クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

実は全然違う2枚!エムアイカードとエムアイカードプラスを徹底比較!

エムアイカード(MIカード)
クレカ番長
クレカ番長

エムアイカードとエムアイカードプラスは違うカードだ!三越伊勢丹で使う場合はお得っぷりが全然違うぞ!

普通のカードとプラスカードで何が違うの~?今回の記事でそれぞれの違いを比較したので見ていこ~!

MICARD+ゴールド公式サイトを見てみる

エムアイカードプラスの方が三越伊勢丹で還元率最大10%で最強!

結論から言うと、三越伊勢丹グループで買い物するならエムアイカードプラスを使ったほうが最大10%ポイントバックの特典があるので最強です!

通常のエムアイカードにはこのポイントバック特典が付きません。

これが両カード間における決定的すぎる差です!

エムアイカードを作る場面といったら三越伊勢丹グループで頻繁に買い物している状態で、「あ、このエムアイカードを作るとポイントがお得なのか~。じゃあ作ろっかな~。」というパターンが99.999%です。

当然、三越伊勢丹グループの買い物でお得になるカードを選ぶのが第一になるはずなので、最大10%ポイントバックボーナスが付かないエムアイカードは絶対に選ぶべきではない1枚になります。

エムアイカードを使って三越伊勢丹グループで買い物しても還元率がたったの1.0%しかないので、ハッキリ言ってまったくお得ではないカードです。

しかも三越伊勢丹グループ以外の場所では基本還元率0.5%になるので、普段使いするにも微妙です。

常用するなら基本還元率1%の楽天カードJCB CARD W、あるいは基本還元率1.2%と高いリクルートカードを選んだほうが賢いです。

その点はエムアイカードプラスも同じですが、こちらは三越伊勢丹グループで還元率最大10%になる最強特典が付いているので、三越伊勢丹での支払いだけに特化すれば何よりもお得な1枚に化けます。

三越伊勢丹グループでお得に買い物したいなら、迷うことなくエムアイカードプラスを選びましょう。

年会費2,000円が掛かりますが、最大10%還元ということで年2万円ほど買い物すれば元が取れる上、初年度無料なので申し込み得です。

上位版のエムアイカードプラスゴールドはさらにお得!

エムアイカードプラスと同じく還元率最大10%になりますが、エムアイカードプラスゴールドだけの優待特典が多く付帯します。

デメリットとして、ゴールドカードということで年会費10,000円が掛かりますが、このカードを持っていれば毎年一回だけ三越伊勢丹グループで使えるお釣りが出る優待券(4,200円相当)がプレゼントされます。

エムアイカードゴールドプラスなら三越伊勢丹グループで初年度から還元率8%でスタートできるので、年間75,000円利用すれば6,000ポイント貯まり、4,200円相当の優待券と合わせて年会費の元を取れます

三越伊勢丹ユーザーなら最大メリットを受けられるので、通常のエムアイカードプラスよりもさらに自信を持ってオススメします。

MICARD+ゴールド公式サイトを見てみる

年会費1年分キャッシュバックキャンペーン開催中!

2019年10月1日以降にエムアイカードゴールドまたはエムアイカードゴールドプラスに新規入会すると、初年度年会費分がそっくりそのままキャッシュバックされるキャンペーンが始まっています。

エムアイカードゴールドなら5,000円+税相当、エムアイカードプラスなら10,000円+税相当がキャッシュバックされます。

さらにそれぞれの家族カードも発行した場合、初年度年会費がキャッシュバックされるとのこと。エムアイカードゴールドなら1,000円+税、エムアイカードゴールドプラスなら2,000円+税が返ってきます!

増税と同時に来たこのキャンペーン、1年分の年会費がそのままお得になります!いつ終了するかわからないので、エムアイカードを手に入れる大チャンス到来に違いありません。

MICARD+ゴールド公式サイトを見てみる

エムアイカードとエムアイカードプラスを徹底比較!

クレカ番長
クレカ番長

よっしゃ!エムアイカードとエムアイカードプラスを比較してぜ!まずは基本スペックをサラッと確認じゃあ!

エムアイカードエムアイカード
プラス
年会費500円+税2,000円+税
家族カード
(1枚につき)
無料
(1枚まで発行可)
無料
(4枚まで発行可)
三越伊勢丹グループ
における還元率
最大1.0%最大10.0%
基本還元率0.5%0.5%
選べるブランドVISAVISA・アメックス
旅行保険無し無し
ETCカード完全無料完全無料
申し込み資格18歳以上・要安定収入
(高校生を除く)
18歳以上・要安定収入
(高校生を除く)
クレカ番長
クレカ番長

それぞれの違いを細かくチェックしていくぜ!

三越伊勢丹グループにおける還元率はエムアイカードプラスが圧倒的

三越伊勢丹グループで買い物するなら、エムアイカードプラスが絶対にお得です。

なぜなら、エムアイカードプラスは三越伊勢丹グループでの買い物で還元率5~10%ボーナスが付帯するからです。

三越伊勢丹グループにおけるエムアイカードプラス還元率

上記の通り、

通常のエムアイカードにはこの特典は付帯しません。これで買い物しても還元率はたったの1%です。

三越伊勢丹グループで買い物するならエムアイカードプラスが圧倒的にお得です。

年会費はエムアイカードプラスの方が高い

エムアイカードの年会費は500円+税、条件を満たせば無料

エムアイカードプラスは年会費2,000円+税無料や割引は無し

年会費無料条件を満たした場合、両カードの間で年会費2,000円の差が生まれます。

年会費だけで見たらエムアイカードは実質無料で持つことができます。

しかし、エムアイカードプラスは三越伊勢丹グループで還元率最大10%になる特典を考えると、年間の利用額によっては年会費を差し引いてもお得になれる可能性があります。

「どれくらい使えばエムアイカードよりもお得なの?」という疑問については、以下に目安をまとめておきました。

還元率ボーナスが5%の場合

⇒年40,000円利用で2,000ポイントバック

還元率ボーナスが8%の場合

⇒年25,000円利用で2,000ポイントバック

還元率ボーナスが10%の場合

⇒年20,000円利用で2,000ポイントバック

ボーナス還元率毎に上記の金額を利用すれば2,000ポイント戻ってくるのでエムアイカードとトントン…と思うかもしれませんが、エムアイカードでも同額を利用すれば200ポイントが戻ってくるので、まだ年会費の差は完全に埋まってはいません。

少し細かいですが、還元率5%なら45,000円8%なら29,000円10%なら23,000円ほどカード利用すれば、年間費を差し引いてもエムアイカードよりもお得になります。

エムアイカードプラスはアメックスブランドも選べる

通常のエムアイカードはVisaブランドしか選べない一方で、エムアイカードプラスの場合はアメックス(American Express)ブランドも選べます。

基本は万能なVisaブランドを選んでおけば安定ですが、海外の加盟店でカード利用すると還元率1.5%になる(VISAだと1.0%)ので、

また、アメックス限定の特典集約サイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」にアクセスできたり、対象店舗でボーナスポイントがもらえる「ボーナス・ポイント・パートナーズ」を利用できます。

個人的には海外旅行に行かない限りアメックスブランドを選べるかどうかは大差ではありません。

発行スピードはエムアイカードプラス(即日発行)

発行スピードについてですが、エムアイカードは約1週間掛かるのに対し、エムアイカードプラスは最短即日発行してもらえます。

すぐに発行してもらいたいならエムアイカードプラスです。上位のエムアイカードプラスゴールドも同様です。

エムアイカードカウンターで直接聞いたところ、「エムアイカードプラスはこれから手続きすれば30分で発行できる」という回答を頂けました。

急に三越伊勢丹グループで高額な買い物をすることになっても、エムアイカードプラスなら最短30分で即日発行してもらえるので、大きな買い物をする前に発行することができます。

超限定的で、福岡三越内のエムアイカードプラザ天神ならエムアイカードも即日発行OKですが、ほとんどの店舗で即日発行に対応しているエムアイカードプラスとは比べ物にはなりません。

ただし、クレジットカードなので誰にでも発行できるわけでなく、一定の審査に通過する必要があります。

また、現地でイチから手続きする場合は身分証明書などを持参する必要があります。詳しくはエムアイカードの審査はどうなの?記事について解説しています。

とにかく発行スピード重視ならエムアイカードプラスです。

エムアイカードプラスは年間利用額によってボーナスあり

エムアイカードプラスは年間利用額に応じて追加でポイントをもらえるボーナス特典があります。

エムアイカードプラスゴールドのボーナスポイント(年間累計利用額)

エムアイカードにこの特典はありません。いくら利用しようがボーナスポイントは無しです。

年に50,000円でも使っていればエムアイカードプラス以外にありえませんが、あなたが三越伊勢丹グループで年に200万円以上買い物するなら、もはや選ばないと最悪に損をしてしまいます。

もちろん200万円以上使おうが還元率5~10%ボーナスはしっかり適用されるので、爆買いするならエムアイカードプラス一択です。

獲得できるポイントや使い道は同じ

エムアイカードとエムアイカードプラス、どちらも獲得できるポイントはエムアイポイントです。

獲得量はエムアイカードプラスの方が多くなりますが、ポイントの価値は1ポイント=1円、使い道もまったく同じです。

貯まりやすさはエムアイカードプラスがダントツですが、ポイントの価値や用途は変わらないのでなおのこと優位です。

利用できるポイントモールも同じ

ポイントモールとは、経由することでAmazonなどのネットショッピングで還元率がアップする専用サイトのことです。

エムアイカードの場合はエムアイポイントワールドですが、これもエムアイカードとエムアイカードプラスで変わりません。

ポイントモールでの対象ショップや経由した場合の還元率も変わらないので、どちらのカードを使っても五分五分です。

旅行保険は国内・海外どちらも無し

国内・海外旅行保険はエムアイカード・エムアイカードプラスのどちらにも付帯しません

それぞれの上位カードであるエムアイカード・エムアイカードプラスなら国内・海外旅行保険が付帯するので、旅行保険も必要なら

ただ、三越伊勢丹グループで還元率5~10%ボーナスが付帯するのはゴールドカードになってもエムアイカードプラスゴールドだけです。

旅行保険を揃えつつ三越伊勢丹グループでお得になりたいなら、間違わずにエムアイカードプラスゴールドを選びましょう。

家族カードはどちらも無料!エムアイカードプラスは発行可能枚数が+3枚多い

家族カードはエムアイカード・エムアイカードプラスどちらも年会費・発行費無料で作成できます。

違いは発行可能枚数で、エムアイカードは1枚しか発行できないのに対し、エムアイカードプラスはなんと4枚まで発行できます。

本人カードに+4枚発行できるので、5人家族なら全員に持たせることが可能です。

家族カードで買い物しても還元率5~10%ボーナスは適用され、さらに年間利用額も全員分がカウントされるので、家族で三越伊勢丹グループのお店で買い物しているなら相当お得になれるチャンスです。

ETCカードはどちらも無料で発行可能

ETCカードはエムアイカード・エムアイカードのどちらも年会費・手数料無料で発行できます。

これに関しては差はありませんが、ETCカードが有料なクレジットカードも少なくないので、両カードで無料なのは地味にうれしいポイントです。

利用限度額やキャッシングは変わらない

エムアイカードとエムアイカードプラスは、利用限度額やキャッシング上限は変わりません

プラスと付いているからといって、これらの上限が増えるわけではありません。

どちらのカードに申し込んでも、あなたの申し込み情報に応じて利用枠が設定されます。

比較まとめ!エムアイカードプラスの方が優秀だった!

クレカ番長
クレカ番長

最後の一通りの違いをまとめておくぜ!目的を考えたらエムアイカードプラスの方が優れているのは間違いない!

  • 三越伊勢丹グループにおける還元率5~10%ボーナスエムアイカードプラスにはあるエムアイカードには無い
  • 年会費差は最大2,000円でエムアイカードの方が安い
  • 発行スピードはエムアイカードプラスのが即日発行で早い
  • 年間利用額によるポイントボーナス(10,000円分相当~)がエムアイカードプラスにはあり、エムアイカードには無い
  • 獲得できるポイントや使い道はどちらも同じ
  • 利用できるポイントモールはどちらも変わらない
  • 国内・海外旅行保険はどちらも無し
  • 家族カードの発行可能枚数もエムアイカードプラスの方が+3枚多い
  • ETCカードはどちらも完全無料
  • 利用限度額やキャッシング上限は変わらない
クレカ番長
クレカ番長

やはり三越伊勢丹グループで還元率5~10%ボーナスがある無しは決定的な差だ!これだけはどう転んでもひっくり返らないから、エムアイカードプラスが絶対にお得になるっちゅうわけよ!

エムアイカードを作る人って三越伊勢丹グループのお店でお買い物している人だろうし、ポイントがいっぱい貰えるエムアイカードプラスを選んだ方がいいね!

三越伊勢丹グループでお得に買い物したいなら迷わずエムアイカードプラスを選びましょう。

真にオススメなのは上位のプラスゴールド

個人的に一番オススメできるのが上位のエムアイカードゴールドプラス。

こちらは三越伊勢丹グループにおいて最強クレジットカードなので、あなたや身内の人間が三越伊勢丹ユーザーなら絶対的な1枚になることを約束します!

実際に申し込むかどうかは一呼吸置いて、まずはエムアイカード公式サイトで内容をチェックしてから考えても遅くはありません。

MICARD+ゴールド公式サイトを見てみる

さらに2019年10月1日以降、各ゴールドカードに新規入会すると初年度年会費がキャッシュバックされるキャンペーンも開催中です。

消費税増税に伴い始まったキャンペーンでいつ終わるかわからないのが実情なので、申し込むなら早めに確認しておいてください。

それぞれの上位カードであるゴールドカードについて

エムアイカード・エムアイカードプラスの比較の中で出てきましたが、それぞれのカードには上位版のエムアイカードゴールドエムアイカードプラスゴールドが存在します。

「このゴールドカード2枚ならどちらがお得なの?」という疑問については、ゴールドカード同士の比較記事も挙げているので参考にしてみてください。

1つだけ重要なことを言っておくと、エムアイカードはゴールドカードになっても三越伊勢丹グループで還元率5~10%ボーナスは付かないという点。

これをよく勘違いする人がいますが、プラスと付くエムアイカードでないと還元率5~10%ボーナスは付帯しないので注意してください!

三越伊勢丹グループでお得に買い物したいなら、エムアイカードプラスもしくはエムアイカードプラスゴールドを選びましょう。

MICARD+ゴールド公式サイトを見てみる

それぞれの個別詳細記事も当サイトで公開しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました