クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

ドコモで還元率7%になる「dポイントスーパー還元プログラム」とは何か?徹底調査してみた!

dポイントスーパー還元プログラムdカード

今回の記事はNTTドコモで2019年6月1日からスタートする「dポイントスーパー還元プログラム」とはどんな仕組みなのか?

徹底的に丸裸にした俺がわかりやすく解説します!

▶dカード GOLD公式サイトを見る

2019年6月1日にドコモで電撃発表したdポイントスーパー還元プログラム。

プリグラムの条件を満たせば、d払いやdカード、iDの支払い時で利用料金の7%がdポイントで還元されるになるという鬼畜のような企画です。

今あなたがdカードやiD払い、d払いをしているであれば絶対に見逃せない企画です。

どのようなサービスなのかズバリ内容を紐解いていきましょう。

dカードを利用した時のポイント還元が7%?嘘みたいね

クレカ番長
クレカ番長

ウワッハッハッある条件を満たせば簡単に誰でもそうなるぞ!どうなるのか見ていこう

dポイントスーパー還元プログラムとは何か?

dポイントスーパー還元プログラム

dポイントスーパー還元プログラムとは2019年6月10日から始まった企画で、今何かと話題の政府が推進しているキャッシュレス決済を促す為の一大イベントになります。

内容はNTTドコモのキャッシュレス決済の「d払い」か、dカード/dカードGOLDに付帯する電子マネーの「iD」で支払うとで還元率7%になります!

7%の還元率にするにはNTTドコモが指定する条件を満たす事が前提になります。

ポイント還元の条件内容還元率
dポイントクラブ
プラチナステージ
当月dポイントクラブの
ステージがプラチナに
なる事が条件。
+1%
携帯料金をdカードで
支払い設定に登録
前月末までにケータイ
料金引落をdカードに
設定する事。
+1%
いちおしパック加入前月までに契約する事+1%
DAZN for docomo前月までに契約する事+1%
Disney DELUXE前月までに契約する事+1%
dマーケット利用+2%
合計全て達成7%

図で簡単にすると次のようになります。

dポイントスーパー還元プログラム

「iDやd払いなんて使えるのかよ?」と思うかもしれませんが、大手のNTTドコモのブランド力や営業力は舐めてもらっては困ります。

もうすでにセブンイレブンやファミマなどの主要コンビニ、amazonやケーズデンキ、ビックカメラ、地元のラーメン屋や居酒屋、自動販売機など全国100万ヵ所がiDやd払い対応店になっています。

これらの対応店では全ての支払いが還元率7%になります。

ドコモのdポイントクラブのアカウントがあれば、2019年5月22日からこちらのページからエントリーをする事で誰でも参加する事が可能です。

しかもこれは一時的なイベントではなく常に行われるとの事です。

なるほど!ドコモのサービスを利用しまくればいいってわけね、でもお金がかかりそうだなあ、簡単に7%になるの?

クレカ番長
クレカ番長

わしが調べてみた所、やはり課金したりする必要があるぜ!ここから先でじっくり内容を見ていこう

dポイントクラブプラチナステージで1%増加

dポイントスーパー還元の条件はdポイントクラブでプラチナステージになる事です。

ドコモのdポイントクラブは会員ごとにステージが存在します。

dポイントクラブ

ステージ階級ドコモ回線継続利用期間過去6ヶ月間の
dポイント獲得数
プラチナ15年以上10,000P以上
4th10年以上3,000P以上
3rd8年以上1,800P以上
2nd4年以上600P以上
1st4年未満600P未満

ドコモ回線継続利用期間、もしくは過去6ヶ月のdポイント獲得数の、どちらかの一方の条件を満たせばステージの階級が上がります。

前者の方が簡単で、ドコモのケータイ利用年数が長ければ長い程自然に階級が上がり、15年以上の人は一切何もしなくてもプラチナなので容易に1%還元率がUPです。

後者の方は難易度が高く、dポイントは過去6ヶ月間の獲得数が対象になりますが、10,000ポイント貯めるにはdカードだと100万円の買い物や支払が必要です。

地道にポイントを継続的に貯めなければすぐにプラチナ以下のステージに突き落とされます。

dカードGOLDを持つとドコモのケータイ料金とドコモ光の利用料金の10%が毎月dポイント還元されてプラチナへの昇格は簡単そうに思えます。

しかし10%のうち9%の期間用途限定ポイントが対象にはなりません。

クレカ番長
クレカ番長

ドコモケータイ長期利用者以外は地道にポイントを貯めていくしかプラチナになれねえな!
こいつはしんどいぜ

dポイントクラブのステージについては、別の記事でも書いているので合わせて読んでおきましょう。

携帯料金をdカード支払いで1%増加

dポイントスーパー還元で1%還元率を高める条件は、ドコモのケータイ料金をdカード/dカードGOLDで支払うというのが条件になります。

しかもさらに毎月ドコモのケータイ料金をdカードで支払えばポイントも貯まりますので、必然的にプラチナステージになりやすいというメリットもあります。

携帯料金をdカードで支払うのは還元率1%アップのメリットだけではありません。

dカードGOLD利用者の場合、年間利用金額が多ければ最大21,600円のクーポンが進呈されます。

ドコモのケータイ電話を家族カードを作り、全員の料金を1枚で支払えば狙える特典でお得です。

クレカ番長
クレカ番長

これなら簡単だ!すぐにdポイント還元率が1%上がるな

いちおしパック、DAZN、Disney DELUXEで3%増加

dポイントスーパー還元で還元率を上げるには、ドコモの月額課金サービスの次の3つに加入する事が条件になります。

ドコモのサービス内容
いちおしパック月額500円で約200のコンテンツ・アプリ
が使い放題、毎日クーポン進呈、
スマホ故障紛失時にポイント進呈、
役立つ情報配信のmydaiz
クラウド容量オプション50GB
DAZNスポーツが月額980円で見放題
野球、サッカー、バスケ等130チャンネル
ドコモ以外は月額1,750円
Disney DELUXEディズニー、ピクサー、マーベル、
スターウォーズの動画や映画が
月額700円で見放題になる

これらに1つでも加入する事で還元率1%UP!

3つ加入すればポイント還元率がUPで合計3%UPします。

ただしこれら3つの動画配信サービスに全部加入するかと言ったら微妙でしょう。

人にはそれぞれ価値観がありますし、スポーツ好きでもディズニー好きでもない人は可愛そうです。

無理やり還元率を高めるのが目的で月額課金するのもアホらしいです。

元々加入していた人ならラッキーで、あとはエントリーするだけなので楽勝でしょう。

dマーケットのどれかのサービスを利用で2%増加

ドコモにはdマーケットと言う様々なサービスの集合体がありますが、こちらを利用するとどちらかのサービスでポイント

dマーケットには20個のサービスがありますが、以下のどれか1つを利用するのが条件です。

dショッピング、dTV、dゲーム、dデリバリー、dブック、トラベル、dファッション、dアニメ、dマガジン、dジョブ、dカーシェア、dヒッツ、dフォト、dグルメ、dヘルスケア、dキッズ、dエンジョイパス、ひかりTV、dアプリ&レビュー、dリビング

これらのいずれかを1つでも利用すれば、還元率2%UPになるので素晴らしいです!

金額問わずとにかく利用するだけなのですが、一番安く早く手っ取り早いのがdショッピングで買い物する事でしょう!

ドコモの通販サイトで私は最初品揃えが悪いと馬鹿にしていましたが、ドンドン便利になってきており、amazonや楽天市場よりも還元率が高い買い物がお得になるのでオススメです!

dマーケットでポイント還元率を20倍にする方法などを、別の記事で書いているので合わせて読んでおきましょう。

うまくやれば最大還元率12%も可能

今回のdポイントスーパー還元プログラムですが、実は7%どころか最大還元率12%まで引き上げる事が可能です。

それがdカードを使うと還元率がUPするお店で使う事です。

dカード特約店還元率dポイント
スーパー還元
合計
ローソン5%7%12%
マツモトキヨシ4%7%11%
ノジマ3%7%10%
高島屋3%7%10%
ENEOS
Esso
モービル
ゼネラル
2%7%9%

例えばローソンで利用する場合は次のような内訳になります。

dカード決済で3%OFF
dカード決済でdポイント1%還元
dカード提示でdポイント1%進呈
dポイントスーパー還元プログラムで7%還元
合計12%

他にもマツモトキヨシ、ノジマ、髙島屋で使う事で馬鹿みたいにポイントを貯める事が可能です。

ローソンなんて毎日使う人もいるでしょうから、今後還元率12%になると思ったらワクワクします。

どこのお店で還元率が上がるのかキャンペーン情報で確認しておきましょう。

dポイントスーパーポイント還元の注意点

dポイントスーパー還元プログラムに挑むにあたり、実は気を付けねばならない注意点が5点かあります。

①進呈されるのは3ヶ月の期間用途限定ポイント
②dカード払いは対象外
③ドコモケータイをdカード払いすると損する事も
④ポイント目当てで無駄遣いするリスクに注意
⑤判定タイミングに注意

どのようなことに注意しなければいけないのか見ていきましょう。

進呈されるのは有効期限3ヶ月の期間用途限定ポイント

dポイントスーパー還元プログラムではポイントの還元率が7%という事ですが、進呈されるポイントは有効期限が3ヶ月間です。

しかもポイントの種類は期間用途限定ポイントという事で、公共料金の支払いや光熱費、ケータイ料金に使えなかったりします。

ポイントを獲得したらオススメなのはamazonで期間用途限定ポイントをd払いで使う事です。

あらかじめamazonで欲しい物リストを作っておき、ポイント進呈後に買えるようにしておけば消滅するリスクを避けられるでしょう。

dカード払いは対象外になる事

dポイントスーパー還元プログラムの注意点

これも落とし穴になるような注意点です。

dポイントスーパー還元プログラムの対象はキャッシュレスの支払い方法で「d払い」と「iD」になります。

しかしdカード/dカードGOLDのクレジットカード払いは同じキャッシュレス決済なのに対象にはならないとの事です。

私から言わせれば同じやんけ!と文句を言いたくなる話ですが、dカードに付帯している後払い型電子マネーのiDを使う事が条件になっています。

 

ドコモケータイの料金をdカード払いで損する事も

dポイントスーパーポイント還元で1%還元率を上げるには、ドコモのケータイ料金の支払いをdカード払いにするという事ですが…私からの忠告があります!

ドコモのケータイ料金はdカード利用者は1%、dカードGOLD利用者は10%毎月還元されます。

しかし実はケータイ料金をカード払いしなくてもポイントが貰えるのです!

ケータイ料金をdカード払いしようがしまいが、dカードなら1%でdカードGOLDの10%還元が付いてくるのです。

これを裏技で逆手に取ると、ドコモのケータイ料金を楽天カードやヤフーカードで支払えば、他社ポイントとdポイント二重取りが可能です。

dカード/dカードGOLDでケータイ払いにしてはいけない理由は別の記事で詳しく書いています。

dポイントスーパー還元で1%の還元率を取るか、他のカードとdカードで獲得できるポイントを2重取りするか悩ましい問題です。

ポイント目当てで無駄遣いしてしまうリスク

dポイントスーパー還元で7%を達成すれば爆発的にポイント貯めることができます。

しかしこれを実現するにはそれなりに料金がかかってしまいます。

試しに計算してみましょう。

達成条件かかる費用
プラチナステージ100万円
dカードでケータイ料金支払い金額問わず
いちおしパック500円
DAZN for docomo980円
Disney DELUXE700円
dマーケット金額問わず
合計1,002,180円+α

このようにそれなりに金額がかかります。

一番上のプラチナステージは特にドコモ15年以上の利用者以外は100万円かかります。

また月額課金の動画サービスなど全てに登録する人はほとんどいないでしょう。

7%の還元率狙いで必要無いサービスに無理や登録するのも無駄です。

判定のタイミングに注意

dポイントスーパー還元で注意したいのはその判定期間です。

サービス判定期間
dポイントプラチナステージ当月
ドコモケータイdカード支払い
いちおしパック
DAZN
Disney DELUXE
dマーケット利用
前月末まで

dポイントクラブのステージがプラチナで、1%のポイントUPされるかどうかは当月に判定されます。

その他の設定や利用、月額課金サービスは前月末までに加入しているかどうかで判定になります。

当月DAZNに加入したから還元率UPだろうと思っていても、実はその月は還元率が上がりません。

自分の思い込みではなく判定タイミングがいつなのか確認して注意しましょう。

dポイントスーパー還元7%はdカードGOLDが必須!

dカードGOLDはdポイントスーパー還元には必須

今回ここまでdポイントスーパー還元プログラムについて見てきた事をまとめます。

・dポイントスーパー還元でiDやd払いが還元率7%になる
・dポイントクラブのプラチナステージで1%
・ドコモケータイをdカード払い設定で1%
・いちおしパック加入で1%
・DAZN加入で1%
・Disney DELUXE加入で1%
・dマーケット利用で2%

内容はとにかくドコモのサービスを利用しまくれば、d払いやiDの利用金額の還元率が最大7%に上がるという超お得なキャンペーンでした!

ただ、dポイントスーパー還元は全て達成するのは難しく、現実的なのは「dカードでケータイ料金支払い」をする事と「dマーケットで買い物」する事の2つでしょう。

これだけで簡単に3%還元率が増やせるので現実的です。

残りの3%増やすのは「いちおしパック」「DAZN」「Disney DELUXE」等の月額課金サービスに入る必要があります。

最後の1%増やす為には努力が必要で、dポイントクラブのプラチナステージになるという条件です。

ドコモを15年以上利用している人なら速攻でなれますが、それ以外の人はdポイントを6ヶ月で10,000ポイントせっせと集める必要があります。

これを達成するにはdカードGOLDを使う事でしょう。

買い物金額や税金、光熱費、保険料、家賃の支払い、その他車検代やガソリン代に支払いをすればポイントが貯まりやすくなります。

私もメインカードで利用しているdカードGOLDですが、普段意識して全ての生活上の支払いをこのカードに集中すれば容易に6ヶ月で10,000ポイント獲得できプラチナに上がれます。

私がdカードGOLDを3年間利用した感想でも書いているように、確実にドコモユーザーにはお得なカードです。

申し込む込まないは抜きにして一度公式サイトを確認しておきましょう。

▶dカード GOLD公式サイトを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました