クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

楽天市場でポイント爆増!今人気の楽天カードを徹底解説!

楽天カード

年会費無料で作れる定番カードの中でもお手軽なのが楽天カード。1度見たら忘れない楽天カードマンという個性的なキャラを使ったCMも巷で話題になっています。

特に大手ネットショッピングである楽天市場での買い物で絶大なポイント還元率を誇るので、楽天市場を年に1回でも使うのであれば確実に楽天カードを使う方がお得です。

役立つのは楽天市場での買い物だけでなく、国内一般加盟店(マクドナルド・ガソリンスタンド・くら寿司など)で買い物してもポイントが付き、さらに貯めたポイントを電子マネーとして利用することもできます。

さらには上位の楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードまで用意されています。年会費は発生しますが、他と比較しても互角どころかそれ以上に優れたサービス内容となっています。

しかし、楽天カードは本当にあなたが得するクレジットカードなのか?

(自称)楽天カード将軍である私が各種サービスやメリット・デメリットを徹底解説していきます。

見よこの還元率!楽天市場なら楽天カードが最強!

何度でも書きますが、楽天市場を年に1回でも使うのであれば、破格の還元率を誇る楽天カードを持たない理由はどこにもありません。

まず、楽天カードの通常の還元率は1%です。貯まるポイントは楽天スーパーポイントです。

どこで買い物してもとりあえずは100円に付き1%が還元されますが、これだけでも年会費無料カードにしては還元率は悪くありません。

他の年会費無料カードの通常還元率と比較しても、

  • イオンカードセレクト 0.5%
  • エポスカード 0.5%
  • Yahoo!JAPANカード 1.0%
  • 楽天カード 1.0%
  • Orico Card THE POINT 1.0%
  • リクルートカード 1.2%
  • REXカード 1.25%

と、十分な還元率であることがわかります。

さらに特筆すべきはポイントの還元方法であり、毎月の合計利用額の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。

他のクレジットカードでは利用毎に1%(200円=2ポイント)しか還元されずに、残りの端数(98円)が切り捨てられます。298円の買い物を10回して2,980円決済したのに、20ポイントしか貯まりません。

98円×10=980円分は還元されずに消えてしまいます。

しかし楽天カードの場合、最終的な利用額の2,980円から還元されるので、1%=29ポイントが還元されます。税込で

利用毎還元と比較したら約1.5倍も違います。

この還元システムは通常、年会費アリのクレジットカードに備わっているものなので、年会費無料でこれを実現している楽天カードは素晴らしいの一言に尽きます。

それよりも真に注目すべきは楽天市場での還元率。

なんと楽天市場で楽天カードを使って購入すると、自動的にスーパーポイントアッププログラム(以下SPU)が適用され、通常1%のポイント還元率が+3倍されます。

合計で4%還元

楽天市場で購入する商品が楽天カードを使うだけで、無条件で還元率4倍になります。

他と比較してみると、同じく年会費無料のYahoo!JAPANカードを使ってYahoo!ショッピングでカード決済すれば還元率がアップしますが、あちらは通常還元率と合わせても3%にしかなりません。

10万円の買い物をすれば4%と3%なら1,000円の違い。それぞれ得意先のネットショップでの還元率だけを見ると、楽天カードの方が優れているのがわかります。

さらにSPUのポイントボーナスで最大6~7倍と、加速度的に楽天スーパーポイントが貯まっていきますが、詳しくは別記事にて徹底解説します。

楽天スーパーポイントはどこで使えるのか?

楽天市場や提携店における楽天カードの鬼のような還元率が明らかになりましたが、それで貯まる楽天スーパーポイントとやらに使い道はあるのか?

いくらポイント還元率が高くても、わけのわからないポイントが100万ポイント貯まったところで、使う場所が無ければ意味がありません。

しかし、楽天スーパーポイントは全国の飲食店(くら寿司・マクドナルド他)やドラッグストア(ツルハドラッグ・ダイコクドラッグ他)などの提携店で使うことができます。還元率は利用するお店によって変わります。

また、すべての提携店でポイントが還元されます。飲食店やドラッグストアだけではなく、家電量販店やファッション・美容店も提携しているので、ここでもポイントの増加を見込めます。

さらにはポイント加盟店を利用することで、リアル店舗でも最大3%まで還元率を引き上げることができます。

詳しくは楽天スーパーポイントの貯まる店・使い道の別記事にて徹底解説しています。

ETCカードも申請できるが年会費540円も掛かる!

楽天カードはETCカードも付帯できますが、年会費が540円掛かってしまいます。

年会費無料でETCカードを発行できるクレジットカードもある中で、わざわざ楽天カードで発行するのか?となってしまいます。

なので、楽天カードにこだわりが無ければ、それ以外のETCカード無料クレジットカードを利用した方が良いです。

楽天カード1本で行くというのであれば、ETCカードを無料で付帯できる方法も一応あります。

それは楽天PointClub会員のダイヤモンド会員かプラチナ会員ランクになることです。

ダイヤモンドorプラチナなら初年度申込時点から翌年以降のETCカード年会費540円が無料になります。

しかし、これらのランクに到達するには以下の条件を満たす必要があります。

ダイヤモンド 4000P獲得・30回以上P獲得
プラチナ 2,000P・15回以上P獲得

ポイント獲得ルールが複雑なのでここでは省略しますが、噛み砕いて説明すると15回分の楽天市場その他サービス利用と、1.5万円分のポイントを獲得すればETCカードが年会費無料となります。

楽天市場なら4%分のポイントが貯まるので、5,000円分の買い物をすればすぐにプラチナ会員だーと思いきや、通常ポイント分以外の部分はカウントされないので、やはり約2万円程は買い物しなければなりません。

しかもランクを維持するためには、6ヶ月更新毎にランクアップ時の条件と同じだけ使っている必要があります。1年間プラチナ会員を維持するとなると、30回以上のポイント獲得に約4万円分の利用が必要です。

6ヶ月以内に楽天市場その他サービスで合計15回以上・税込2万円分以上買い物をするのであれば、プラチナランクを余裕で維持できるので、ETCカードも実質年会費無料となります。

あなたが普段、それくらい楽天市場を利用していて初めて、楽天カードでETCカードを付帯することをオススメできます。

楽天カード決済で海外旅行傷害保険が付く!

楽天カードには海外旅行傷害保険があります。

補償内容 保険金額(最高)
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任(免責なし) 2,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害 20万円(自己負担額3,000円)

海外限定ではありますが、カメラが事故で壊れてしまった時の携行品損害や、偶然なにかを壊して修理するはめになったとしても、この海外旅行傷害保険の範囲内で賄ってもらえます。

ただし、保険を付帯させるには以下のいずれかを楽天カードで決済しなければなりません。(利用付帯)

①自宅から出発空港までの交通費
②海外旅行代金

①の交通費は公共の交通機関(電車・バス・タクシー・飛行機その他)を使い、自宅から出発空港まで行くまでに発生した運賃を指します。

例えば、サウジアラビアに行きたいが地元の青森には便が無かった。だから東京駅まで新幹線に乗車し、東京駅からタクシーに乗車して羽田空港まで行き、サウジアラビア発の飛行機に乗った。

この場合は東京駅までの新幹線の料金、あるいは東京駅から羽田に向かうタクシーの料金を楽天カードで決済していれば、自動的に海外旅行傷害保険が付帯されます。

新幹線代かタクシー代のどちらか一方だけ決済しておけば、しかも利用料金に制限はありません。1円でも決済していれば保険が付帯します。

移動で使った切符類が、まとめて買った新幹線の回数券やプリベイドカードであっても、楽天カードで決済されたものであれば保険が付帯します。(状況によって異なる)

注意点は、あくまで自宅から出発空港までの移動手段が決済対象なので、出国後の飛行機代や現地でのバスやタクシー移動を決済しても保険は付帯しません。

このように利用付帯ではありますが、楽天カードには海外旅行傷害保険が存在します。

しかし、やはり1度利用しなければならない利用付帯というのがネックな点で、自動付帯のクレジットカードとは差があります。

金額や条件はそれぞれ違いますが、同じ年会費無料のカードなら、DCカードJizile(ジザイル)やJCB EIT、エポスカード、レックスカードライトがこれにあたります。

楽天も一応、楽天プレミアムカードなら自動付帯になりますが、こちらは税込10,800円の年会費が掛かってしまうので微妙なところです。

個人的には海外旅行保険周りはこれらの自動付帯クレジットカードを使えばよいと思っているので、あなたも他の自動付帯のものを選ぶのが良いでしょう。

楽天カードで選べるブランドについて

楽天カードはVISA・MasterCard・JCBの3種類のブランドから選べます。

どれを選んでも機能に違いはありません。

2017年10月31日まではJCBブランドを選んでnanacoチャージすれば、還元率1%というオイシイカードだったのですが、仕様の改悪により還元されなくなってしまいました。

今はどのブランドを選んでも変わりはありませんが、nanacoチャージで還元されなくなった今は、楽天カードをJCBブランドで選ぶのはデメリットでしかありません。

なぜならJCBは少なくとも海外の決済ではあまり使えないからです。

JCBは日本のブランドというわけで、台湾や中国、韓国、アメリカなど、メジャーな国や観光地以外では対応していない場合が多いです。

私もエジプトやヨーロッパ一周旅行で散々味わいましたが、何が起こるかわからない海外でフラッと立ち寄った場所でカードが使えないと困ったことになります。

その点、VISAやMasterCardは海外の店は大体どこへ行っても通用するので、楽天カード問わず海外に強いブランドとなっています。

なので楽天カード1本持ちで行くなら、個人的にはショッピングでNGされないVISAかMasterCardを選びます。もっと言うと世界的にシェア数の多いVISAの方を選びます。サブカードと考えてようやくJCBという選択肢も出てきます。

楽天カードは楽天市場を頻繁に使うならアリ

楽天カードは年会費無料でありながら、楽天市場その他提携サービスを利用してポイントを貯める時は非常に強いカードとなります。

しかし、それ以外は別のカードでも代用できるし上位互換が揃っているので、正直なところメインカードとしては私は選びません。

ETCカードは条件が楽天愛用者以外お断りなプラチナ会員以上でやっと無料になりますし、海外保険も利用付帯で付いたか付いてないかもわかりにくい。

何よりJCBブランドでnanacoチャージをした時の還元率1%が消えてしまったのが残念極まりない。あまりにもお得だったから界隈からどやされたのか?

楽天のサービスを使うなら最強です。楽天のカードなんだから当たり前ですけどね。楽天市場とかを半年で2万円くらい使うなら絶対に入るべきだとオススメできる。

とにかくYahoo!JAPANカードに対抗してか、新規入会キャンペーンだけは常時やっているカードなので、楽天のサービスを少しでも利用するようであればサブカードの1枚として申し込んでおきましょう。

どうせ年会費も無料なので持っていて腐っても平気です。

コメント