クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

ふざけんなリクルートカード!電子マネーチャージが超改悪!しかしまだ最強格だ!

リクルートカード改悪リクルートカード

2018年4月15日を持ってリクルートカードの電子マネーチャージが大幅に改悪!

何がどう改悪されたかというと、すべての電子マネーチャージで還元される額が上限30,000円になってしまったこと。

しかもnanacoや楽天Edyなど、すべて合算しての上限額です。

クレカ番長
クレカ番長

この修正によって以前よりお得度がガッツリ下がってしまった!!

特に税金も払えるnanacoをおいしくチャージする目的で持っていた人も多いはずなので、この修正にはガッカリしたと思います。

しかし、電子マネーチャージにおいてはまだまだ強いです。

上限3万円になったとはいえ、年会費無料カードで還元率1.2%で電子マネーチャージできるカードは他に選択肢がありません。

そもそもリクルートカード改悪の裏には、楽天カードやYahoo!JAPANカードが以下のように相次いで改悪されてしまった歴史があります。

カード改悪内容
楽天カード楽天Edy以外の電子マネーが
ポイントチャージ還元対象外に
(nanaco・モバイルSuica・smart ICOCA)
Yahoo!JAPANカードnanacoチャージ還元率が1%から0.5%に半減

これらのカードの電子マネーチャージ周りが軒並み改悪されてしまった中で、いまだに還元率1.2%を貫き通しています。

電子マネーチャージをするならリクルートカードを選べばOK

電子マネーチャージで得したいなら、リクルートカードはまだまだトップクラスです。

なんと以下の4種類の電子マネーチャージに対応しています。

・nanaco
・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA

人気のnanacoだけでなく、楽天EdyやモバイルSuicaなどにも対応しています。

どれも1.2%を還元してくれるのが最大のウリです。

お得な例として、楽天Edyを楽天カードでチャージすると、還元率0.5%で還元されます。

特定のキャンペーンが開かれた時は、さらに倍の1%に増えます。

しかしリクルートカードでチャージした場合、いつでも1.2%で還元されます。

上限が設定されてしまったとはいえ、これは強力の一言。

nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCAをチャージするなら必須です。

毎月30,000円チャージすれば、年間で3,600円分のポイントを稼げます。

年会費無料で軽いカードなので個人的には超オススメです!私が使い倒した感想記事最新キャンペーン情報でも詳細を解説しています!

申し込むかどうかは置いといて、公式サイトでチェックしながら考えてみてください。

現在、最新キャンペーンでは6,000円分のポイントが貰えます!

リクルートカード

▶リクルートカード公式サイトを見る

TポイントやWAONなどには対応していないので、そちらはYahoo!JAPANカードやイオンカードセレクトを選んでみてください。

還元される電子マネーチャージの種類はブランドによって違う

ちなみに対応する電子マネーチャージは、選ぶブランドによって違います。

【JCB】
・nanaco
・モバイルSuica【MasterCard(R)/VISA】
・nanaco
・楽天Edy
・モバイルSuica
・SMART ICOCA

JCBよりもMasterCardやVISAブランドの方が4種類と多いです。

電子マネーを複数使うなら、こちらを選んだ方が後で調整が効くと思います。

ちなみに三菱UFJニコスが発行するMasterCard/VISAブランドの方が、審査に通りやすいという話もあります。

実際に私はVISAブランドで申し込みましたが、難なく審査に通ることができました。

詳しくは以下の記事にて解説しています。

ログイン ‹ クレカ番長!お得でオススメなクレジットカードを熱血解説 — WordPress

チャージで還元される上限額は合算して毎月30,000円まで

注意点としては冒頭で書いたように、これらすべてを合算して毎月30,000円までしか還元されない点です。

ひと月にnanacoと楽天Edyに20,000円ずつチャージしても、後でチャージした方は10,000円分しか還元されません。

普段使いだけでなく税金払いも視野に入れると、毎月チャージ上限3万円という制限はなかなかキツいです。

しかし、リクルートカードをもう1枚申し込んで2枚持ちする技を使えば、1人で上限60,000円までのチャージが可能になります。

リクルートカードを2枚持ちすれば上限額は2倍にアップ!

リクルートカードを2枚持つことで、それぞれ30,000円ずつ、合計で60,000円にアップさせることができます。

「え?リクルートカードって2枚持てるの?」

と思うかもしれませんが、実はJCBブランドとMasterCard/VISAブランドではカード発行会社が違うので、2枚持ちという芸当が可能です。

それぞれ1枚ずつでチャージ上限額が独立しているので、30,000円まで電子マネーチャージで還元されるカードを2枚持てるのです。

これで毎月60,000円と、倍額まで上限を伸ばすことができるので、知る人はみんな活用しています。

リクルートカード2枚持ちについては以下の記事でも解説しています。

リクルートカードのnanacoチャージが未だに最強である理由!月上限3万円でも迷わず選ぶべし!
nanacoチャージでお得なクレジットカードが次々改悪!しかし、リクルートカードだけは未だに還元率1.2%!nanacoチャージでポイントを稼ぐならこれを選んでおけば間違いないぞ!

リクルートカードの電子マネーチャージはまだまだ十分戦える!

相次ぐ改悪の波に飲まれてしまったリクルートカード。

4月16日に改悪されてしまい、JCB ANAプリベイトを使うなどの裏技も消されてしまいました。

しかし、還元率1.2%を守り続けているのは素晴らしい!

もうこれ以上は改悪されないだろうという保証はありませんが、ポイントで一番得したいなら他に良いカードは無くコレ一択です。

私も電子マネーチャージ用のカードとして運用しています。

nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・Smart ICOCAのどれかを使っているなら、現状このリクルートカードを選んでおけば間違いありません。

リクルートカードは8,000円分以上のポイントをもらえるキャンペーンが、週末や連休中に必ず開催されているので、1枚目のカードを申し込むなら金・土・日がオススメです。

当サイトのリクルートカード徹底解説ページで内容をチェックしてみたり、最新キャンペーン情報も参考になると思います!

申し込むかどうかは置いといて、まずは公式サイトを覗いてから考えても遅くはありません。

現在、最新キャンペーンでは6,000円分のポイントが貰えます!

リクルートカード

▶リクルートカード公式サイトを見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました