クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

保険が充実しているが本当にお得か?三井住友カードエグゼクティブを徹底解説!

三井住友VISAエグゼクティブカード三井住友VISAカード

▶三井住友VISAカード公式サイトを見る

クレカ番長
クレカ番長

今回は主に旅行保険サービスが充実していて家族向けと言われている三井住友カードエグゼクティブについて徹底解説していくぞ!

どれくらい保険が充実しているのかな?さっそくみていこー!

三井住友VISAカードよりも保険が充実!

三井住友カードエグゼクティブの特徴をざっくり書くと、三井住友VISAカードよりも国内・海外旅行保険がグレードアップされたカードです。

正確には三井住友VISAカードの保険強化版カードである三井住友VISAカードAというカードよりも、さらに上位の保険が付帯するカードになります。

三井住友VISAカードAと三井住友カードエグゼクティブの旅行保険内容を比較してみてもグレードアップされてるのがわかります。

※海外旅行保険内容

補償内容エグゼクティブカードクラシックカードA
傷害死亡・後遺障害3,000万円
(うち自動付帯500万円)
2,000万円
(うち自動付帯300万円)
傷害治療費100万円50万円
疾病治療費100万円50万円
賠償責任4,000万円2,500万円
携行品損害25万円(1旅行中)20万円(1旅行中)
救援者費用等150万円150万円

※国内旅行傷害保険

補償内容エグゼクティブカードクラシックカードA
傷害死亡・後遺障害最高最高3,000万円最高2,000万円
入院保険(日額)なしなし
通院保険(日額)なしなし
手術保険金なしなし

三井住友VISAカードAよりも傷害死亡・後遺障害の金額が増え、自動付帯部分もわずかながら強化されています。

年会費は2年目から3,000円+税が掛かりますが、この記事の後半で紹介している裏技を使えば1,000円+税まで抑えることができます。

さらに三井住友カードエグゼクティブから、一緒に旅行する家族にも保険が適用される「家族特約」も付帯するようになるので、三井住友VISAカードAよりも保険適用範囲が広くなりお得です。

ほかにも24時間医療相談が可能なドクターコール24などが利用できるようになりますが、基本的に三井住友カードエグゼクティブは旅行保険目当ての人だけが取得を考えるべきカードです。

旅行保険目当てならあまりオススメできない!

結論から言うと、三井住友カードエグゼクティブに申し込む意味はありません!

あなたが手厚い旅行保険が必要かつ30歳以上なら、三井住友カードゴールド。満20歳以上30歳以下だったら三井住友プライムゴールドカードに申し込んだ方が保険額も大幅アップ&特典満載でずっとお得だからです。

三井住友カードゴールドでテッペンを目指せ!

両カードの国内・海外旅行保険を比較してみても、両ゴールドカードの方がすべてを上回り圧倒的に優れていることがわかります。

※海外旅行保険内容

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害3,000万円
(うち自動付帯500万円)
5,000万円
(うち自動付帯1,000万円)
傷害治療費100万円300万円
疾病治療費100万円300万円
賠償責任4,000万円5,000万円
携行品損害25万円(1旅行中)50万円(1旅行中)
救援者費用等150万円400万円

※国内旅行傷害保険

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害最高最高3,000万円最高5,000万円
入院保険(日額)なし5,000円
通院保険(日額)なし2,000円
手術保険金なし最高20万円

買い物時にトラブルがあったときに補償してもらえるショッピングガード保険も三井住友カードエグゼクティブは最大100万円なのに対し、三井住友カードゴールドは最大300万円と3倍も高くなります

さらにゴールドカード特有の特典として、全国の空港ラウンジを利用できるようになったり、専用の旅行予約サイトで割引予約が使えるようになるので、旅行をするなら手助けになるサービスが山盛りです。

ただ、三井住友カードゴールドは年会費が10,000円+税/年と割高になります。年会費が高い!という理由で躊躇するかもしれません。

しかし、三井住友カードエグゼクティブと同じく年会費割引の裏技を利用して4,000円+税/年まで抑えることができ、年会費の差額は3,000円と僅差になります。

旅行保険用のカードとして見るなら、年会費を3,000円アップさせて旅行保険を強化した方がいざという時に心強い味方となるので、三井住友カードゴールドを選んだ方が賢い選択だと言えます。

個人的にも旅行保険はゴールドカードくらいの額は最低限欲しいと思っているので、旅行保険目当てなら三井住友カードエグゼクティブではなく三井住友カードゴールドを選ぶべきだと断言します。

ちなみに三井住友VISAプライムゴールドの場合は裏技で年会費1,500円/年まで抑えられるので、あなたが20~29歳なら絶対に三井住友VISAプライムゴールドを選ぶべきだと言い切れます。

ということで、旅行保険が手厚い三井住友カードが欲しいなら、30歳以上なら三井住友カードゴールド満20歳以上30歳以下なら三井住友VISAプライムゴールドを選びましょう。

実際に申し込むかどうかは後で決めるとして、まずは公式サイトでカードを確認してからでも遅くはありません。今なら入会&利用キャンペーンで8,000円分の特典をもらえます。

公式サイトを見てみる

三井住友カードゴールド・三井住友カードプライムゴールドのメリット・デメリットについては、以下の記事でも徹底解説しているので参考にしてみてください。

三井住友カードプラチナという選択肢

三井住友カードゴールドよりもさらに旅行保険・特典の優れた三井住友VISAプラチナという選択肢もあります。

三井住友カードの中でも最高峰のステータスカードでありながら、Web上から申し込むこともできます。

ただし、審査難易度はゴールドカードよりも難しく、年会費も50,000円+税/年とえらく掛かるので、旅行保険目当てならとりあえず三井住友カードゴールドを選べばOKです。

三井住友カードゴールドを使い込んで実績を積み重ねていけば、そのうち年会費初年度半額特典付き(25,000円)でプラチナカードのインビテーション(招待)が届くので、その際に入会するかどうか考える程度で良いと思います。

旅行保険目当てなら三井住友カードエグゼクティブよりも三井住友カードゴールドかプライムゴールドを選んだ方がいいんだね。

クレカ番長
クレカ番長

俺も絶対にそっちの方が良いと考えとるから三井住友カードエグゼクティブはナシっちゅうわけよ!

だが一応、ここから三井住友カードエグゼクティブのメリット・デメリットを解説していくぜ!基本的には旅行保険以外は三井住友VISAカードと同じだ!

三井住友カードエグゼクティブの基本スペック

三井住友VISAカード

概要内容
申し込み対象満20歳以上の安定収入のある人
発行元三井住友カード
国際ブランドVISA・Master
年会費初年度無料、2年目以降有料
(年会費3,000円+税)
ポイントの種類ワールドプレゼントポイント
ポイント還元率還元率0.5%
1,000円利用につき1P
(1ポイント=5円)
ショッピングガード保険100万円
国内旅行保険死亡・傷害時に最大3,000万円
海外旅行保険死亡・傷害時に最大3,000万円
家族カード1枚目は年会費無料
2枚目以降は有料
(1枚につき年会費250円+税)
ETCカード無料
電子マネーiD、Apple Pay

三井住友カードエグゼクティブのメリット・デメリット

年会費は初年度無料、次年度以降は3,000円+税

三井住友カードエグゼクティブはネット申し込みをしたら初年度年会費無料ですが、次年度以降は3,000円+税が掛かります。

少額とはいえ年会費が発生するので、カードを持っているだけで生活の負担になります。

しかし、三井住友カードのリボ払いシステム「マイ・ペイすリボ」に登録後、ある裏ワザを使うことで2年目以降の年会費も割引されて無料になります。

リボ払いは手数料が恐ろしいイメージがあるという人も、この方法は一切手数料を発生させずに行えるので、もしカードを手に入れたら絶対にやった方が損しないのでやり得です。

一度設定してしまえば翌年も翌々年もその後もずっと無料です。とりあえず無料化できるんだということだけ覚えておけばOKです。

その方法も別記事にまとめてあるので、申し込み後は参考にしてみてください。

選べるブランドはVISAとMaster

三井住友VISAカードとありますが、カードブランドはVISAのみならずMasterブランドも選べます。

これによりVISAカードではなくMasterカードが欲しい!という場合も、Masterブランドを選択することができます。

三井住友カードという強力なブランド

三井住友カードは最も有名なカードブランドの1つです。大元の三井住友フィナンシャルグループも日本では誰もが知る超大企業なのは間違いありません。

日本社会で長く続いている歴史あるクレジットカードなので、その信頼度・安全性は確実なものとして定評があります。

万全のセキュリティ対策

古くから続く重鎮クレジットカードだけあって、セキュリティ対策は万全も万全です。ざっと列挙しても、これだけのサービスが施されています。

  • カード不正利用を24時間365日監視、万が一の時は過去60日まで全額補償
  • 世界56ヵ所に配置されている24時間365日対応のVJデスク
  • クレジットカード裏面に自身の顔写真を入れることもできる
  • セキュリティ性の高いワンタイムパスワードも利用可能

特にユニークなのは本人希望により、本人の顔写真をカード裏面に入れることができるので、かなり強固なセキュリティを築くことができます!

三井住友カード顔写真

実は顔写真付きカードは他のクレジットカードにありそうで無い機能です。特に海外で紛失しても知らない外国人に利用されにくくなるのは大きなメリットと言えます。

ちなみに冒頭でオススメした三井住友カードデビュープラスには顔写真を入れることができません。三井住友カードエグゼクティブの方が優れた数少ない部分です。

※三井住友カードゴールドは入れられます。

大手コンビニ3店・マクドナルドで還元率が常に5倍

2019年から三井住友カードデビュープラスを使うと5倍になるお店もある

以下のお店で三井住友カードエグゼクティブで決済すると、全国どこでも常にポイント還元率5倍の2.5%になります。

対象店還元率利用条件
セブンイレブン5倍(2.5%)電子マネーiDで決済
ローソン5倍(2.5%)カード利用
ファミリーマート5倍(2.5%)カード利用
マクドナルド5倍(2.5%)カード利用

マクドナルドの1,000円分のカード決済をすれば25円分のポイントが帰ってくるので、なかなかに強力です。

経由すれば還元率がアップするポイントUPモールを利用できる

三井住友カードエグゼクティブは還元率がアップするポイントUPモールを利用できます。

楽天・Amazon・Yahoo!ショッピングといった著名なネットショップの買い物で利用することができ、その他にも多数の提携店が存在します。

上記のメジャーなショップでは2倍、場所によっては最大20倍までアップするので、三井住友VISAカードを持っているなら必ず利用するべきです。ちなみに無料です。

詳しくはポイントUPモールの記事にて解説しています。(準備中)

ココイコ!で街中の店舗でもポイントアップ

三井住友カードエグゼクティブはココイコ!というサービスを利用して、街の店舗の買い物でもポイントアップを狙えます。

簡単に説明すると、公式サイトでエントリーしたお店でカードを使うと、ポイント還元率が上がるかキャッシュバックを貰えるか2つのどちらかを選択できます。

その後に店舗へ行き、そのままカード払いするだけでOKです。

対応店舗も高島屋などの有名な百貨店や大手飲食チェーン店が多いので、活用できる場面も多いかと思われます。

貯まるポイントの使い道も多い

三井住友VISAカード利用で貯まるポイントはワールドプレゼントポイントです。

このポイントは電子マネーiDのキャッシュバックに回したり、dポイント楽天ポイントなど多数の共通ポイントと等価交換できます。

Amazonで役立てたいなら200ポイントで1,000円分のAmazonギフト券に交換することもできます。

海外旅行保険が付帯する

三井住友カードエグゼクティブは国内・海外旅行保険が付帯します。

ショッピングガード保険もまとめて解説すると以下の内容です。

※海外旅行保険

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高3,000万円
(うち自動付帯500万円)
傷害治療費用100万円限度
(1回の事故につき)
疾病治療費用100万円限度
(1回の事故につき)
賠償責任
(免責なし)
4,000万円限度
(1回の事故につき)
救援者費用150万円限度
携行品損害
(免責金額3,000円)
25万円限度
(1旅行中)※保険期間中は100万円限度
※携行品1つあたり10万円限度
補償期間90日間

※国内旅行保険

保険内容補償額
死亡・後遺障害最高3,000万円
(うち自動付帯500万円)
入院日額なし
手術費用なし
通院日額なし

※ショッピングガード保険

内容保険金額
海外での買い物100万円限度
自己負担額3,000円
(1回の事故につき)

旅行保険が少し補強された三井住友VISAカードAよりも強化されています。

三井住友カードデビュープラスはショッピング保険しか付帯しないので、あちらのカードよりも明確に勝っている数少ない点でもあります。

ワンランク上の三井住友カードゴールドと比較

三井住友カードエグゼクティブのワンランク上に三井住友カードゴールドが存在します。

旅行保険内容はどちらが優れているのか?という観点で比較すると以下のとおりになります。

※海外旅行保険内容

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害3,000万円
(うち自動付帯500万円)
5,000万円
(うち自動付帯1,000万円)
傷害治療費100万円300万円
疾病治療費100万円300万円
賠償責任4,000万円5,000万円
携行品損害25万円(1旅行中)50万円(1旅行中)
救援者費用等150万円400万円

※国内旅行傷害保険

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害最高最高3,000万円最高5,000万円
入院保険(日額)なし5,000円
通院保険(日額)なし2,000円
手術保険金なし最高20万円

三井住友カードゴールドの方がすべての面で勝っているのがわかります。その代わりにゴールドカードは年会費が高い(10,000円+税)ですが、裏技も駆使すればエグゼクティブカードとの年会費差は3,000円にまで縮まります

年会費たった3,000円の差でもしもの時のための保険で最高2,000万円も差が出るのであれば、どう考えても三井住友カードゴールドを選ぶべきです。三井住友カードエグゼクティブを選ぶ意味はありません。

ちなみに三井住友VISAプライムゴールドなら年会費差は500円まで縮まるので、20~29歳で旅行保険が欲しいならプライムゴールド一択です。

三井住友VISAカードの旅行保険周りについては、以下の記事で詳しく解説しているので保険が必要なら参考にしてみてください。

年間利用金額が多ければポイント付与率UP

三井住友カードエグゼクティブは年間利用金額によって「V1」「V2」「V3」の各ステージが設定され、翌年度からポイント還元率にボーナスがつきます。

2019年2月~
2020年1月までの
買い物金額
2020年の
ステージ設定
ボーナスポイントポイント還元率
300万円以上V350万円到達時
150ポイント
以降10万円ごとに
30ポイント
0.15%
100万円以上
300万円未満
V250万円到達時
75ポイント
以降10万円ごとに
15ポイント
0.075%
50万円以上
100万円未満
V150万円到達時
50ポイント
以降10万円ごとに
10ポイント
0.05%

たとえば年間300万円以上利用した場合、次年度の三井住友カードエグゼクティブの還元率は基本0.5%+ボーナス0.15%でいつでも0.65%になります。

しかし、300万円以上利用してやっと還元率0.65%なのは、世に出回る多くの基本還元率1%のクレジットカードと比べるとあまりにも微妙です。

さらに毎年利用しなければボーナスが消えてしまうのも痛い点。さらに微妙っぷりに拍車が掛かっています。

それくらい使うなら三井住友カードゴールドに手を伸ばした方がよっぽどお得です。こっちならボーナスポイントも2倍もらえます。

医療・健康相談を24時間できるドクターコール24

ドクターコール24は医療や健康事情について24時間相談することができます。

「気分が悪くて吐き気がする」

「頭がクラクラして体調が優れない」

「赤ちゃんがなんだか具合が悪そうで病気かもしれない」

といった相談に24時間いつでも対応してもらえます。

ちょっとした自分や家族の病気の相談に乗ってもらうことができ、さらに素晴らしいことに料金は一切掛かりません。

よっぽどの病状ならとりあえず救急車を呼ぶのが一番ですが、ちょっとしたことや何か違和感があるレベルの相談を電話一本ですることができるのは非常に心強いこと間違いありません。

ETCカードも年会費有料!しかし年に1回の高速利用で無料に

ETCカードは年会費が発生しますが、年に1回でも利用すればその年は無料になります。

年一で高速道路を利用するくらいの頻度ならタダ同然になるので、明確なメリットとして挙げられます。カード年会費も含めて完全無料にすることも可能です。

まとめ:別の三井住友VISAカードを選んだ方が良い!

クレカ番長
クレカ番長

三井住友カードエグゼクティブは旅行保険に良いカード!と紹介されている割には、三井住友カードゴールドに申し込んだ方が万全な保険を得られるという微妙な立ち位置のカードだとわかった!

付帯保険や特典を見たら三井住友カードゴールドを選んだ方がお得だね。

冒頭でも紹介したとおり、あなたが30歳以上なら三井住友カードゴールド、20~29歳なら三井住友カードプライムゴールドを選ぶのが賢い選択です。

改めて旅行保険内容を比較してみても、旅行保険ならゴールドだと言い切れます。

※海外旅行保険内容

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害3,000万円
(うち自動付帯500万円)
5,000万円
(うち自動付帯1,000万円)
傷害治療費100万円300万円
疾病治療費100万円300万円
賠償責任4,000万円5,000万円
携行品損害25万円(1旅行中)50万円(1旅行中)
救援者費用等150万円400万円

※国内旅行傷害保険

補償内容エグゼクティブカードゴールドカード
プライムゴールド
傷害死亡・後遺障害最高最高3,000万円最高5,000万円
入院保険(日額)なし5,000円
通院保険(日額)なし2,000円
手術保険金なし最高20万円

単純にすべてを凌駕するということで、もはや説明不要です。旅行保険が強い三井住友カードを選ぶならゴールドカードに申し込めば間違いありません!

実際に申し込むかどうかはおいといて、ひとまず公式サイトをチェックしてからでも遅くはありません。今なら入会&利用キャンペーン8,000円分の特典が用意されているので、最善のタイミングと考えてもOKです。

公式サイトを見てみる

三井住友カードゴールド・三井住友カードプライムゴールドのメリット・デメリットについては、以下の記事でも徹底解説しているので参考にしてみてください。

強力な還元率を誇る三井住友カードデビュープラスもオススメ

旅行保険が一切付帯しないので、旅行保険目当ての人には需要が無いかもしれませんが、三井住友カードデビュープラスは三井住友カードの中でも最高の還元率を誇る人気カードです。

申し込み可能年齢も18~25歳までと幅狭いカードですが、最大の特徴として三井住友VISAカードの中でも優秀すぎるポイント還元率を実現できます。

数ある三井住友VISAカードの中でも還元率に関しては文句無し。さらに入会後3ヶ月間はどこで買い物しても常にポイント5倍と、大多数のクレジットカードの追随を許さないパワーカードに化けます。

その期間中はAmazonでの買い物の還元率は最大3.5%にアップ!10,000円のカード決済で350円も戻ってくるので超お得です。

それ以外にも三井住友カードエグゼクティブと同クラスの信頼性・機能・ステータスが揃っています。

これに申し込めるなら、間違っても三井住友クラシックカードを選んではいけません!

申し込み資格があるなら確実にこれを選んだ方が良いと断言できます。数あるカードを見てきた私ですが、これほど若者向けで最強といえるカードはなかなかありません。

悩むくらいなら申し込む・申し込まないはひとまず置いといて、一度公式サイトでチェックしながらじっくり考えてみてください。

▶三井住友VISAデビュープラス公式を見る

三井住友VISAカードを選ぶメリットについて

三井住友カードはネームブランドは一流も一流ですが、フタを開けてみるとカードスペックそのものは実際には大したことが無いように見えます。

また、楽天カードヤフーカードなどの便利な信販系カードと比べると、三井住友カードは銀行系カードでしかも代表格であり、審査も当然通りにくいとされています。

今回の三井住友カードエグゼクティブの事もありますが、他にも良いカードが色々あるのに三井住友カードを選ぶ意味はあるのか?という疑問が生まれると思います。

そんな疑問を払拭したいなら、以前に三井住友カードを選ぶメリットについてまとめたので、カードを選ぶ前に参考程度に読んでみてください。

エグゼクティブカードの他にも数多く存在する三井住友カードはどれが一番オススメなのか?と言う記事も書いてるので合わせて読んでみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました