クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

楽天カードが2枚持ち可能に!申し込み基準や2枚のメリットを解説!

クレカ番長
クレカ番長

2017年12月上旬、ついに楽天カードの2枚持ちが可能に!

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードで、ポイントや利便性でコスパ最強ですが、これまでは持てるのは1枚までという弱点がありました。

「何かと便利な楽天カードを使い分けたい」

「別デザインの楽天カードが欲しい」

「もう1枚別の楽天カードを持ちたい」

あなたもこのように考えていたのではないでしょうか?

そんなユーザー達のの要望に応えてくれたのか、すでに楽天カードを持っているユーザーでも簡単に2枚目の申し込みができるようになりました。

今回は2枚目の楽天カードの発行条件や選べるデザイン、明らかなメリット、注意点を徹底解説します。

パンダバナー

国際ブランドをVISAで使っていれば2枚目を申し込める

あなたが今現在、楽天カードのVISAブランドを使っている場合に限り2枚目の楽天カードを発行することが可能です。

以前は楽天プレミアムカード・楽天ビジネスカード以外では2枚持ちは不可能でしたが、現在は年会費無料ノーマルカードの所持者でも、2枚目のカードを申請することができます。

今までの「別ブランドに乗り換えたい時は一度解約する必要がある」という仕様から一変し、2枚目という形で異なるブランドやデザインのカードを持つことができるようになり、大変便利なシステムになりました。

しかも「一度解約した場合でも、次の審査に受かるとは限らない」という事故があったので、通らなかったらどうしようという事態に震えることもありません。

ちなみに何らかの事情で2枚目を取得できなくても、その影響で1枚目の楽天カードが解約されるということは無いので、基本的にノーリスクで申請できます。

・VISAブランド持ちならわざわざ解約しなくても済む
・2枚目追加審査で落ちても1枚目を失うことは無い

楽天カード上位版の楽天ゴールドカードも申し込み可!

VISAとJCB・MasterCardの2枚持ちができるだけでなく、楽天ゴールドカードまたは楽天プレミアムカードといった上位版の楽天カードの所持も同時に叶います。

クレジットカードは通常、切り替える場合は以前のカードを返還するのが基本ですが、楽天カードの場合はこの追加申請という形を取るので、元々持っていた楽天カードVISAをそのまま持つことが可能です。

後述していますが、切り替える場合に発生するカードを使えないタイミング・番号変更による再登録の手間などが無くなるので、単純に2枚持てる以外にも目に見えないメリットがあります。

JCB・MasterCardブランドは一度解約する必要がある

残念ながらJCB・MasterCardブランドの楽天カード所持者は、新しく2枚目のカードを追加することができません。

別の年会費無料カード、ゴールド、プレミアム問わず完全に追加不可能です。

可愛らしい楽天パンダのデザインカードなどは楽天カードVISAでは選択できないため、VISA以外を選んだというケースもあると思います。

ちなみに今回の変更で1枚目にVISAブランドを選んで、2枚目にJCB・MasterCardで各デザインカードを選べる仕様になっています。

どうしてもブランドこだわるのであれば、

「一度楽天カードJCB・MasterCardを解約した後に、再度VISAで申し込んで審査に通り、その後に2枚目でデザインカードを取得する」

という手順を踏む必要があります。

楽天カード2枚持ちに明確な3つのメリットあり!

2枚持ち申請ができるのはわかったけど、本当に同じカードは2枚も必要なのか?

デメリットを交えて説明していきましょう。

2枚使い分けすることで家計管理が100%楽になる

例えばプライベート用・公共料金用と分けることができます。

これは他のカード2枚持ちでも同じですが、楽天カードならどちらで使い分けても楽天スーパーポイントが貯まります。

さらにそれぞれのカードで引き落とし口座を別々にでき、Web明細もごっちゃにならず個別に確認できます。

締め日や引き落とし日なども同じ楽天カードということで統一されているので、非常にお金の管理がしやすくなっています。

JCB・MasterCardブランドの楽天カードを持てる

2枚目追加に必須な楽天カードVISAに加え、JCBまたはMasterCardを持つことができます。

以前はnanacoチャージの関係でJCBブランドを選ぶのがお得でしたが、還元率が改正されてJCBをメリットが薄くなっています。

注意点としては、JCBは日本初の国際ブランドということで、他ブランドよりも明らかに海外店舗(特に空港周りや都市部から外れた店)で取り扱いが少ないです。

以前に私がヨーロッパ諸国を2ヶ月1人旅した時に、JCBブランドを扱う店は本当に少なかったです。台湾や香港辺りはまだしも、アジア圏を離れるとJCB持ちのメリットがほとんどありませんでした。

なので海外へよく行くのであれば、海外でも提携先の多いMasterCardブランドを選んでVISAと二刀流にしてください。

別に海外用のカードがある・あるいは国内から動かないなら、お好みで選んでOKです。

1枚を紛失しても片方の楽天カードでカバーできる

2枚持ちであれば紛失や盗難被害にあった場合でも、2枚目で代用可能です。

紛失に気づいた瞬間にコールセンターから再発行の手続きをしても、手元に楽天カードが届くのに約1週間は掛かり、その間は一切使うことができません。

しかしカード番号が異なる2枚持ちであれば、片方の楽天カードが無くなってももう片方が使えるため、発送されてから使えるまでのロスが実質0になります。

・カードの再送を待たなくても使える
・紛失しても楽天カードによる支払いが可能

代用できるのが同じ楽天カードというのが嬉しい点です。

これを踏まえて楽天カードは一度に2枚無くさないよう、同じ財布やケースに保管しないようにするのがベストです。

また、直前に書いたVISA・MasterCardの二刀流であれば、万が一楽天カードVISAを海外で紛失したとしても、MasterCardの方で緊急時に賄うことができます。逆もまた然りです。

2枚目の楽天カードはどれを選ぶのが良いのか?

ゴールド・プレミアムといった上位カードを選べる

前述の通り、年会費無料の通常カードと合わせて2枚持ちできるので、上位の楽天カードも欲しいけど使い分けしたいのであればオススメです。

ラウンジが無料で利用できる特典などありますが、一番はこれらの上位カードを持つことで、楽天市場の楽天ポイントアッププログラム(SPU)で通常カードよりもポイントがよりお得になります。

年会費は発生しますが、楽天市場をよく利用するのであれば選んでみてください。

本当は限定な楽天パンダなどのかわいいデザインも選べる

本来はJCBかMasterCardを選ばないといけないデザインカードも、1枚目VISAで2枚目にJCBかMasterCardブランドを選ぶことになるので、以下の特別なものを取得することができます。

・お買い物パンダデザイン
・FCバルセロナデザイン
・楽天イーグルスデザイン

VISAブランド所持者がデザイン変更するには、解約手続きから再発行する必要がありましたが、その手間を追加1つで抑えることができるようになり、以前よりも気軽に取得しやすくなっています。

2枚目に申請なカード一覧はコレ!

・楽天PINKカード(女性向け)
・楽天ゴールドカード
・楽天プレミアムカード
・各種デザインカード

2枚持ちって楽なの?面倒なのでは?

楽天カード2枚持ちになった場合の管理面はどうなるのか?

・2枚目の申請は面倒な手続きがあるのでは?
・発生したポイントや引き落としがバラバラで不便じゃ?
・今までサイトで登録した番号は無効になるの?

など、2枚目の所持に関する疑問を解消していきましょう。

申請は楽天カード会員ページで簡単にできる!

2枚目の申請は楽天カード会員ページ「e-NAVI」から手続きができます。

ボタン1つで完了というわけではなく、通常のカード申し込みと同じく、個人情報や勤務先、現在の税込年収などを書く必要がある点だけは注意です。

ここで申し込みと同時にカードのタイプを選ぶことになります。

その後も通常の審査過程と同じく、審査完了からおよそ1週間後に2枚目のカードが郵送で届きます。

楽天カードVISAを新規取得してすぐに2枚目の申請が可能

楽天カードVISAを取得してから間もない時期でも、2枚目の申請は可能です。

「申し込み時点で問題無く、審査に通れば取得可能」とのことなので、まだ楽天カードを使ってから日が浅いよ!という場合でも安心して2枚目を申請してみてください。

各ショッピングサイトで登録中の番号もそのまま使える!

2枚目を取得した場合でも、1枚目の番号はセキュリティコード含めてこれまでと変わらないので、これまで各サイトで登録した1枚目のカード情報はそのまま使うことができます。

解約した場合と比べると、2枚目取得ならすべて再登録する手間が省けるので、ここでも追加のメリットが出てきます。

ただしゴールド・プレミアムカードを取得した場合、楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)で通常カードから各上位カードへ再登録して乗り換えないと、通常カードのポイント還元率のままとなります。

これをしておかないとせっかくの上位カード最大のメリットが無くなってしまうので、その点だけは注意してください。

それぞれの楽天カード利用で発生したポイントはまとめられる

1枚目のカードと2枚目のカードで取得した楽天スーパーポイントはバラバラにならず、同じ場所に貯まり保管されます。

2枚の番号は違いますが、改めてまとめる必要はありません。

楽天スーパーポイントを管理できる楽天ポイントクラブでも、それぞれのカードのポイント獲得履歴が表示されるので、計算もわかりやすくできるようになっています。

2枚目の楽天カードを発行しても登録口座は1枚目と同じになる

2枚目の楽天カードを発行した場合、引き落とし口座は1枚目と同じものになります。

これは固定ではなく、後でどちらかのカードを別の引き落とし口座に変更することが可能です。

なので複数口座で管理したい場合もやりくり可能です。

利用限度額はどちらか一方の上限の多い額が適用される

カードの利用限度額はそれぞれ別に設定されますが、2枚のうち上限額の高い方が適用されます。

例えば1枚目で20万・2枚目で50万でも、合算されて20万+50万=70万円が上限とはならず、大きい方の50万円が適用されて上限となります。

カード全体のの限度額を拡張するには、別途申請・審査が必要です。

1枚目と2枚目の楽天カードの有効期限は別にカウントされる

それぞれ番号が違う独立したカードとなる関係上、有効期限も別に設定されます。

普通は有効期限が切れてしまう前に、カード会社が新しいカードを送ってくれるので、有効期限に関してはあまり気にかけないと思います。

が、楽天カードは自宅に郵送されてくる都合で、遠出している場合に受け取れずに有効期限が切れてしまう可能性が出てきます。

そうなるとカードが使えなくなり、楽天カードが出先で使えなくなりますが、2枚持ちであればもう片方を使うことができます。

2枚目を元に家族カードやETCカードを作成可能!

2枚目に取得したカードでさらに家族カードやETCカード付帯の楽天カードを作ることができます。

ただし利用限度額については、1枚目のカード・2枚目のカード+家族カードなどですべて共有されます。

これで2枚目カードで家族カードを作成することもできますが、実際には楽天の家族カードに関しては新たに本カードで作った方が、新規獲得ポイント的にだいぶお得になります。

まとめ:楽天カードVISAなら気軽に2枚目を追加できるのは大きい!

2枚持ちが可能になったのはかなりの朗報!

楽天カードの2枚目が欲しかったり、カードデザインを選べずに仕方なく選んでいた人にとっては相当嬉しい変更でしょう。

今回の内容をまとめると以下の通りです。

・VISAブランドならブランドの違う2枚目を取得可

・2枚目はVISAでは選べないデザインカードを選べる

・ゴールドカードやプレミアムカードも選べる

・同じ系統のカードの紛失リスク軽減など、メリットが多い

・ポイントは1箇所にまとめられバラバラにならない

・2枚目取得後も面倒な手間や手続きはほとんどない

個人的にはポイントが自動的に1箇所にまとめられるのは超便利です。

2枚目のカードを追加するのに特別な追加料金などは掛からず、後で不要だなと感じて解約する場合ももちろん無料でできます。

実際の使用感はまずは2枚持ちを試してみるとわかるので、上記の使い分けに利便性を感じるのであれば一度試してみてください。

パンダバナー

コメント

  1. 楽天家族カードを持っていて楽天本カードを申請したら両方ともvisaで通りました。

    • コメントありがとうございます!
      本人カードに無事通ったとのことで、おめでとうございます!
      もともと持っていたのが別の家族が持つ楽天本カードの家族カードだったら、それのブランドが3つ(VISA・JCB・MasterCard)のうちどれであっても新規で楽天本カードを申し込むときに好きなブランドを選択できますね!
      そのまま2枚目の楽天本カードにも申し込むことができます!