クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

三井住友カードの国内・海外旅行保険はクソすぎる!徹底的に俺が悪い所を暴いてみた

三井住友カードの旅行保険三井住友VISAカード
クレカ番長
クレカ番長

三井住友VISAカードはメジャーなカードだが、旅行保険はしっかり備わっているのか?それぞれのカードの国内・海外旅行保険の内容を徹底解説するぞ!

三井住友カードっていっぱいあって微妙にわかんないのよね~。しっかり確認しようね!

  1. 三井住友VISAカードの旅行保険
    1. 三井住友VISAカード 海外旅行傷害保険
    2. 三井住友VISAカード 国内旅行傷害保険
    3. 三井住友VISAカード ショッピングガード保険
  2. 三井住友カードデビュープラスの旅行保険
    1. 三井住友カードデビュープラスは旅行保険が付いていない
    2. 三井住友カードデビュープラス ショッピングガード保険
  3. 三井住友カードデビュープラスには旅行保険が無い!
    1. 上記2種の三井住友VISAカードはすべて利用付帯
    2. 利用付帯が面倒なら自動付帯三井住友VISAカードを選ぶべし
  4. 三井住友カードゴールドの旅行保険
    1. 三井住友カードゴールド 海外旅行傷害保険
    2. 三井住友カードゴールド 国内旅行傷害保険
    3. 三井住友カードゴールド 国内・海外航空機遅延保険
    4. 三井住友カードゴールド ショッピングガード保険
    5. 三井住友カードゴールドの保険は自動付帯で便利
    6. 三井住友カードゴールドは家族向けの家族特約付き!
  5. 三井住友カードゴールドは前述の2枚よりも高性能な旅行保険!
  6. 三井住友カードプラチナの旅行保険内容
    1. 三井住友カードプラチナ 海外旅行傷害保険
    2. 三井住友カードプラチナ 国内旅行傷害保険
    3. 三井住友カードプラチナ 国内・海外航空機遅延保険
    4. 三井住友カードプラチナ ショッピングガード保険
    5. 三井住友カードプラチナの家族特約は三井住友カードゴールドと同じ
  7. 三井住友カードプラチナと三井住友カードゴールドの保険内容の比較
  8. 三井住友カードゴールド以上は保険が手厚いけど年会費がそれなり
  9. 旅行保険付帯のカードは複数持つべし!
    1. カード2枚で旅行保険を良いとこ取りしてみる
  10. 海外旅行保険なら三井住友VISAカードよりも優れたカードがある

三井住友VISAカードの旅行保険

まずは最もスタンダードな三井住友VISAカードに備わる旅行保険です。

三井住友VISAカード 海外旅行傷害保険

三井住友VISAカード

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用50万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用50万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円限度
(1回の事故につき)
救援者費用100万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
15万円限度
(1旅行中)※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度
補償期間90日間

三井住友VISAカード 国内旅行傷害保険

三井住友VISAカードは国内旅行傷害保険が付帯しません。

三井住友VISAカード ショッピングガード保険

内容保険金額
海外での買い物100万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

三井住友カードデビュープラスの旅行保険

次は18~25歳しか申し込めないけど最強の良スペックを持つ三井住友カードデビュープラスの旅行保険についてです。

三井住友カードデビュープラスは旅行保険が付いていない

三井住友カードデビュープラスは国内・海外どちらの旅行保険も付帯していません。

付帯するのはショッピングガード保険のみとなります。

三井住友カードデビュープラス ショッピングガード保険

海外での買い物100万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

三井住友カードデビュープラスには旅行保険が無い!

三井住友VISAカードにはノーマルカード標準の各種旅行保険が付いている一方で、三井住友カードデビュープラスは旅行保険が一切付帯しません。

補償内容三井住友VISAカード三井住友カードデビュープラス
傷害死亡・後遺障害2,000万円なし
傷害治療費50万円なし
疾病治療費50万円なし
賠償責任2,000万円なし
携行品損害15万円(1旅行中)なし
救援者費用等100万円なし
国内旅行保険なしなし

三井住友カードデビュープラスしかもっていないと、いざ旅行した時にトラブルでケガしたり病気になってしまったとしても、保険が無いので補償金額は0円です。

ショッピングガード保険はかろうじて付帯するものの、これはほぼ全てのクレジットカードに付帯するものと同じなので、三井住友カードデビュープラスの保険は貧弱極まりないと言わざるをえません。

通常の還元率が他の三井住友カードよりも2倍以上あり、18~25歳の人しか申し込めない貴重なカードです。

▶三井住友VISAデビュープラス公式を見る

「このカード1枚ありゃOKだろう」で済ませているパターンもあるかもしれません。

しかし、これだけだと旅行時に確実に痛い目を見ます。

保険が効かないと本当にシャレにならないので、別の旅行保険用のカードを用意するようにしてください。

そこでオススメしたいのがJCB CARD Wです。

こちらは年に一度も使わなくても年会費永年無料・ポイント還元率が三井住友カードデビュープラスと互角です。

それでいて海外旅行保険がしっかり備わっているので、もう1枚持つにはうってつけのカードです。

三井住友カードデビュープラスは非常に良スペックの1枚なのでこれも持ちつつ、同じ若者向けカードで高性能なJCB CARD Wを一緒に持つことをオススメします。

▶JCB CARD W公式サイトを見る

上記2種の三井住友VISAカードはすべて利用付帯

ここまで紹介した三井住友VISAカードと三井住友カードデビュープラスの旅行保険はいずれも利用付帯です。

※利用付帯について

クレジットカードの旅行保険は利用付帯と自動付帯の2種類があります。利用付帯の場合は保険を受けたいクレジットカードで旅行代金の一部を決済する必要があります。

たとえば旅行前のパッケージツアーの代金や飛行機のチケット代金を支払っておけば、そのカードの旅行保険が適用されるようになります。

出国前の交通手段利用シーン
 電車
  • 成田空港行きの成田エクスプレス乗車代
  • 自宅→空港までの乗継の一部乗車代
  • 羽田空港に向かうための新幹線の乗車代

(新幹線の特急券のみの場合も含む)

 バス
  • 羽田空港行きのリムジンバス乗車代
  • 自宅→最寄り駅までのバス乗車代
 タクシー
  • 自宅→空港までのタクシー代
  • 自宅→最寄り駅までのタクシー代
  • 空港最寄り駅→空港までのタクシー代
 航空機
  • 地方空港から成田空港までの航空券代
出国前の海外旅行代金 支払い料金例
 海外航空券
  • 渡航先への航空券
  • 目的地までの乗継便の航空券
 海外ツアー
  • 旅行代理店で予約した海外パックツアー料金

ざっくり言うと、日本出国前に航空券やら新幹線をカード決済で利用すればOKです。

利用付帯カードはこれらを行っておかないと保険が一切適用されません。三井住友VISAカードや三井住友カードデビュープラスの旅行保険をアテにするなら注意してください。

乗継便の航空チケットを一部購入でもOK

事前に乗継便を購入することでも利用付帯保険は適用されます。

たとえば、日本からイタリアへ行く場合は以下のように乗継が必要です。

日本(出発国)→オランダ(乗継)→イタリア(目的地

このときに日本→オランダ→イタリア全ての航空券の代金を三井住友VISAカードで決済せずとも、日本→オランダの乗継便だけ決済すれば保険が適用されます

ただし、出国前の購入ルールはしっかり適用されるので、日本出発前にあらかじめ乗継航空券を決済しておかなければなりません。

利用付帯が面倒なら自動付帯三井住友VISAカードを選ぶべし

自動付帯のクレジットカードの場合、なんと持っているだけで旅行保険が適用されます。

前述の通り、利用付帯はカードを事前に使っておかなければならないのがネックですが、自動付帯カードならそのデメリットが解消されます。

三井住友カードゴールド以上の上位三井住友VISAカードなら旅行保険はすべて自動付帯となるので、「いちいち使うのが面倒!」という人は以下に紹介する上位三井住友VISAカードがオススメです。

三井住友カードゴールドの旅行保険

三井住友カードゴールドからは自動付帯になり、さらに各種保険内容も大幅にアップグレードされます!詳しい内容を見ていきましょう。

三井住友カードゴールド 海外旅行傷害保険

三井住友カードゴールド

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高1億円
(利用付帯5,000万円含む)
傷害治療費用300万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用300万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
1億円限度
(1回の事故につき)
救援者費用400万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
50万円限度(1旅行中)

※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度

三井住友カードゴールド 国内旅行傷害保険

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高5,000万円
入院日額5,000円
手術費用5万円 or 10万円 or 20万円
通院日額2,000円

三井住友カードゴールド 国内・海外航空機遅延保険

保険内容補償額
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度

三井住友カードゴールド ショッピングガード保険

内容保険金額
海外での買い物500万円限度
国内での買い物500万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

三井住友カードゴールドの保険は自動付帯で便利

前述の通り、三井住友カードゴールドの保険はすべて自動付帯なので、旅行前にカードを使っていなくても保険が適用されます!

うっかりミスで保険未適用ということも無くなる優しい仕様です。

三井住友カードゴールドの場合は年会費10,000円+税が掛かりますが、何も考えずにカンタンに手厚い国内・海外旅行保険を適用させたいなら最適の1枚と言えるでしょう!

死亡・後遺障害保険の5,000万円分は利用付帯!

三井住友カードゴールドは死亡・後遺障害保険のみ5,000万円分の利用付帯が設定されている点に注意!

基本は自動付帯で5,000万円分付いていますが、残りの5,000万円部分は利用付帯であり、事前に飛行機チケット代などを三井住友カードゴールドで決済しておかなければなりません。

こうすることで初めて自動付帯分+利用付帯分で合計1億円の死亡・後遺障害保険となります。

三井住友カードゴールドは家族向けの家族特約付き!

三井住友カードゴールドからは家族特約も付帯するようになり、本会員の家族の19歳未満の子供にも保険が適用されます。

ただし、家族特約で付帯するのは海外旅行傷害保険のみで、さらに保険内容も本会員と比べると少なく設定されています。

以下の家族特約(左)と本会員(右)の比較表を見ても明らかです。

保険内容家族特約本会員補償額
死亡・後遺障害最高1,000万円最高1億円
傷害治療費用200万円限度300万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用200万円限度300万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円限度1億円限度
(1回の事故につき)
救援者費用200万円限度400万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
50万円限度(1旅行中)

※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度

額は減るものの、海外旅行の際はカードを持っていない未成年のお子さんにも保険が自動付帯するようになります。

ちなみに子供が通学などの理由で家庭から別居中であっても家族特約は適用されます。

三井住友カードゴールドは前述の2枚よりも高性能な旅行保険!

三井住友カードデビュープラスよりもちょっぴり旅行保険が充実している三井住友VISAカードよりも、三井住友カードゴールドの充実した保険内容と比べると霞みます。

  • 海外旅行傷害保険
補償内容三井住友カードゴールド三井住友VISAカード
死亡・後遺障害1億円3,000万円
傷害治療費300万円100万円
疾病治療費300万円100万円
賠償責任1億円2,000万円
携行品損害50万円20万円
救援者費用等400万円100万円
  • 国内旅行傷害保険
補償内容三井住友カードゴールド三井住友VISAカード
死亡・後遺障害最高5,000万円最高3,000万円
入院日額5,000円/日なし
手術費用5万円 or 10万円 or 20万円なし
通院日額2,000円/日なし
  • ショッピングガード保険
補償内容三井住友カードゴールド三井住友VISAカード
海外での買い物500万円100万円
国内での買い物500万円なし
自己負担額3,000円10,000円

さらにプラスで家族特約航空機遅延保険も付帯するので、三井住友カードゴールド1枚であなたの旅行保険周りは相当に補強されること間違いありません。

他にも三井住友カードゴールドには様々な特典が用意されています。まずは公式サイトでカードをチェックしてからでも遅くはありません。

公式サイトを見てみる

三井住友カードゴールド、および20~29歳向けである三井住友カードプライムゴールドの徹底解説記事も公開中です。

さらに高みである三井住友カードゴールドより強力な旅行保険を求めるなら、三井住友カードプラチナというのハイクラスカードが存在します。

三井住友カードプラチナの旅行保険内容

三井住友カードプラチナは自動付帯であり、三井住友カードゴールドを上回る保険内容を誇ります。

三井住友カードプラチナ 海外旅行傷害保険

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高1億円
傷害治療費用1,000万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用1,000万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
1億円限度
(1回の事故につき)
救援者費用1,000万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
100万円限度(1旅行中)

※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度

三井住友カードプラチナ 国内旅行傷害保険

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高1億円
入院日額5,000円
手術費用5万円 or 10万円 or 20万円
通院日額2,000円

三井住友カードプラチナ 国内・海外航空機遅延保険

保険内容補償額
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度

三井住友カードプラチナ ショッピングガード保険

内容保険金額
海外での買い物500万円限度
国内での買い物500万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

三井住友カードプラチナの家族特約は三井住友カードゴールドと同じ

三井住友カードプラチナは全面的に三井住友カードゴールドを凌駕する保険内容ですが、実は家族特約部分は三井住友カードゴールドと変わりません。

保険内容家族特約本会員補償額
死亡・後遺障害最高1,000万円最高1億円
傷害治療費用200万円限度1,000万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用200万円限度1,000万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
2,000万円限度1億円限度
(1回の事故につき)
救援者費用200万円限度1,000万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
50万円限度(1旅行中)100万円限度(1旅行中)

※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度

三井住友カードプラチナと三井住友カードゴールドの保険内容の比較

三井住友カードゴールドでも十分な保険内容でしたが、三井住友カードプラチナと比べると超強力になっているのがわかります。

  • 海外旅行傷害保険
補償内容三井住友カードプラチナ三井住友カードゴールド
死亡・後遺障害1億円
(すべて自動付帯)
1億円
(5,000万円は利用付帯)
傷害治療費1,000万円300万円
疾病治療費1,000万円300万円
賠償責任1億円1億円
携行品損害100万円50万円
救援者費用等1,000万円400万円
  • 国内旅行傷害保険
補償内容三井住友カードプラチナ三井住友カードゴールド
死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円
入院日額5,000円/日5,000円/日
手術費用5万円 or 10万円 or 20万円5万円 or 10万円 or 20万円
通院日額2,000円/日2,000円/日

家族特約・航空機遅延保険ショッピングガード保険はどちらも同じです。

全体的に海外旅行保険がモリモリ強化されているほか、死亡・後遺障害も1億円すべて自動付帯になってさらに使い勝手が向上しています。

三井住友カードゴールドよりも海外旅行保険をグレードアップさせたいなら三井住友カードプラチナ以上のカードを選ぶべきです。

一方で、国内旅行保険は死亡・後遺障害が5,000万円から1億円と2倍アップするに留まっています。それでも強力なのは間違いありません。

三井住友カードゴールド以上は保険が手厚いけど年会費がそれなり

三井住友カードゴールド以上のカードは自動付帯というメリットがある代わりに年会費が発生します。

ちなみに利用付帯である三井住友VISAカードも上位カードほどでは無いものの年会費が掛かります。詳しくは以下の通り。

JCBプロパーカード年会費
三井住友VISAカード1,250円+税

※年50万円以上利用で無料
※初年度無料

三井住友カードデビュープラス永年無料
三井住友カードゴールド10,000円+税

※初年度無料

三井住友カードプラチナ25,000円+税

このうち三井住友カードゴールドから↓のカードが自動付帯カードですが、いずれも年会費10,000円以上で維持費がバカになりません。

各三井住友VISAカードの旅行保険以外の特典・付帯サービスも吟味した上で、あなたに合った最良の1枚を選ぶのが得策です。

三井住友カードの各機能についてはこちらの記事で解説しています。

旅行保険付帯のカードは複数持つべし!

旅行保険対応カードは、三井住友VISAカード以外にもあと1枚持っておくべきだと断言します。

なぜなら、旅行保険は複数のカードのものを適用させることができるからです。

カード2枚で旅行保険を良いとこ取りしてみる

たとえば、今回紹介した三井住友VISAカードと、旅行保険に定評のあるエポスカードを組み合わせてみましょう。それぞれの海外旅行保険内容は以下の通り。

補償内容三井住友VISAカードエポスカード
死亡・後遺障害2,000万円500万円
傷害治療費50万円200万円
疾病治療費50万円270万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携行品損害15万円20万円
救援者費用等100万円100万円

この2枚の海外旅行保険を利用した場合、死亡・後遺障害は保険を適用させるカードで最も高いもの、その他補償は実際の損害額を限度としてすべて合算された額が適用されます。

すると実際に補償される内容は次のようになります。

補償内容三井住友VISAカード

エポスカード
死亡・後遺障害2,500万円
傷害治療費250万円
疾病治療費320万円
賠償責任4,000万円
携行品損害35万円
救援者費用等200万円

合算した結果、なかなか強力な保険内容になりました!一部補償はゴールドカード1枚を上回ります。

このようにクレジットカードの旅行保険は合算・良いとこ取りとなるので、2枚以上のカードを用意して組み合わせるのがベストな利用方法になります。

今回のエポスカードは一例ですが、組み合わせるカードとしては優秀だと思います。

さらに2枚のカードは最低でもどちらか1枚を自動付帯にするのがオススメです。

理想はもちろん両方とも自動付帯ですが、大抵の自動付帯カードは年会費有料で維持費が掛かるので、片方の1枚を年会費無料の利用付帯カードにするのがオススメです。(ちなみにエポスカードは自動付帯)

海外旅行保険なら三井住友VISAカードよりも優れたカードがある

ここまで書いておいてまとめますが、実は三井住友VISAカードは通常カードもゴールド以上のハイクラスカードも海外旅行保険は大したことがありません。

三井住友VISAカードを選ぶくらいだったら、JCBカードが補償額を見ても手厚いのでオススメです。

特に旅行によく出かけるなら旅行関連の特典が盛りだくさんなJCBゴールドJCBプラチナに申し込めばOK!三井住友カードを軽く凌駕します。

詳しくは以下のJCBゴールド・JCBプラチナの記事で徹底解説しているので参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました