クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

最上位の優待&ステータス!三井住友VISAプラチナカードのメリット・デメリットを徹底解説!

三井住友VISAプラチナカード三井住友VISAカード

▶三井住友VISAカード公式サイトを見る

クレカ番長
クレカ番長

今回は三井住友カードの中でも最強ステータスを誇る!三井住友カードプラチナのメリット・デメリットを徹底解説していくぞ!

あの三井住友カードの中でも一番スゴいんだもんね!どんなカードかさっそく見ていこー!

  1. 結論:三井住友カードプラチナはステータス&優待が最強なので取るべし!
    1. 高いステータス性を誇る1枚
    2. 多数のプラチナ級の優待を持つ
    3. 高いステータスと優待が欲しいなら取るべし!
  2. 三井住友カードプラチナの無視できない点
    1. ハイステータスだが申し込み制という弱点
  3. 三井住友カードプラチナの基本スペック
  4. 三井住友カードプラチナの付帯サービスやメリット・デメリット
    1. 年会費は50,000円+税
    2. 基本還元率は0.5%と低い
    3. 選べるブランドはVISAとMaster
    4. プラチナカード限定のプラチナコンシェルジュデスク
    5. 3つの特典から1つ選べるメンバーズセレクション
    6. 2名以上予約で高級レストランが1人無料になるプラチナグルメクーポン
    7. USJのアトラクション待ち時間を短縮できる特別なパスがもらえる
    8. USJの三井住友カード ラウンジサービスを利用できる
    9. 全国28ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる
    10. ホテル予約サイトのRelux(リラックス)で7~10%OFFで予約可能
    11. プラチナ級の充実した国内・海外旅行保険
    12. VISA・Masterの2枚それぞれに申し込める
    13. 家族カードは完全無料
    14. 利用額に応じてボーナスポイントがプレゼント
    15. 通常の三井住友カードに付帯する特典もそのまま付帯!
  5. 三井住友カードプラチナのメリット・デメリットまとめ
  6. 三井住友カードプラチナは機能・ステータス共に優秀!
  7. 三井住友VISAプラチナ その他の注意点や疑問点を解決!
    1. 三井住友VISAプラチナの審査難易度は?
    2. インビテーションは年どれくらい使えば届く?
    3. インビテーションが届いた場合は初年度の年会費半額
    4. 締め日や引き落とし日も全三井住友カード共通
    5. 三井住友VISAプラチナで貯まるポイントの使い道
    6. 他の三井住友プロパーカードとの比較について

結論:三井住友カードプラチナはステータス&優待が最強なので取るべし!

結論から言うと、三井住友カードプラチナは以下に当てはまる人が選ぶべきだと断言します!

  • 30歳以上
  • 三井住友ブランドで最高ステータスのクレジットカードが欲しい
  • プラチナカードだけの最上級優待を堪能したい

高いステータス性を誇る1枚

三井住友カードプラチナは三井住友カードの中でも最上級のステータスと多数の優待サービスを持ち合わせています。

誰もが知る大手ブランドの最上級カードということで、どこで出しても恥ずかしくないどころか、格式の高いカードを持つ人物として一目置かれるほどです。

プラチナのワンランク下の三井住友カードゴールドとは、同じ三井住友カードであってもステータス性はまるで比べ物になりません。

最近はゴールドカードくらいなら持ち合わせている人も少なくないので、そんな中でもプラチナカードは他人との格の差を知らしめる決定的な一枚となります。

そこいらのクレジットカードとは比較にならないほど高名なステータス性が欲しいなら、三井住友カードプラチナはこの上ない一枚です。

ちなみに三井住友VISAカードに一般的に最上級とされるブラックカードは存在しません。ゆえにこの三井住友カードプラチナが最上級なのは間違いありません。

多数のプラチナ級の優待を持つ

三井住友カードプラチナはステータスだけでなく、多数のプラチナ級の優待サービスが付帯します。

詳しくは後半で解説していますが、ザッと並べてもこれだけあります。

  • USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)優待特典
  • 24時間365日対応のプラチナコンシェルジュデスク
  • 全国のホテル・旅館を優待料金・特別サービスで利用可能
  • プライオリティ・パスなど、3つの特典から自由に選べるメンバーズセレクション
  • 高級レストランが2名以上予約で1人分無料になるプラチナグルメクーポン
  • 三井住友カードの中でも最高1億円で最も手厚い国内・海外旅行保険
  • 宝塚歌劇の「三井住友カード貸切公演」にて貴重なSS席を優先的に販売
  • カードブランドVISA・Masterそれぞれに付帯する旅行・グルメ関係の優待

年会費もプラチナカードらしく50,000円+税と三井住友カードの中では最上級ですが、その分特典もプラチナに相応しい内容となっています。

高いステータスと優待が欲しいなら取るべし!

三井住友カードプラチナは超大手の三井住友ブランドに加え、プラチナ由来のハイステータス&特別優待を併せ持つ最上位クラスのクレジットカードです!

いきなり公式ページから申し込むこともできますが、事前に三井住友カードの利用実績を積んでいないと厳しいです。

多少遠回りですが最も確実なのは、まずは三井住友カードゴールドからスタートして、後にインビテーション(招待)で三井住友カードプラチナを手に入れる方法です。

ワンランク下の三井住友カードゴールドを使い込むことで、いずれ三井住友プラチナカードのインビテーションが届くので、そこから申し込めばOKです。

それなりに時間が掛かる方法ですが、審査に通るかわからない直接申し込みよりも堅実です。

三井住友カードゴールドを使えば三井住友カードがどんな使用感かもわかるので、インビテーション狙いでここからスタートするのも個人的には十分アリです。

スペック的には「ゴールドカードとしては平凡」と言ったところですが、普通のゴールドカード以上の性能は備えています。

詳しくは三井住友カードゴールドの記事で解説しています。

ただ、三井住友カードゴールドは三井住友カードプラチナと同じく30歳以上でないと申し込めません。

その場合は26歳から申し込める三井住友VISAプライムゴールドが選択肢に入ります。

このカードを使い続けて実績を積めば、30歳になった瞬間に三井住友カードプラチナを手にすることも夢ではありません。

もしあなたが18~25歳以下なら三井住友カードデビュープラスが最もオススメです。

このカードは三井住友VISAカードの中でもポイントが常に2倍で取得しやすい若者向けカードです。

さらに26歳からは三井住友VISAプライムゴールド、30歳以降は三井住友カードゴールドへと自動的にステップアップできます。

三井住友VISAカードの入門カードでもあり、気に入ればそのままプラチナカードを一直線で目指すも良し。違うなと思ってもすぐに解約できる手軽な一枚でもあります。

若くして三井住友カードプラチナを目指すなら、三井住友カードデビュープラスからスタートするのが一番です。

実際に申し込むかどうかはひとまず置いといて、まずは公式サイトを見てから考えても遅くはありません。

▶三井住友VISAデビュープラス公式を見る

三井住友カードプラチナの無視できない点

ハイステータスだが申し込み制という弱点

前述のとおり、三井住友カードプラチナは高いステータスを誇ります。

しかし正直に話すと、真にトップクラスのステータスを持ち合わせる他のプラチナ・ブラックカード郡には劣ります。

その理由の1つが、三井住友カードプラチナは最初からネット申し込みができるという点。

これはステータスを求める上では致命的な弱点です。

本当にステータスの高いカードは完全インビテーション制のものとされています。

かつては三井住友カードプラチナもインビテーションのみでしたが、現在は緩和されて申し込みだけは誰でもできる状態になっています。

もちろん、申し込めるとはいっても簡単には通らないので、プラチナカードとしてのステータスは色褪せしません。

が、簡単に申し込める窓口が設置してあるというのは、他の上級カードに比べてどうしても劣後してしまうのです。

ライバル的な立ち位置のJCBカードにもJCBプラチナというカードがありますが、そちらもネット申し込みが可能な一枚です。

しかし、JCBプラチナはさらに上位にJCB ザ・クラスというカードが存在します。

このカードはJCBプラチナを使い込まなければインビテーションが届かないカードなので、個人的には三井住友カードプラチナよりもステータスは上です。

年会費も50,000円+税であり、三井住友カードプラチナと同じです。

ネット窓口からでも申し込める三井住友カードプラチナ、インビテーションのみのJCB ザ・クラス、ステータスを求めるならJCB ザ・クラスなのは明らかです。

ちなみに三井住友カードプラチナはユニバーサル・スタジオ・ジャパン優待に対して、JCBカードはディズニー優待が豊富です。

遊園地はUSJよりもディズニー派という場合も、JCBカードの方が親和性があるのでオススメです。

JCB ザ・クラスを求めるなら、まずはJCBプラチナからスタートしましょう。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

三井住友カードプラチナの基本スペック

概要内容
申し込み対象30歳以上の男女で安定収入がある人
発行元三井住友
国際ブランドVISA・Mastercard
年会費50,000円+税
ポイントの種類ワールドプレゼントポイント
(有効期限は4年)
ポイント還元率還元率0.5%
1,000円利用につき1P
(1ポイント=5円)
ショッピングガード保険500万円
国内旅行保険死亡傷害時に最高1億円
海外旅行保険死亡傷害時に最高1億円
家族カード無料
ETCカード無料
電子マネーiD、Apple Pay

三井住友カードプラチナは三井住友カードの中でも最上級ということで、すべての三井住友プロパーカードよりも優れた特典・サービスを持ち合わせています。

三井住友カードプラチナの付帯サービスやメリット・デメリット

クレカ番長
クレカ番長

三井住友プラチナカードの付帯サービスやメリット・デメリットを紹介していくぜ!

年会費は50,000円+税

三井住友カードプラチナの年会費50,000円+税です。

割引・無料化条件も特に無く、ほかの三井住友カードに存在する「年間利用額に応じて最大半額割引」「マイ・ペイすリボで半額割引」「WEB明細サービス利用で500円引き」などの年会費割引特典もありません。

すべての三井住友カードの中でも最も年会費が掛かりますが、それに見合った数多くの特典が用意されています。

基本還元率は0.5%と低い

基本還元率は0.5%と低めです。これは三井住友一般カードもプラチナカードも変わりません。

利用額に応じてボーナスポイントが付与されますが、積極的にポイントを貯めるには向かないカードです。

選べるブランドはVISAとMaster

三井住友カードプラチナはVISAのみならずMasterブランドも選べます。

「VISAカードはもうあるしMasterを選ぼう」という選び方もアリですが、三井住友プラチナカードの場合はVISAとMasterどちらかを選ぶかによって優待の内容が変わってきます

詳しい内容は後述していますが、ブランドによっては優待を活かせない可能性があるので注意してください。

プラチナカード限定のプラチナコンシェルジュデスク

三井住友カードプラチナ会員は24時間365日対応のプラチナコンシェルジュデスクを利用できます。

コンシェルジュデスクは旅行ツアーや宿泊施設の手配、各種チケットの取得、ギフトの用意など、ビジネス・プライベート問わずありとあらゆることに対応してくれます。

  • 航空券・ホテルが必要な時の予約案内
  • 高級車を含むレンタカーの手配
  • レストラン情報の配信
  • バレエ・オペラ・演劇・コンサート・美術館の情報提供およびチケット予約案内
  • ゴルフなどレジャー施設の予約
  • 知人や家族へのプレゼントの手配
  • 国内・海外の旅先の観光地や渡航先情報のサポート

24時間365日対応可能ということで、遠慮無しに利用してもOKです。いわば常にあなた専属の秘書がそばにいるような状態です。

たとえば私の場合、JR新幹線を利用することがあるので、コンシェルジュに「何月何日の東京→大阪間のJR券が欲しい!」と一言お願いするだけで、流れるように手配してもらえます。

最近はネット予約で複雑そうなチケット予約も、コンシェルジュを頼ればスムーズに手配してもらうことが可能です。

ちなみに本当に些細なことでも何でもお願いしてOKです。

あなたの要望さえ伝えれば多少の無茶振りをしてもさすがプラチナコンシェルジュ。菩薩の如く対応してくれます

一流レストラン予約や旅行計画といった大それた相談でなく、近場の居酒屋の検索および予約を頼むなども可能です。

お高いお店だけでなく、リクエストを伝えればチェーン店でも検索&予約してもらえます。

お店を探すのが面倒だったり、時間を節約したかったり、どんなに細かいことでもあなたの手足のように動いて代行してもらえるので本当に助かります。

3つの特典から1つ選べるメンバーズセレクション

三井住友カードプラチナを持っていると、年に一度だけ3つの特典から1つ選べるメンバーズセレクションの案内が届きます。

選べる3つの特典は以下のとおりです。

  1. 世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス
  2. 名医によるセカンドオピニオンサービス
  3. カタログから食品やアイテムなど好きなものを1つセレクト

世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス

プライオリティ・パス全世界143カ国、500を超える都市、1,200カ所以上のVIPな空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

これ1枚あるだけで、世界中どこの空港へ行っても快適な時間を過ごすことができます。

三井住友カードプラチナに付帯するプライオリティ・パスは最高ランクのプレステージ会員のものであり、単体で申し込むと日本円で約48,000円は掛かります。

プライオリティ・パスは有名なところでは年会費10,000円の楽天プレミアムカードが最もコスパ良く取得できますが、

三井住友カードプラチナは同伴者1名の利用も無料になるので、誰かと一緒に旅行する機会が多いならより便利に活用できます。

さらに三井住友カードプラチナの家族カードを持っていれば、その分のプライオリティ・パスも無料で取得できます。

夫婦+子供2人という家族構成なら、本人カード+家族カードを持っていれば夫妻+子供同伴×2で空港ラウンジを利用できる形です。

名医によるセカンドオピニオンサービス

名医によるセカンドオピニオンサービスとは、24時間対応の医療相談カウンセリングサービスです。

単なる医療相談サービスではなく、医学会の各分野の第一人者を組織して構成された医療チームです。

三井住友カードプラチナを持っていれば、ここに無料で相談できます。ここにあなたが相談することで、一流の秀逸なアドバイスを受けることができます。

症状の具合によっては、総合医師の判断で優秀な専門医を紹介してもらえるパターンもあります。

三井住友カードゴールドにはドクターコール24という24時間医療相談できるサービスがありましたが、それよりもさらに質が高まった上位互換サービスと言えます。

カタログから好きなアイテムを1つセレクト

それぞれ「上質なビジネスアイテム」「暮らしを彩るライフアイテム」「毎日を愉しむコレクション」「食の逸品プレゼント」というコンセプトの元で様々なアイテムが用意されており、そこから一品選ぶことができます。

中には普通に買うと1万円ほど掛かるアイテムもあります。直近の2019年に配布されたカタログの品は以下のとおり。

カテゴリ品物
上質なビジネスアイテム
[Business]
  1. ソメスサドル
    オリジナルシューホーンキーホルダー
  2. クリルプス 折りたたみ傘
暮らしを彩るライフアイテム
[Life]
  1. セラミカ 四方皿セット
  2. レコルト ホームバーベキュー
    (トング付き)
  3. Wired Beans
    生涯を添い遂げるグラス
    タンブラー 熟練工による
    0.9ミリ厚フロスト仕上げ
  4. SWAROVSKI
    ワイングラス ペアセット
  5. HIPPOPOTAMUS×PLATINUM SET
  6. モルトンブラウン
    オリジナル バス&シャワージェル
    デュオセット
毎日を愉しむコレクション
[Hobby]
  1. タイトリスト PROV1
  2. フラワーカタログ
食の逸品プレゼント
[Gourmet]
  1. 新潟県産米
    雪蔵仕込み氷温熟成®
    三種詰め合わせセット
  2. 近江牛 しゃぶしゃぶ用
  3. 松坂牛 すき焼用
  4. 中橋義雄
    こだわりハム
    ロングウインナーセット
  5. 佐藤水産 北海道
    天然鮭いくら詰合せ
  6. 静岡産 うなぎ蒲焼
  7. 赤坂四川飯店
    陳建一・陳建太郎親子
    本格四川料理食べ比べ
  8. 博多 めんたい味くらべ
  9. 田崎真也セレクト
    ボルドーワインセット(赤・白)
  10. 帝国ホテル
    ビーフカレー英国風&
    ハッシュドビーフ
  11. 新宿高野 フルーツジュースセット
  12. CACAO SAMPAKA
    ジャラッツ(アイス)
    プレミアムセレクト 9個入

前述の空港ラウンジも医療アドバイザーも必要無いなら選ぶことになります。

ビジネスやコレクション系アイテムは人を選びますが、食の逸品は選りすぐりの食品を家庭に届けてもらえるのでオススメです。

ちなみに三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersを持ち合わせている場合、それぞれにメンバーズセレクションが送られてくるので、合計で2個受け取ることができます。

ただし、三井住友カードプラチナのVISA・Masterブランドを両方持ち合わせているケースでは、メンバーズセレクションは1つしか案内されません。

2名以上予約で高級レストランが1人無料になるプラチナグルメクーポン

三井住友プラチナカード会員限定で、プラチナグルメクーポンが配布されます。

このクーポンを使って対象の高級レストランを2名以上で予約すると、そのうち1名のコース料金が無料になります。

半年に1回、合計で年に2回冊子で送られてきて、その中の各店舗クーポンを各店舗毎に半年に1回利用することができます。

クーポン全体で半年に1回でなく各レストラン単位で利用できるので、色々なお店に行くようにすれば年会費以上にお得です。

コース料理料金がだいたい1人10,000円~30,000円くらいなので、数回クーポンを利用するだけでもプラスになります。

プラチナグルメクーポン対応店はこのページで確認できます。全国各地に点在するので参考にしてみてください。

ただし、あくまで無料になるのはコース料理代金のみで、飲み物代その他料金の料金はしっかり発生する点には注意してください。

USJのアトラクション待ち時間を短縮できる特別なパスがもらえる

人気テーマパークのUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に来訪時、アトラクション待ち時間を大幅に短縮できるユニバーサル・エクスプレス・パスをもらうことができます。

遊園地でありがちな一般入場口がメチャクチャ混んでいる時でも、このパスを使えば特別な窓口からスーッと入ることができます。

利用できる対象アトラクションは決まっています。詳しくは以下のとおりです。

  • ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
    ※ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~は利用不可
  • アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
  • ジュラシック・パーク・ザ・ライド™
  • ジョーズ™
  • ターミネーター 2:3-D®
  • バックドラフト™
  • スペース・ファンタジー・ザ・ライド

当日1回限りしか使えませんが、混雑+待ち時間でイライラすることが無くなるのは相当なメリットです!

パスは同伴者4人まで配布対象なので、5人家族構成までなら待ち時間をバッチリ短縮できます。

なお、三井住友プラチナカードをVISA・Masterを1枚ずつ保有している場合は重複せず、1枚分としてみなされます。(1日1枚、同伴者4名まで)

USJの三井住友カード ラウンジサービスを利用できる

三井住友カード会員だけが利用できるUSJのラウンジが設置されています。ここでは以下の特典が用意されています。

  • ソフトドリンク無料サービス
  • アトラクション「JAWS™」への優先搭乗

また、特別ラウンジということで一般人は立ち入れない空間となっており、疲れた時に家族全員で立ち寄ってまったりくつろぐことができます。

ただ、自由に出入りできるわけではありません。事前の予約が必要であり、飛び込みで入場することができないのはネックです。

しかし、本人+同伴者5人まで無料で利用できるので、混雑しがちなUSJでゆっくり休みたいなら極上のサービスになること間違いありません。

全国28ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できる

三井住友VISAプラチナ会員は国内28ヵ所+ハワイ1箇所の空港ラウンジを無料で利用できます。

無料になるのは以下の空港ラウンジです。

地域ラウンジを利用できる空港
 北海道新千歳空港(北海道)
函館空港(北海道)
 東北地方青森空港(青森)
秋田空港(秋田)
仙台空港(茨城)
 関東地方羽田空港(東京)
成田空港(千葉)
 中部・北陸地方新潟空港(新潟)
富山空港(富山)
小松空港(石川)
中部国際空港(愛知)
 関西地方伊丹空港(大阪)
関西国際空港(大阪)
神戸空港(兵庫)
中国地方広島空港(広島)
米子空港(鳥取)
岡山空港(岡山)
宇部空港(山口)
四国地方高松空港(高松)
松山空港(愛媛)
徳島空港(徳島)
九州・沖縄地方福岡空港(福岡)
北九州空港(福岡)
長崎空港(長崎)
大分空港(大分)
鹿児島空港(鹿児島)
熊本空港(熊本)
那覇空港(沖縄)

上記空港のラウンジは通常利用で1,000円~1,500円はしますが、三井住友カードプラチナの本会員、および家族カードを持っている家族は無料になります。

三井住友カードプラチナがあれば、空港ラウンジで出発まで落ち着いた時間を過ごすことができます。

ホテル予約サイトのRelux(リラックス)で7~10%OFFで予約可能

三井住友カードプラチナを持っていれば、会員制ホテル予約サイトのRelux(リラックス)にて特別価格で宿泊予約ができます。

ここで利用できる施設は100項目の審査をクリアするホテル・旅館ばかりで、三井住友カードが本当にオススメできるプランが提供されています。

三井住友クラシックカードなどでも割引は適用されますが、三井住友カードプラチナならさらに割引率がアップします。

カード種類割引率
三井住友VISAプラチナ初回10%OFF
2回目以降7%OFF
三井住友VISAゴールド初回7%OFF
2回目以降5%OFF
三井住友VISAクラシック初回5%OFF
2回目以降3%OFF

三井住友カードプラチナの場合、20,000円の宿泊プランなら初回は2,000円割引、2回目以降は1,400円割引になります。

利用方法も専用サイトで日時予約するだけなので、簡単に割引を受けることができます。

プラチナ級の充実した国内・海外旅行保険

三井住友カードプラチナは各種旅行保険もピカイチです。これ1枚だけで相当強力な保険を得られます。

  • 三井住友VISAプラチナ 海外旅行傷害保険
保険内容補償額
死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用500万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用500万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
1億円限度
(1回の事故につき)
救援者費用1,000万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
100万円限度(1旅行中)

※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度

  • 三井住友VISAプラチナ 国内旅行傷害保険
保険内容補償額
死亡・後遺障害最高1億円
(利用付帯4,000万円含む)
入院日額5,000円
手術費用最高20万円
通院日額2,000円
  • 三井住友VISAプラチナ ショッピングガード保険
内容保険金額
海外での買い物500万円限度
国内での買い物500万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

三井住友カードゴールドからさらに国内・海外旅行保険がパワーアップし、もちろん持っているだけで保険が適用される自動付帯です。

年会費そこそこのゴールドカードから保険額も大幅に引き上げられ、どこに旅行してもいざという時に手厚いサポートを受けられます。

三井住友クラシックカードの中でも優秀な旅行保険を持ちあわせる三井住友カードゴールドと比較してみても、すべての面で超越しています。

  • 海外旅行傷害保険
補償内容三井住友VISAプラチナ三井住友VISAゴールド
死亡・後遺障害最高1億万円
最高5,000万円
(内4,000万円分は利用付帯)
傷害治療費500万円300万円
疾病治療費500万円300万円
賠償責任1億円5,000万円
携行品損害100万円50万円
救援者費用等1,000万円400万円
  • 国内旅行傷害保険
補償内容三井住友VISAプラチナ三井住友VISAゴールド
死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
(内4,000万円分は利用付帯)
入院日額5,000円/日5,000円/日
手術費用最高20万円最高20万円
通院日額2,000円/日2,000円/日
  • ショッピングガード保険
補償内容三井住友VISAプラチナ三井住友VISAゴールド
海外での買い物500万円300万円
国内での買い物500万円300万円
自己負担額3,000円3,000円

また、海外旅行保険にはカードを持たない家族1名に保険が適用される家族特約も付帯します。死亡・後遺障害保険が1,000万円になる以外は本人カードと全く同じ保険内容で心強いです。

各種保険内容の厚さに加え、ホテル予約や空港ラウンジの優待の多さを考えると、三井住友カードプラチナは旅行用のカードとしても親和性が高くオススメです。

VISA・Masterの2枚それぞれに申し込める

三井住友プラチナカードは、VISA・Masterブランドをそれぞれ1枚ずつ持つことができます

「2枚も持ったら年会費50,000円+税が二重にのしかかって大変では?」と思うかもしれませんが、なんと2枚目のカードは年会費が90%カットされて5,000円+税になります。

最初の1枚目は変わらず50,000円+税ですが、2枚目とあわせても55,000円+税、1枚あたり27,500円とプラチナカードとしては相当お得な価格になります。

これによりVISA・Masterの両方のプラチナ特典を受けることができます。世界で通用する二刀流で無敵な上、迷うことがなくなります。

家族カードは完全無料

三井住友カードプラチナの家族カードは完全無料で取得できます。しかも何人でもOKです。

三井住友の最上級のプラチナカードを機能やサービスそのままに家族に無料で持たせることができるので、家族全員分のカードを作りたいものです。

さらにメンバーズセレクションにてプライオリティ・パスを選んでいた場合、家族カードにもプライオリティ・パスが無料で付帯します。

家族カードの利用実績は本会員カードのものとしてカウントされるので、利用額によるボーナスポイントなどの特典もその分受けやすくなります。

作れば作るほど全員がプラチナ級になり絶対にお得なので、プラチナカードを手に入れたら真っ先に作ることを推奨します。

家族カードの仕組みや持つメリットについては、別の記事で書いているので合わせて読んでおきましょう。

利用額に応じてボーナスポイントがプレゼント

三井住友カードプラチナの基本還元率は0.5%で低いものの、利用額に応じてボーナスポイントがプレゼントされます。

2019年2月~
2020年1月までの
買い物累計金額
2020年度の
設定ステージ
ボーナスポイントポイント還元率
300万円以上V350万円到達時
300ポイント
以降10万円ごとに
60ポイント
0.3%
100万円以上
300万円未満
V250万円到達時
150ポイント
以降10万円ごとに
30ポイント
0.15%
50万円以上
100万円未満
V150万円到達時
100ポイント
以降10万円ごとに
10ポイント
0.01%

最高のV3ステージランクでも100万円利用で600ポイント還元程度の微々たるものですが、これに基本還元率0.5%も合わさるので少しはマシくらいにはなります。

通常の三井住友カードに付帯する特典もそのまま付帯!

三井住友カードプラチナは、三井住友クラシックカード・三井住友ゴールドカードに付帯するすべての特典も利用可能です。

  • セブン、ローソン、ファミマ、マクドナルドでポイント5倍(還元率2.5%)
  • ネット通販はポイントUPモール利用で還元率2~20倍にアップ
  • ココイコ!利用で街の店舗での買い物が高還元orキャッシュバック
  • 電子マネーiD、Apple Pay機能が搭載
  • ワンタイムパスワード・24時間監視体制による強化セキリティ
  • クレジットカード裏面に本人の顔写真を付けられる
  • スマホで簡単に会計を済ませられるTableCheck Pay
  • アジア諸国のレストランで優待を受けられるGlobePass
クレカ番長
クレカ番長

どうせ利用するならポイントUPモールなどはガンガン活用していこう!そっちの方がお得っちゅうわけだ!

三井住友カードプラチナのメリット・デメリットまとめ

  • 三井住友カードの最上位でステータス性は抜群
  • 信頼と安心の三井住友ブランド
  • インビテーションを待たずにネット窓口から申し込める
  • VISAだけでなくMasterブランドも選べる
  • 3つのうち1つ選べる豪華特典メンバーズセレクション
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの待ち時間短縮券&特別ラウンジを利用可能
  • プラチナグルメサービスで同伴者1名の高級レストランのコース料理代が無料
  • アップグレードホテルズで全国各地のホテル利用時に特別優待&割引
  • 最高1億円の国内・海外旅行保険が自動付帯
  • 宝塚歌劇団などの特別チケットを優先販売してもらえる
  • 家族カードが完全無料
  • ETCカードも完全無料
  • Apple Payの利用、Suicaチャージにも対応
  • 取得までの道のりが長い
  • 基本還元率0.5%と低い
  • ネットから直で申し込めるので、他社の完全インビテーション制のカードよりもステータスは劣る
  • 利用額に応じたボーナスポイントはそこまで高くない
  • 30歳以上でないと申し込めない

三井住友カードプラチナは機能・ステータス共に優秀!

クレカ番長
クレカ番長

年会費が比較的安いにもかかわらず、信頼性・ステータス・機能の三拍子を揃えた優良プラチナカード。それが三井住友カードプラチナっちゅうわけよ!

取るまで大変そうだけど、それに見合ったメリットが十分あるってことだね!憧れちゃうな~♪

気品漂うプラチナカードの券面に浮かぶパルテノン神殿にウソ偽り無く、秀逸なステータスとベネフィットを兼ね揃えています。

あなたが迷っているのであれば、三井住友カードプラチナは取得するべきだと自信をもってオススメします

実際に申し込むかどうかは別にして、三井住友カードの公式サイトでチェックしてからでも遅くはありません。

直接ネット申し込みも可能ですが、まずは三井住友カードゴールドを狙うのも1つの手です。

公式サイトを見てみる

三井住友VISAプラチナ その他の注意点や疑問点を解決!

三井住友VISAプラチナの審査難易度は?

三井住友カードプラチナは30歳以上であればネット窓口から誰でも申し込めるので、申し込むだけなら簡単です。

しかし、これまでクレジットカードを利用して実績を作っていなければ、審査に通るには困難を極めることに違いありません。

最初に申し込んでも見込みがなさそうであれば、三井住友カードゴールドからスタートしても良いと思います。

三井住友カードゴールドは三井住友カードプラチナのワンランク下のカードであり、プラチナに最も近い位置のカードです。

それを使い続けて三井住友カードの利用実績を積み重ねていけば、やがてプラチナのインビテーションが届きます。

インビテーションを狙うならゴールドカード取得が最も近道なので、まずはここから始めてみても良いかと思います。

もしあなたが18歳~25歳であれば、三井住友カードデビュープラスに申し込めばスムーズにステップアップできます。

三井住友カードデビュープラスなら、26歳で三井住友プライムゴールドカードに昇格し、さらに30歳で三井住友ゴールドカードに昇格します。

一般カード→ゴールドカードと段階的に進めていき、最期にはプラチナへの切り替えあるいはインビテーションが届くことを目標にする長期的なプランです。

長い道のりですが、個人的にはこれが最も確実な方法だと思います。

ちなみにゴールド・デビュープラス以外の選択肢は、最もスタンダードな三井住友カードの三井住友VISAカードが浮かびますが、実はこのカードはオススメできません。

三井住友VISAアミティエカードはクラシックカードと同スペックでありながらやや優待が優れているので、女性向けのピンク色デザインに抵抗が無ければこちらをオススメします。

インビテーションは年どれくらい使えば届く?

下位の三井住友カードからインビテーションを目指すとなると、どれくらいの年間利用額があれば招待されるのか?は気になるところです。

これについては諸説ありますが、実際のケースだと三井住友カードゴールドを持った状態で【年間約150~200万円、毎月15万円】くらいの利用ペースでインビテーションがほぼ確実に届きます。

三井住友ゴールドカードからインビテーションを受けたいときの目安にしてみてください。

インビテーションが届いた場合は初年度の年会費半額

三井住友プラチナカードのインビテーションが届いた時、初年度年会費が半額になる特典が付帯します。

ネット申し込みの場合は通常の年会費50,000円+税が初年度から掛かりますが、インビテーションの場合はコレがあるので実績を重ねて受けた方がお得になります。

ただし、2年目以降はしっかり年会費50,000円+税が掛かるので注意してください。とはいえ、1年目に半額でも相当にお得です。

締め日や引き落とし日も全三井住友カード共通

締め日・引き落とし日については全三井住友プロパーカードで共通です。

【毎月15日もしくは月末締め・翌月10日もしくは26日払い(土・日・祝日の場合は翌営業日)】です。

毎月15日締め・翌月10日払いが基本ですが、26日払いに変更することができます。その場合は締め日は月末となります。

都合に合わせて10日/26日のどちらかに変更できるのは三井住友カードの利点でもあります。

三井住友VISAプラチナで貯まるポイントの使い道

三井住友VISAプラチナはワールドプレゼントポイントが貯まります。

「ワールドプレゼントポイントの使い道は?」「一番効率的な使い方を知りたい!」という人向けに、ワールドプレゼントポイントの使い道記事を書いたので参考にしてみてください。

他の三井住友プロパーカードとの比較について

三井住友プラチナカードは三井住友プロパーカード間で比較するとどうなのか?

言うまでもなく機能性・ステータスともに三井住友カードの中では最強ですが、年会費が50,000円+税で最も高いカードでもあります。

その分、各種旅行系のサービスや高級レストラン・ホテル優待が素晴らしいことになっていますが、それらを利用するつもりが無いなら割高に感じるかもしれません。

しかし、付帯特典を積極的に利用すれば年会費以上にお得なのは間違いありません!今回の記事で紹介したメリットをフルに活用してみてください。

プラチナとは別に種類が多い三井住友VISAカードはどれがオススメなのか?属性や状況別に別の記事でも書いているので合わせて読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました