クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

リクルートポイントの使い道を徹底解説!最適解はホットペッパーやPontaポイントへ交換か?

リクルートポイントの使い道リクルートカード

リクルートカードを使っていくうちに、1ポイント=1円で使えるリクルートポイントが貯まっていきます。

年会費無料カードでありながら還元率が1.2%と高いので、知らない間に結構な量のポイントが貯まっていることでしょう。

しかし、このリクルートポイントの使い道は何がベストか?

実はローソンで使えるPontaポイントにまるまる変換できるなど、リクルートのサービスである「じゃらん」や「ホットペッパー」以外にも、多くの使い道があります。

一時期は楽天ポイントTポイントと比べて使い辛さが目立っていましたが、今は大幅に改善され、誰でもどこでも使いやすくなりました。

今回はリクルートポイントの使い道のすべてを徹底解説していきます。

クレカ番長
クレカ番長

あなたにとって一番お得な使い道を見落としていないか?この記事にて洗いざらい説明しているから全部知っておくべきだぞー!

新規入会&利用キャンペーンで6,000円分のポイントが貰える!

リクルートカード

▶リクルートカード公式サイトを見る

ホットペッパーなどのリクルート系サービスで使う

リクルートポイントの使い道で最もお手軽なのは、じゃらんやホットペッパーを利用することです。

使えるサイトはそれなりにありますが、最も多く利用する機会があるであろう4つのサービスを紹介します。

・ポンパレモール
・じゃらん
・ホットペッパーグルメ
・ホットペッパービューティー

それぞれ総合ショッピング・旅行予約・飲食店予約・美容室予約のシーンで活躍します。以下、4つのサービスを解説していきましょう。

ホットペッパーグルメで飲食店を予約

利用する機会が多いであろう飲食店の予約。

これはホットペッパーグルメでリクルートポイントを使って行えます。

ホットペッパーグルメはネット予約可能店舗数が国内ナンバーワンの超大手なので、地方であろうと大半の飲食店はここで予約できます。

デートの店先や知人との飲み会で予約する時に便利なので活用しましょう。

人数が増えれば増えるほど1人につき50円分のポイント還元!

ホットペッパーグルメから予約すると、Pontaポイントが予約人数×50ポイント貯まるボーナスがあります。

このボーナスに上限は無いので、大人数で予約すればするほどお得です。

特に宴会の幹事を任された時に絶大な効果を発揮します。

例えば飲み会人数が12人だったら、予約するだけで12×50ポイントで600円分のPontaポイントが貰えます。

飲食店予約を真っ先に引き受けるとポイントをがっぽり稼げます。

還元率2%のホットペッパーお食事券を購入でさらにお得!

さらにホットペッパーお食事券を購入すると、Pontaポイントが2%還元されます。

このお食事券は関東なら5,000店舗以上のものが販売されている上に、すべてリクルートポイントで購入できます。

しかも、お食事券自体も20%OFFなどで割引されていることがあります。

例えば、そのお店の1,000円お食事券を800円で買えることもあり、その上で割引額からポイントがしっかりと還元されます。(800円から2%=16円分のポイント還元)

大手の飲み屋ならほとんど揃っているくらいのラインナップなので、よく行くお店のお食事券があるなら購入して使った方がお得です。

ホットペッパーグルメでの予約は基本的に誰にもバレない

何気に嬉しいのは、ホットペッパーで予約しても他人にバレないという点。

Pontaポイントをこっそり貯めることができます。

私も友人との飲み会・デート・幹事で利用したことはありますが、ポイントを貯めていることは一切バレませんでした。

店先でも「予約した○○ですが」と言っても、店側もわざわざ「ホットペッパーグルメで予約の○○様ですね!」と再確認してきません。

ポイントやクーポンを使ってセコいと思われるのが、なんとなく嫌な私にとっては大助かりです。

じゃらんで旅行ツアーや宿・ホテルを予約

国内最大級の旅行予約サイトであるじゃらん

ここで旅行先のホテル・宿、ツアー、レンタカー、高速バス、航空券などを、リクルートポイントを使って予約することができます。

最大級なだけあって、旅行に関するサービスやキャンペーンは国内随一と言えるほど充実しています。

私もじゃらんを出張や旅行のために使うことがあります。

1年先(365日後)の旅行まで予約できるので、あなたに旅行計画があるなら利用してみるのも良いと思います。

ポンパレモールでお買い物

大手ネットショッピングサイトのポンパレモールでもリクルートポイントが使えます。

ここは楽天市場やAmazonと同じく、多くのショップで様々な商品が売られています。

ジャンル 商品の一例
ファッション メンズファッション
レディースファッション
小物・ブランド雑貨
腕時計・アクセサリー
靴・バッグ メンズ・レディース靴
メンズ・レディースバッグ
インテリア・家具 椅子・クッション
カーテン
ケースボックス
日用雑貨・文房具・キッチン用品 日用品・事務用品
生地・布
食器・鍋・フライパン
食品・スイーツ・お取寄せ 米・玄米
肉・シーフード
ケーキ・和菓子
水・ドリンク・お酒 天然飲料水
ビール・ワイン
焼酎・日本酒
美容・コスメ・健康 化粧品・ 香水
コンタクトレンズ
サプリメント
ダイエット・健康食品
家電・カメラ・オーディオ 生活家電
テレビ
カメラ
パソコン・スマホ・周辺機器 パソコン
タブレット用品
スマホアクセサリー
本・音楽・DVD 各種本
CD・DVD・ブルーレイ
楽器用品
ゲーム・おもちゃ・ホビー ゲーム機本体
子供用のおもちゃ
フィギュア
スポーツ・アウトドア スポーツ自転車
登山・キャンプ用品
釣りざお
スノボ・スキー用品
ゴルフクラブ
花・ガーデニング・DIY ガーデニング用品
観葉植物
ドライバーなどの工具
ペット・ペット用品 ペットフード
犬・猫・小動物用品
熱帯魚・アクアリウム
キッズ・ベビー・マタニティ キッズ用品
マタニティ用品
出産祝い品
車・バイク タイヤ・ホイール
新車・中古車
サービス他 通信講座・教材
掘り出し物

最大の特徴は1ポイント単位で使える点

じゃらんやホットペッパーでは100ポイント単位でしか使えないので、99以下の端数が使い切れず余ってしまいます。

しかし、ここは少量の買い物でも1ポイント=1円で使い切れるので、少ないポイントを余しているならここを利用するのが一番です。

ちなみに、ここは大手ショッピングサイトのライバル達(楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングなど)と張り合うためか、お得なキャンペーンも頻繁に開催されています。

私もボンパレモールで炭酸水や飲料水を1ダースで購入することがあります。

単純に還元率がアップするキャンペーンや、価格がライバルサイトより安くなる最低価格保証キャンペーンなどあるので、ポイントが貯まったら覗いてみてください。

ホットペッパービューティーで美容室を予約

ホットペッパービューティーでは全国の美容室やヘアサロンを予約できます。

その料金をリクルートポイントを使えば、1ポイント=1円で支払いができます。

かなりの数のサロンがここに登録されているので、あなたがいつも通っている美容室も検索すれば見つかるかと思います。

ちなみにリクルートポイントを持っていなくても、ここは利用するべきです。

なぜなら、大幅に値下げしてもらえるクーポンを毎回使えるからです。(毎回かはお店による)

美容室クーポンの一例をあげると、

・カット15%OFF
・カット+カラー20%OFF
・ヘッドスパ15%OFF

など、単価が高い美容室においてはとてもありがたいクーポンが用意されているお店が意外と多いです。

美容室によっては電話して予約するよりも、上記のホットペッパービューティーのカットやカラー割引クーポンを使った方が断然お得です。

ホットペッパービューティーのクーポンを利用しつつ、その美容室が発行するスタンプカードなどを併用するのがマイブームです。

その他のリクルートポイントの利用先一覧

上記の主要4サービス以外にも、リクルートポイントを使えるところはあります。

使えるサービス サービス内容
ポンパレ チケット売買サイト
ポンパレモールとは別物
※2018年現在販売停止中
Oisix 有機野菜やフルーツ販売サイト
やっちゃばマルシェ 食品の定期便サービス
TABROOM STORE 国内最大級の家具通販サイト
人間ドックのここカラダ 人間ドック比較・予約サイト
ブッキングテーブル 飲食店検索・予約サービス
PET’S ALL RIGHT ペット困りごと相談サービス
ゼクシィ内祝い 出産や結婚の内祝い品販売サイト
じゃらんゴルフ ゴルフ場予約サイト

ポンパレモールやホットペッパーではまかなえないサービスが、ここで見つかるかもしれません。

個人的にゼクシィ内祝いは1ポイント単位で消費できるので、結婚祝いや出産祝いをする予定があれば覚えておいて損はありません。

対象サービスは増えたり減ったりするので、リクルートポイント(リクルートID)利用可能一覧サイトでチェックすることをオススメします。

オススメはポンパレモールで書籍を購入すること!

上記で紹介した中で最もお得な方法は、

【リクルートポイントを使ってポンパレモールで本を買う】

これがリクルートポイントで得する使い道です。

ポンパレモールでは1ポイント=1円で本を購入できます。

一番注目すべき点は、リクルートポイントで支払った分から、さらにPontaポイントに還元されるという仕組み。

ポイントを使った分の料金は還元されないところも多い中、ポンパレモールはポイント払いの部分もPontaポイントに還元してくれます。

しかも還元率はどれも3%以上で、高いものだと10%も還元してもらえます。

特に発売したての新書は実店舗のみならず、Amazonや楽天ブックスでも価格が定価で統一されています。つまりどこで買っても値段が一緒です。

クレカ番長
クレカ番長

値段が一緒なら還元率が一番高いところで買った方がお得になる!ワシでもわかる簡単な話だな!

税抜3,000円の商品を買った場合、還元率3%ならPontaポイントが90ポイント貯まります。

ポイント4%以上のものだけ検索することもできるので、高還元率の商品を探すのも簡単で便利です。

極めつけは、ほぼすべての商品が送料無料という点。

・取り扱い書籍は850,000点以上
・リクルートポイント全額払いでも還元
・還元率は3~10%(Pontaポイント)
・還元されたポイントも1P=1円で使える
・Pontaとリクルートのポイントは相互交換可能
・ほぼ送料無料で買える

このように新書購入ならポンパレモールがうってつけです。

あなたが新書が欲しくてリクルートポイントが余っているなら、ポンパレモールで活用してみてください。

Pontaポイントに等価交換で使い道が超アップ!

クレカ番長
クレカ番長

なんとリクルートポイントは、あちこちで提携するPontaポイントに等価交換できるのだ!

これは絶対に覚えておきましょう。

リクルートポイントは頑張れば使い切れるレベルですが、Pontaポイントがあまりにも便利すぎて次元が違います。

Pontaポイント利用可能なお店の数はこんなにある

Pontaポイントを使える主要の有名店だけ並べてみても、これだけ多くの施設で利用できます。

・ローソン
・ローソンストア100
・ローソンフレッシュ
・高島屋
・ケンタッキー
・大戸屋
・ピザハット
・カラオケ本舗まねきねこ
・ジュンク堂
・コジマ電気
・昭和シェル石油
・オリックスレンタカー
・GEO(ゲオ)
・その他多くの店舗

全国のローソンを始めとして、あらゆる実店舗で使えるのは強みです。

全リクルートポイントをPontaポイントに交換しても良し!

リクルートカードで貯まった2種類のポイントもすぐにまとめられる!

じゃらんやポンパレモールなどで還元されるポイントはすべてPontaポイントです。

が、リクルートカードを利用していた場合、リクルートポイントも2重取りできる関係上、それぞれが同時に貯まっていきます。

①サービス利用で貯まったPontaポイント
②カード利用で貯まったリクルートポイント

「両方で貯まっていくなんて面倒臭いなぁ」

カード決済すればするほど両方とも貯まっていくので、確かに一見管理が面倒臭いように感じます。

しかしリクルートポイントを等価交換することで、Pontaポイント1本に統一することができます。

さらに素晴らしいことにこの2つのポイントは、

・ポイントは即時で交換できる
・1ポイント単位から指定可能

と、非常に交換しやすい仕様になっています。

一般的にポイント同士の交換は、交換されるまで1週間~2ヶ月掛かるパターンがほとんどで、イライラする要因にもなります。

が、Pontaポイントに交換する場合はストレスフリーで無駄なく行えます。

ただしPontaに登録しなければ交換できないので、交換する前にまずはPontaに会員登録してください。

期間限定ポイントはPontaポイントに交換できない

リクルートポイントをPontaポイントに交換すれば使い道はグッと増しますが、残念ながら期間限定ポイントは交換できません。

期間限定のリクルートポイントが手に入る最初のタイミングはおそらく、リクルートカードの入会キャンペーンのものだと思います。。

この入会キャンペーンでは、6,000以上のリクルートポイントをもらえますが、これらはすべて期間限定ポイントです。

クレカ番長
クレカ番長

な、なにー!?入会して貰った大量のポイントを全部Pontaに交換しようと思ったのに…

こんな考えはここで打ち砕かれます。かくいう私もPontaポイントに変換しようとしていたのでショックでした。。

よって、期間限定ポイントは前半で紹介したじゃらんやポンパレモール、ホットペッパーで使ってしまいましょう。

期間限定ポイントとはいえリクルートポイントに変わりはないので、ちゃんと1ポイント=1円で使えます。

なお、期間限定と書いてあるだけあって、ポイントを使わずおいておくと一定期間で消失してしまいます。

特に最初のキャンペーンポイントは1~2ヶ月もほっとけば消えてしまうので、早めに使ってしまってください。

期間限定ポイントはまれにプレゼントされるので、リクルートIDの方もマメにチェックしてみてください。

Pontaポイントにした後はローソンでLoppiの利用が最強だった!

Pontaポイントに変換した後は使える店舗やサービスが増えるので、何に使おうかとじっくり考えるものです。

しかしたった1つ、Pontaの価値を爆発的に引き上げる方法があります。

それはローソンの店舗でLoppiを利用して、お試し引換券を発券することです。

例えば、普通に買ったら税込198円はするようなドトールアイスコーヒー。

ローソンで買えるアイスコーヒーに比べると、それなりのお値段です。

だがしかし!お試し引換券を使えばわずか60Pontaポイントで買えてしまうのです。

クレカ番長
クレカ番長

な、何ー!?実質60円であまりにも安すぎるぞ!

Pontaポイントの価値が1ポイント=1円としたら、日本円の3分の1以下の値段で買えてしまう計算。

まるでハンマーで頭をブン殴られたような衝撃でした。

Pontaポイントを持っているのにこれを利用しないのはありえないレベルです。

毎週火曜日と金曜日限定ですが、ローソンでお試し引換券を発券する方法が間違いなく最強の使い道でした。

詳しくはローソンのお試し引換券を利用した記事にて徹底解説しています。

Pontaポイントはさらに別ポイントに交換可能

リクルートポイントから等価交換したPontaポイントは、さらに別のポイントに交換できます。

交換先のポイントとレートは以下の通り。

 交換先のポイント 交換レート
JALマイレージ 1 Pontaポイントにつき
0.5 JALマイル
LINEギフトコード 1 Pontaポイントにつき
0.83 LINEギフトコードポイント
dポイント 1 Pontaポイントにつき
1 dポイント
Playbit 1 Pontaポイントにつき
1 Playbitポイント

2018年5月現在、上記4ポイントに交換可能です。

「わざわざ交換する意味ってあるの?」

それぞれポイントの利用目的が異なるのでアリです。

リクルートポイントもPontaポイントに交換した方が使い勝手が良くなるという事を説明したように、他ポイントにも相応の利点があります。

JALマイルは特典航空券を購入する時にお得

交換は1 Pontaポイントにつき0.5 JALマイル。

「1ポイントを0.5に交換って損をしていないか?」

と、考えたくなるのもわかります。

しかし、マイルの価値は使い道によって変動します。

場合によっては1マイルの単価は10円以上にまで跳ね上がる場合があるので馬鹿にできません。

ただしそこまでマイルの価値が引き上がるのは、ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券を購入する時くらいです。

必要なマイルは30,000とか40,000とか膨大な数が要求されるので、最低でも60,000~Pontaポイントは用意しなければなりません。

Pontaポイントは1ポイント=1円。

JALマイル交換で得するには、マイルを2円以上の価値に引き上げなければなりません。

一応、国内特典航空券なら12,000マイルほどで単価2.5円以上になる航空券も存在するので、24,000Pontaポイントを持っていればそちらの方がお得になります。

今、あなたの手元にPontaポイントが20,000以上あるなら、JALの特典航空券を目指してもいいかもしれません。

が、マイルでJALの特典航空券を購入する長期的な計画がある時以外は、無理してJALマイルに交換しなくても良いと思います。

ちなみに手続きから交換までの時間は1週間です。

LINEギフトコードはLINE関連でのみ使える

交換は1 Pontaポイントにつき0.83 LINEギフトコードポイント。

簡単に言うとLINEサービス内でのみ使えるギフトコードです。

LINEのスタンプ・着せ替え購入で使える他、ゲーム内仮想通貨としても利用できます。

LINEサービスを使っているならいいかもしれませんが、

・LINE以外では全く使えない
・ポイント交換が非常に面倒くさい
・JALマイルと違って交換すると損をする

という欠陥を抱えているので、あまりオススメできません。

数少ないメリットとして、ポイント交換は手続きから5営業日以内と、交換までのスピードは早いです。

dポイントはPontaポイントと同程度に便利

交換は1 Pontaポイントにつき1 dポイント。

dポイントも1ポイント=1円として使えるので、Pontaポイントとは等価交換になります。

dポイントは通常、ドコモユーザーがドコモを利用して貯めるポイントです。

「携帯がドコモじゃないなら使い道は無いの?」

と言うとそうではなく、ドコモユーザーでなくてもネット上で使えるサービス「dマーケット」が存在します。

dマーケットはドコモのネット総合サイトで、以下のような数多くのサービスを展開しています。

dマーケットのストア サービス内容
dショッピング 総合ショッピングサイト
dミュージック 最新の音楽を配信
d fashion 男女ファッション通販
dトラベル 国内旅行予約サイト
dデリバリー ピザやお寿司のデリバリー
dカーシェア カーシェア・レンタカー
dTV 映画やドラマのレンタル
dTVチャンネル 映像配信サービス
dアニメストア 新旧アニメ動画が見放題
dマガジン 雑誌読み放題サービス
dエンジョイパス 優待サービス
dフォト スマホ写真保管サービス
dジョブ お仕事検索サービス

参照:dポイントがたまる・つかえるストア一覧

と、天下のドコモだけあって充実しています。

さらにPontaポイントと同じく実店舗でも使えるのがウリ。

・ローソン
・マクドナルド
・マツモトキヨシ
・高島屋
・ジョーシン
・イオンシネマ
・サンマルクカフェ
・タワーレコード
その他多数の店舗

と、Pontaポイントも使えるお店がいくつかありますが、マクドナルドなどdポイントじゃないと使えない店も多くあります。

ちなみに前述のローソンのLoppiでお試し引換券を使って還元率を爆発的にアップさせる方法は、dポイントでも代用できます。

さらに、1,000dポイントからチャージできるスターバックスカードを用意すれば、スタバをよりお得に利用できます。

このように、多くのネットサービス&実店舗で使えるので、交換する価値は十分あります。

しかし、交換手続きから実際に交換されるまでの時間がとても長く、早くても翌々月中旬

ヘタしたら2ヶ月以上も掛かってしまいます。

4つのポイント交換の中でも一番遅いのがネックです。

「欲しい物がポンパレモールよりdショッピングの方が安いからdポイントに変えよう」

「旅行の予約料金がじゃらんよりdトラベルの方が安いからdポイントに変えよう」

というケースで活用したかったのですが、交換までのタイムラグがありすぎて難しいです。

個人的には交換せずにPontaポイントのまま使った方が、イライラしないかと思います。

Playbitはスマホゲーム内のアイテム交換のみ

交換は1 Pontaポイントにつき1 Playbitポイント。

Playbitとは聞き慣れない人が多いと思いますが、株式会社セガゲームスが提供するポイントです。

このポイントを使うと、スマホゲーム内のアイテムに交換できます。

スマホゲーのアイテムに興味が無ければ不要なポイントです。

Pontaポイントのままでも使う機会は多いので十分か

Playbitは置いといて、JALマイレージ・LINEギフトコード・dポイントへの交換をまとめてみると、

・特典旅行航空券を狙うならJALマイル

・LINEサービスを使うならLINEギフトコード
(ただし還元すると価値が下がる)

・約2ヶ月待っても大丈夫ならdポイント

こんな感じです。

使い勝手が一番なdポイントの交換期間が1週間だったらまだしも、2ヶ月以上掛かるのはあまりにも遅すぎます。

Pontaポイントはネットと実生活に関わらず、使えるチャンスはいくらでもあります。

クレカ番長
クレカ番長

特に目的が無ければ、交換せずそのまま使っても全然OKだ!Pontaポイントのままでも十分に使い道があるからのう!

迷ったらPontaポイントにしておけば間違いない

リクルートポイントが貯まったらPontaポイントにしておけば間違いありません。

・リクルート系サービスで使える
・多くの実店舗でも利用できる
・ローソンで還元率3%以上に化ける
・交換は即時なのですぐに使える
・さらに4種類のポイントに交換可
クレカ番長
クレカ番長

これだけ揃っていればまさに無敵!日本で知らない奴はおらんくらい有名だから、全国的いつでもどこでも使えるのも心強いぞ

あなたがリクルートポイントを持て余しているのであれば、Pontaポイントと交換するのがベストでしょう!

ちなみにリクルートポイントは、リクルートカードを使うことで還元率1.2%でガンガン貯まっていきます。

じゃらん、ホットペッパー、ポンパレモールの利用で、還元率は3.2%以上にまでアップします。

Pontaポイントの万能さを知ったこの機会にぜひ利用してみてください!その前に私がまとめた徹底解説記事をチェックしてみたり、リクルートカード最新特典情報が参考になると思います!

あるいは公式サイトを確認してから決めても遅くはありません!

ただいま新規入会&利用キャンペーンで6,000円分のポイントが貰える!

リクルートカード

▶リクルートカード公式サイトを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました