサイトを一度経由して、amazonや楽天、ヤフーショッピングなど、お馴染みのネット通販でdカードで買い物するだけで還元率が上がるのです。

dカードポイントアップモールに掲載されている代表的な一部のサイトを見ていきましょう。

業種サイト名還元率
総合通販amazon
楽天
ヤフーショッピング
LOHACO
ベルメゾン
イトーヨーカドー通販
ニッセンオンライン
1.5%
1.5%
1.5%
2.0%
2.0%
3.0%
2.5%
百貨店髙島屋オンラインストア
伊勢丹オンラインストア
小田急オンラインストア
大丸松坂屋
三越オンラインストア
5.0%
2.0%
6.0%
5.0%
2.0%
ファッションamazonファッション
ユニクロ
GAP
セシール
グンゼストア
5.0%
1.5%
4.0%
3.0%
3.0%
家電量販店ビックカメラ.com
Joshin webショップ
カメラのキタムラ
アイリスプラザ
コジマネット
2.5%
2.5%
2.0%
2.5%
2.0%
旅行じゃらん
エクスペディア
ヤフートラベル
一休.com
3.5%
4.5%
2.0%
2.5%

このように普通にショッピングサイトでdカードを使って買い物するよりも、一度だけモールを経由して購入すれば、還元率が数倍に膨れ上がりガバガバdポイントを獲得可能です。

さらに還元率だけではなく以下のようなメリットがあります。

・ほとんどの有名サイトを網羅している
・普通に買い物するよりも還元率が最大10.5倍まで高まる
・期間限定で還元率が上がるショップもある
・dポイント以外に利用した通販サイトのポイントも貯まる

このように紹介したのは一部でこれ以外にも多くのネット通販で還元率が上がります。

dカードポイントアップモールを経由して楽天市場を使えば楽天ポイントが、ヤフーショッピングではTポイントが、じゃらんではpontaポイントが貯まります。

dカードポイントアップモールの使い方については、更に賢い使い方を別の記事で書いているので合わせて読んでみましょう。

dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元

dポイントスーパー還元プログラムはd払いがお得

dカード利用者に朗報です!

2019年6月からスタートした企画ですが、なんとdカード利用者は付帯するキャッシュレス決済のiDかd払いをすると、最大7%還元率がプラスになるチャンスです!

還元率がアップするには次のドコモのサービスを利用している事が条件になります。

条件還元率アップ詳細
dカードでドコモケータイ料金支払い+1%
dポイントステージがプラチナ+1%
dマーケットの20種類の内1つ課金+2%
いちおしパック+1%
DAZN for docomo+1%
Disney DELUXE+1%
合計+7%

これらの条件を達成していくとd払いやiDで支払った時の1%還元率に加え、最大7%還元になるのでオイシイです。

ドコモ経済圏で生活を固めていれば恩恵を受けられます。

dカードでドコモのケータイ料金を払うだけで1%加算なので簡単ですし、ドコモ利用歴15年以上ならプラチナステージに自動的になるので楽勝でしょう。

自分に必要だと感じればdマーケットの20種類のサービスや、いちおしパックの契約をすれば還元率アップ。

サッカーや野球が好きな人はDAZN for docomo、ディズニー好きならDisney DELUXEを契約すれば還元率が上がります。

流石にこれらを全部達成するのは難しいでしょうが、3%程度まで上げるなら楽勝でしょう。

dポイントスーパーチャンスについては、別の記事で詳しく書いているので合わせて読んでおきましょう。

ショッピング保険が100万付くのも安心

dカードを持ち歩くメリットはお買い物安心保険(ショッピング保険)が付帯している点もあります。

もしカード払いで高額なブランド品や時計、趣味のコレクションやフィギュアを購入して破損したり偽物だったり不良品だった場合は泣き寝入りするしかありません。

しかしdカードで購入した場合は100万円以内の金額なら補償してくれるのです。

dカードで購入した商品が購入日から90日間は、盗難、破損、など偶発的な事故により被害を被った時に補償されます。

具体的なショッピング保険が受けれらる条件は国内と海外で変わります。

場所保険が下りる条件
海外の買い物全ての支払いが対象
国内の買い物リボ払い、3回以上の分割払い

1事故当たり3,000円の自己負担金額が必要ですが、何万、何十万もする商品がこれで補償されるなら安い物です。

クレカ番長
クレカ番長

私事だが、過去の彼女に分割払いで購入したバッグが不良品だったがバッチリ補償され助かったぞ!
その彼女とは別れちまったがな。ガハハ

 

年会費は永年無料

年会費は初年度無料で2年目以降は1,250円(税別)かかりましたが、なんと2019年10月から改定されて永年無料になりました。

これなら財布に負担が掛かる心配が無いカードと言えるでしょう。

世の中には多くのクレジットカードがありますが、次のようにほとんどが年会費をむしり取ろうと躍起になっています。

クレジットカードの種類年会費
dカード永年無料
三井住友VISAカード1,250円(税別)
JCB一般カード1,250円(税別)
セブンカードプラス500円(税別)
ENEOSカード1,250円(税別)
エムアイカードプラス2,000円(税別)
ANAカード1,250円(税別)

他社のクレジットカードと比べても年会費無料という時点で嬉しいもの!

これなら安心して長年使い続ける事も出来ますし、2枚目に別のカードを持ったとしても安心です。

ETCカードや家族カードも無料にできる

dカードはETCカードが無料発行される

dカードには家族カードとETCカードがあり前者は永年無料、後者は500円(税抜)かかります。

しかしdカードの素晴らしい点はETCカードや家族カードも年会費が無料にできる事です。

条件はdカードと同様に年に一度でも利用すれば年会費は無料になるとの事で、ほとんど無料と変わらないといっても過言ではありません。

しかも家族カードは2枚まで無料で発行可能で、持った家族も今回お伝えしているdカードケータイ補償の1万円や、ケータイ料金の1%還元等のメリットを受けられます。

ETCカードが年会費無料になるカードは希少な事で、例えば楽天カードのETCカードは年会費が540円かかるのでdカードは非常にありがたい存在と言えます。

もちろんETCで高速道路を使った料金も還元率1%でdポイントで還元されます。

ちなみにdカードGOLDになると、年に一度も利用しなくてもETCカードは無料のままです。

クレカ番長
クレカ番長

年会費無料で還元率1%のクレカでETCカードも無料だなんてカードは他にねえぞ!

dポイントカードの機能も搭載されてるのでスッキリ

dポイントカードの機能はdカードに搭載

dカードにはdポイントカードの機能も一緒に搭載されています。

1枚でdカードとdポイントカード2枚の役割を担っておりますので、財布の中に入れて持ち歩くカードを1枚減らしてスッキリします。

本来dカード特約店では特典でポイントを得る為に、dポイントカードを提示しなければいけません。

他社のクレカを利用している人はdポイントカード掲示後に、クレカ払いをするという手順が必要でした。

しかしdカードならdポイントカード掲示とカード利用がこれ1枚で完結します。

当サイトの別の記事でdポイントカードについて書いていますが、dカード1枚だけで十分だという事も紹介しています。

今なら入会キャンペーンで8,000円分ポイント進呈

dカードの最後のメリットは入会キャンペーンが開催されている点です。

なんと2020年12月最新情報によればdカードは入会すると8,000ポイント貰えるという、臨時ボーナス支給の嬉しい特典が付いてきます。

貰える条件は次の通りになっています。

条件進呈ポイント
dカードに申し込み入会1,000
ドコモケータイをカード払い設定1,000
入会翌月までに2万円利用4,000
入会翌々月末までにこえたらリボ設定2,000
カード作成時にVISAを選択1,000
合計9,000

 

ちなみに私が申し込んだ時はこんな太っ腹キャンペーンは存在しませんでしたし、急にdカードの広告予算が無くなった途端終わるかもしれません!

クレカ番長
クレカ番長

タダで目の前に落ちている8,000円を拾わない手は無いので以下の公式サイトから申し込み絶対に拾うんじゃ!

→dカード公式サイトはこちら

dカードで獲得できるdポイントも美味しい

dカードのメリットを見てきましたが、ここで獲得できるdポイントも素晴らしいです。

ここではdポイントだけについてじっくりと細かくお伝えしていきます。

dポイントの使い道は拡大傾向にある

dカードを使えば使う程貰えるdポイントは、ファミマやマクドナルド、今後も取り扱い店が拡大していく傾向にあります。

dポイントが普及する事でdカードの普及率も上がるという相乗効果もありますので、血眼になってドコモは開拓しています。

当サイトの別の記事では更に詳しくdポイントの使い道について書いているので参考になるでしょう。

→dポイントの使い道は何があるのか?

→期間用途限定のdポイントの使い道は何があるのか?

しかもdポイントは以下のような他社ポイントにも交換できるのです。

dポイントの交換先も豊富にある

dポイント交換先交換レート
iDキャッシュバック2,000P→2,000P
pontaポイント5,000P→5,000P
(手数料250円)
ドトールバリューカード3,000P→3,000円分
スターバックスカード3,000P→3,000円分
JALマイル5,000P→2,500マイル
(1マイル=2円分の価値)
VJAギフトカード8,000P→5,000円分
ドコモケータイ料金への充当1P→1円

このようにdポイントのメリットは様々な他社ポイントと交換できる事にあります。

この中で等価交換になるのはiDキャッシュバック、ドトールとスタバ、JALマイル、ドコモケータイ料金への充当になります。

一番最強なのはiDキャッシュバックに交換する事でしょう。

iDキャッシュバックとは後払い型のiDを先払いしてしまう方法で、dポイントをiDキャッシュバックに交換する事で様々なお店で使えるようになります。

dポイントのままでは使えないお店もiDにすれば使える

実はdポイントのままでは使えないお店も、iDキャッシュバックに交換すれば使えるお店もあります。

例えば大手コンビニのセブンイレブンがその1つでdカード提示しただけではdポイントが使えません。

セブンイレブンでdポイントを使う方法

ローソンやファミマ、マクドナルドではdカード提示でdポイントが使えのにどうすれば良いのか?

その答えはdポイントをiDキャッシュバックに一度交換すれば解決します。

セブンイレブンでdポイントを使う方法

セブンイレブンの入り口に掲示してある案内ですが、iDに交換する事で使えるようになっています。

この方法ならdポイントのままでは利用できなかった以下のお店がiDに交換する事で使えるようになります。

業種iDが使える店
コンビニセブンイレブン、セイコーマート
ポプラ
ドラッグストアウエルシア、HACドラッグ、
クスリのアオキ、金光薬品、
ココカラファイン、コクミンドラッグ、
ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、
ドッグセイムス、スギ薬局
スーパーイオン、イオンモール
イトーヨーカドー、アピタ、ビブレ
レストランかっぱ寿司、はま寿司、牛角
とんかつ浜勝、ガスト、ジョナサン
バーミヤン、フォルクス
ファストフードココ壱番屋、すき家
ミスタードーナツ、モスバーガー
ロッテリア
カフェコメダ珈琲店、タリーズ、プロント
居酒屋魚民、チムニー、はなの舞、和民、
安楽亭、こだわりやま、東方見聞録
家電量販店コジマ、ヨドバシカメラ、エディオン、
ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ
ネットamazon

iDキャッシュバックにすれば手数料もかからず等価交換できるので、この方法であればかなりお得だと言えるでしょう。

ハッキリ言ってdポイントをiDに交換すれば、楽天ポイントやTポイントより強いです。

d払いで期間用途限定dポイントがお店で使える

ドコモのキャッシュレス決済にはiDの他にもd払いと言う方法があります。

d払いに対応しているお店であれば誰でも利用できます。

この方法はスマホにd払いアプリをダウンロードして、その後スマホの画面にバーコードやQRコードを表示してレジで会計時に店員さんに読み取らせて支払う方法です。

おサイフケータイ以外の普通のスマホでも利用できる支払方法で、この方法ならdポイントと余っている期間用途限定dポイントも使う事が可能です。

d払いについては別の記事で詳しく解説しているの合わせて読んでおきましょう。

→ドコモのd払いとは何か?

→ドコモのd払いをamazonで支払う方法

→ドコモのd払いをdカード払い設定にする方法

dポイントの有効期限も4年と長い

dポイントの有効期限は4年間とかなり長めに設定されています。

他社のTポイントやじゃらんポイント、pontaポイント、楽天ポイントを獲得しても有効期限が1~2年しかありません。

しかも有効期限が短いとポイントを消費して衝動買いしてしまい、結局ゴミみたいな商品やサービスに散在するリスクもあります。

しかしdポイントなら本当に自分に必要な物が出てくるまで待つ余裕が生まれます。

使って分かったdカードのデメリット

dカードのデメリット

私がdカードを使ってメリットばかりツラツラと書いてきましたが、その反面感じだデメリットもあるので暴露しておきましょう。

海外国内旅行の付帯保険が無い

海外旅行中には予期せぬ事故やトラブルが付き物。

dカードは年会費無料で様々なメリットが享受できるカードになりますが、欠点として海外旅行と国内旅行保険が付帯していない点があります。

もし旅行傷害保険を必要としているならばdカードの選択は無しです。

旅行保険とは旅行中にもしケガや病気や事故で入院、通院した時に下りる保険金で、例えば楽天カードの海外旅行保険は死亡や後遺症が残った場合最大2,000万円まで補償金が下ります。

特に怖いのが海外旅行時に病気やケガで入院や手術を受けると、日本では考えられない話ですが数十万円~数百万円、時には一千万円を超える金額を請求される事があります。

海外旅行に旅行や渡航に行く人はお守りとして、dカード以外に旅行保険付帯のカードを持つ事をオススメします。

クレカ番長
クレカ番長

海外旅行で病気やケガをすると数十万円~数千万円かかるケースも多数あるのだ!これは他に保険付帯するカードを持つのが良いな

ドコモ利用者はdカードGOLDの方がお得

dカードGOLD

上の写真は管理人愛用のdカードGOLDになりますが、ドコモケータイ利用者はdカードよりお得になる人がいます。

何故なら毎月のケータイ料金とドコモの光回線の利用料金の10%がdポイント還元。

もし1人や一家全員で月10,000円以上ドコモのケータイ料金が掛かっているのであれば、dポイント10%還元なので年会費以上にお得なので年会費は実質無料になります。

さらにドコモのケータイが修理不可能な故障時には10万円の補償金が下ります。

また、dカードのデメリットである旅行保険も付帯しており、海外旅行保険は最大1億円が自動付帯、国内旅行保険はカードを利用する事で最大5,000万円の保険金が下ります。

dカードには無い特典で国内29ヶ所のラウンジが無料で使えます。

その上年間利用金額に応じてクーポンが貰えるなど至れり尽くせりで、ドコモユーザーにとっては100%お得です。

残念な事にdカードGOLDにした方が節約になるのに、気づかないままdカードを持つ人が多いのも事実。

私がdカードGOLDを使ってみた感想でも書いていますが、入会キャンペーン13,000ポイントが貰える点も魅力的です!

ドコモのケータイ料金を月10,000円以上家族で利用しているなら、間違いなくお得になるので公式サイトを見ておきましょう。

→dカード GOLD公式サイトを見てみる

まとめ、攻守ともに最強のお得カードだった

dカードは最強

ここまでdカードについて私が実際に使って感じてきたメリットとデメリットを最後にまとめます。

・還元率が1%と高め
・特約店で使うとさらに還元率UP
・ポイントアップモールで使うと還元率UP
・ドコモのケータイと光回線料金1%還元
・ケータイ購入1年以内は紛失盗難故障時に1万円補償
・年会費が無料
・電子マネーのiDが便利
・dポイントが貯まると無敵の使い道を発揮
・海外国内旅行保険が付帯していない
・人によってはdカードGOLDの方がお得だけど気づかない

このようにメリットの方がデメリットをはるかに上回り、還元率も高く年会費無料で財布の中に入れておくだけでも負担なし。

還元率も常時1%でdカード特約店だとさらに還元率がUPしてお得になります!

自宅の近くにマツモトキヨシや普段会社の通勤中やお昼の食事でローソンを使う人なら絶対に持っておきたいカードと言えるでしょう。

また、ドコモのケータイ電話利用者は保有しているだけでドコモのケータイ料金の1%がdポイント還元になり、さらに修理不可能な時は1万円の補償金が下りるのも嬉しい特典です。

しかも今なら入会キャンペーンで8,000ポイント貰えるのは破壊的魅力。

これはどう考えてもdカードを持たないのはもったいない機会損失と言えるわね!

もしあなたがまだdカードを持っていないのであれば、とりあえず無料なので申し込む込まないは抜きにして公式サイトを見ておくと良いでしょう。

➡dカードを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました