クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

【ドコモ】dポイントで携帯料金は絶対に払うな!メチャクチャ損します!

ドコモのケータイ料金はポイントで払うなdカード

dポイントはドコモ携帯電話料金を支払ったり、ドコモが発行するdカードを利用すると貯まるポイントです。

貯まったポイントは1ポイント=1円換算で使うことができ、ローソンやマクドナルドなどの店舗で利用したり、ドコモが展開するネットサービスでも消費できます。

中でも毎月のドコモ携帯電話料金をdポイント払いにできるのがなかなか人気で、毎月の料金を持っているポイントから1ポイント単位で調整して支払い可能です。

例えば、毎月のドコモ携帯電話料金が5,000円で、5,000ポイント貯まっていたとしたら、その全てを割り当てれば料金は実質タダ同然になります。

一見、その月はお金を払わずに済むので、メチャクチャお得感があります。

でも実は…この使い方は実際にはすごく損をするからやめといた方がいいんです!

クレカ番長
クレカ番長

何~!?損をするってどういうことだ!?

本当の話をすると、dポイントをドコモ携帯電話料金に割り当てることで、あなたが必ず損をする仕組みになっているのです。

その理由は何か?最適な使い方は?dポイントを使う解決策も合わせて徹底解説していきます。

ちなみにドコモ携帯料金をタダにできるほどのポイントを貯めるなら、dカード GOLDを持つのがてっとり早いです。

毎月ドコモのケータイ、ドコモ光の利用料金から1,000円(税抜)につき10%還元されます!

実に550万人以上のドコモユーザーが申し込んでいます。

▶dカード GOLD公式サイトを見る

dポイントで携帯電話料金を払った分はポイントが還元されない!

ドコモ携帯電話料金をdポイントで支払った分は、本来還元されるはずのdポイントが1ポイントも還元されなくなります。

これが唯一にして最大の、dポイントを携帯電話料金に割り当ててはいけない理由です。

通常のdカードを持っている場合は、毎月ドコモ携帯電話料金が10,000円だったら、その支払いから1%還元されるので100ポイント手に入ります。

ところが10,000ポイントすべてを使って携帯電話料金を支払ってしまうと、この100ポイントが無くなります。

毎月の携帯電話料金から10%還元されるdカード GOLDを利用していた場合は、1,000ポイントがまるまる発生しなくなり貰えません。

dカードの1%還元を1回逃すならともかく、dカード GOLDを持っていて10%還元されるはずが1円も還元されないとなると、相当な大打撃なのは明白です。

特にdカード GOLD所有者は、その還元率の高さから5,000ポイントや10,000ポイントを使える状況にある人が多いので、携帯電話料金の支払いに割り当てようと考えたこともあると思います。

毎月10,000円払っているなら1,000ポイントも損をしてしまうので、dポイントは別の使い道で消化してしまうことを強くオススメします。

dポイントの使い道はこんなにもある!

「携帯電話料金以外ならどこで使えるの?」

dポイントが一定以上貯まったものの、携帯電話料金を支払う以外に使い道がわからないという人は少なくありません。

確かにメジャーなTポイントやPontaポイントと比べると、街中で見かける機会もあまり無いかと思われます。

しかしdポイントは、ちゃんと日常生活でもネットでも困らない程度には使い道があるポイントです。

携帯電話料金割り当て以外の気になる使い道は以下の通りです。

  • dポイント特約店で使う
  • d払いとドコモ払いで使う
  • dマーケットで使う
  • 電子マネーiDとして使う
  • JALやANAマイルに交換
  • Pontaポイントに交換
  • Amazonギフト券に交換
  • 被災地支援募金

これだけ色々な使い道があるので、dポイントが貯まってしょうがない!というあなたは、ぜひとも活用してみてください。

上記の詳しい対象店舗やサービスは独自にまとめているので、持て余しているならこちらの記事を参考にしてみてください。

ちなみに私が今オススメしたい裏技的な消化方法は、dポイントをそのままAmazonギフト券に交換するやり方です。Amazonでの利用はもちろん、さらにdポイントが大量に還元されるチャンスもあります。

普段Amazonは使わないよ!という場合でも、dポイントがあれば下記記事を参考にお得にショッピングできるので、こちらも活用してみてください。

携帯電話料金にdポイントを使っても良いパターン

ここまで何度も使うな!使うな!と書いてきましたが、dポイントをドコモ料金に割り当てても良いパターンが1つだけあります。

それは料金の100円単位までの端数をポイントで支払うことです。

例えば、ある月のドコモ料金が10,532円だった場合、532ポイントだけを指定して割り当てる形です。むしろこれは最も理想的なやり方でもあります。

なぜなら、ドコモ料金は1,000円毎が還元されるラインなので、1,000円単位以下の料金とポイント還元は無関係です。

上記の場合は10,000円ピッタリが還元される部分なので、残りのポイント獲得に関わらない532円については、dポイントで払っても何ら悪影響はありません。

ポイントを一部でも支払ったら還元されなくなるのではなく、ポイントを割り当てた部分について還元されなくなるだけなので、10,000円の部分はしっかりと還元されます。

dカードなら1%の100円分のポイント、dカード GOLDなら10%の1,000円分のポイントが還元されます。

このラインを知っていると知っていないとでは大違いです。中途半端な端数にポイントを割り当てつつ、1ポイントも損をしない最適解と言っても過言ではありません。

  • 1,000円につき10~100ポイント還元
  • 1,000円未満の部分はポイント対象外
  • 999円以下の端数はポイント払いで損しない

このルールに則れば全く損をしなくなるので、ドコモ料金の端数払いだけにdポイントを割り当てるのも一種の方法です。

ポイント利用の計算ミスが発生すると酷いことになる

上記で端数割り当て方法を紹介しましたが、これは普段から家計簿などを細かくチェックして計算する人以外にはオススメできません。

まずその月の端数をdポイントに割り当てるには、その月までにドコモ料金がいくら掛かったのかを計算する必要があります。

例えば7月の料金の端数をピタリ計算しようという場合は、7月なら31日のAM10時にドコモのマイページ(dメニュー)にログインすると、7月の利用料金が表示されます。

が、このタイミングで表示されるのは7月30日までの料金なので、7月31日の最終日に何か追加料金が発生した場合は、表示額にさらに上乗せされます。

7月31日に表示された額が10,990円だったとしても、31日に誰かが30秒につき20円の有料通話を1回してしまったら、7月分で請求される額は11,010円になります。

すると何が起きるか?7月の料金は10,990円だと思って990ポイントを割り当ててしまうと、11,010 - 990 で請求額が10,020円になります。

dポイントが還元されるのは1,000円単位なので、本来は還元されるはずだった1,000円分が、端数分だけ使う予定だったdポイントのせいで無駄になります。

さらに、料金にポイントをいくら割り当てるか?を設定できる期間が、月末(7月なら31日)23時59分までなので、最終金額が確定する前に何ポイント割り当てるかを決定できません。

なのでポイントで端数をキッチリ払いたい月は、自分で月末最終日の料金を含んで計算する必要がありますが、慣れていないと簡単なミスやズレが生じやすいです。

ぶっちゃけ、端数が気になるならポイントを割り当てよう!という程度で、他にメリットは全く存在しないのでここで無理してdポイントは使わなくて良いです。

前述のdポイントの使い道を参考にして、ローソンやマクドナルドで適当に使ったり、ネットdサービスを利用したりした方がよっぽど気楽です。

dポイントを最も効率的に貯める方法について

貯めたdポイントをドコモ料金に充てると損をするので、別の場所で目いっぱい使いましょう!と書いてきましたが…

そもそもどうやってそんなにdポイントを貯めるのか?

実は一番良い方法は何度か書いたように、dカード GOLDを持つのが一番の近道です。

その理由は、このカードを持っているだけで、毎月のドコモの料金から10%のdポイントが確実に還元されるからです。

これ1枚あればdポイントは面白いようにザクザク貯まります。

もちろんドコモの電話料金のみが対象なので、キャリアがauやソフトバンクその他なら無縁ですが、ドコモユーザーだった場合は無敵のカードになります。

ただ、同じドコモユーザーでも明確な得するラインと損するラインがあります。

それは年会費が10,000円+税が掛かるので、毎月の利用料金が10,000円以上でないと、年会費以上のポイントを得られません。

なので、毎月のドコモ利用料金が10,000円以上でない場合は、

が、携帯電話が故障したら最大10万円分補償してもらえるなど、ゴールドカード相応の付帯サービスがついてくるので、利用額が10,000円でなくても得する魅力的な特典が満載です。

詳しくはdカード GOLDの徹底解説記事を書いてあるので、一度参考にしてみてください。

dカード GOLDでドコモの料金を払うと大損する!

dカード GOLDを既に持っている、もしくはこれから申し込むというあなたへ、これはなかなか重要です!

実はこのカードは持っているだけで効力を発揮します。

勘違いしないように説明すると、dカード GOLD自体をショッピング等で使う義務や必要は一切ありません。むやみに使わずに財布に忍ばせているだけでOKです。

もちろん、ドコモ料金10%還元の特典も問題無く働くので、ドコモ料金をこのカードで支払う必要は一切ありません。

そして最もやってしまいがちなのが、毎月のドコモ料金をこのカードで支払う、もしくは引き落とし口座に設定してしまうこと。

dカード GOLDでドコモ料金を支払っているという人は多く聞きますが、これは無意味どころかあなたにとって不利益なので、別のカードで支払ってしまいましょう。

その理由は特典の内訳にあり、簡単に言うとdカード GOLDの特典自体に10%還元が用意されており、決済部分についてはポイントが一切付かないように設定されています。

毎月の支払い額がどうあれ、カード決済しようが現金決済しようが1%も還元はされず、その代わり別の部分で10%還元される仕組み。

これを紐解くと、dカード GOLDを一切使わなくても勝手に毎月10%還元されるということになります。

  • 持っているだけで毎月ドコモ料金から10%還元
  • dカード GOLDで支払っても1円も儲からない
クレカ番長
クレカ番長

ふ~む。確かにコレは知っておかないと全然違うのぅ。dカード GOLDで支払わないと10%還元されなくなる!って考えるのが人間の性じゃ!

実際、私の知り合いのドコモ家族も、それを知らずにdカード GOLDを使って何年も支払い続けていたことがありました。あなたも気をつけてくださいね!

ドコモ料金の支払いが還元されないわけではない

さらに間違わないように説明すると、dカードで支払ったら還元されないというだけで、別のクレジットカードで支払えば、そのカードの還元率で還元されます。

つまりどういうことかと言うと、

  • ドコモ携帯電話料金払い
  • dカード GOLDの特典である10%還元

このような形でポイントの二重取りを実現できるのです。

例えば、dカード GOLDを所有しつつ、還元率1%のクレジットカードでドコモ料金10,000円を支払った場合はこうなります。

  1. 使ったクレジットカードの100ポイント
  2. dカード GOLDで還元された1,000ポイント

1ポイントが1円で使える場合、合計で1,100円分、還元率で言うと11.0%もお得になりました。

ただでさえdカード GOLDで10%還元されてオイシイ場面で、別のカードを使って還元率を引き上げることができます。

クレカ番長
クレカ番長

おお~!10%も還元されるってだけじゃなく、このやり方ならさらに還元率が増えてダブルでお得になるんじゃな!よ~考え付くもんじゃわい!

実際にやっている人はあまりいないけど、1ヶ月100ポイント増えるなら1年で1200ポイント=1200円分になるからとっても賢い方法ね!

よって、ドコモの料金払いでさらに得するという目的で、もう1枚支払い用のカードを用意することをオススメします。

あなたが普段使っているメインカードでも良いと思いますが、どうせなら還元率が高いカードで決済してしまいましょう。

個人的にオススメなのはリクルートカードです。

リクルートカードは通常還元率が1.2%と比較的高い上に、年会費は永年無料という秀逸なカードです。

nanacoチャージで還元される貴重なカードでもあり、電子マネーに強いという特色があります。

リクルートカードについては詳しくは以下の記事にて解説しています。

ちなみにリクルートカードも入会キャンペーンを毎週末開催しているので、最初ニスタートダッシュでポイントを稼ぎたければ以下の記事も一読してみてください。

dカード GOLDは月額9,000円以上支払うユーザーが作るべし!

最後にも書きますが、持っているだけでドコモ通信料から10%還元されるのがdカード GOLDの最大のメリットです。

カード決済のために動く必要もなく、ほっといても毎月のドコモ通信料からガンガン還元されていきます。あなたも気付いた時には相当な量のdポイントが貯まっていることでしょう。

私ももうすぐ80,000ポイントに到達する勢いです。

ドコモユーザーでありながら未だにdカード GOLDを持っていないのであれば、通信料税抜1,000円につき100ポイントというルールに気をつけて、明細書を再確認してみてください。

自分や家族分の通信料を合わせてみて明らかにお得だったら、なるべく早めにdカード GOLDを取得してdポイントを貯めまくりましょう。

取得するかどうか迷っているのであれば、まずは一度公式サイトで確認してから考えても遅くはありません。

▶dカード GOLD公式サイトを見る

コメント

  1. 貯まったdポイントの全部を,ドコモの携帯電話料金に充当する
    手続きを済ませた直後に,このサイトに辿り着くことができまし
    た。

    いま,「まずいポイントの使い方をしてしまった!」と,反省し
    ているところです。

    タッチの差で,損をしてしまった気分…。
    でも,まあ仕方がないことです。

    実は,私は,dカードやdポイントを使うことが,殆どありませ
    ん。

    それなのに,何故,dカード(当時はDCMXカードという名称でし
    た)を持つようになったかと言いますと,ドコモの携帯電話の契
    約時に,窓口のお姉さんから,

    「DCMXカードをつくると,ドコモの携帯電話の料金の支払いのと
    きなどに,お得になりますよ!」

    と告げられ,素直にその言葉に従ったからです。

    いまは,dカード(DCMXカード)を解約しようかと,思っていま
    す。

    そこで,教えて頂きたいのですが,

    dカード(DCMXカード)を解約してしまうと,ドコモの携帯電話の
    料金に関して,何か不利になるようなことが,あるのでしょう
    か?

    不利になるようなことがあるのなら,カードをそのまま持ち続け
    てもいいかな,と思っています。

    とくに不利になるようなことがなければ,カードを解約して,
    自分が普段慣れ親しんでいるポイント(Tポイント,楽天スーパー
    ポイント等)が,よく貯まるカードに乗り換えようかと,思って
    います。

    携帯電話の料金,その他各種の固定費を安くするのに,最適なカ
    ードがどれなのか,ご存知でしたらば,それについてもご教示頂
    きたく存じます。

    何だか,初心者まる出しの質問内容になってしまいましたが,
    よろしくご指導願います。

    • こんにちはご相談ありがとうございます!

      DCMX(dカード)を持っていないとドコモのケータイ料金が高くなったりするという事はありません。

      唯一ケータイが修理不可能な故障の場合、1万円の補償金が付くドコモのケータイ補償が無くなるくらいです。

      それなら別に問題なしという事であれば楽天カードで良いと思います。

      DCMX(dカード)は年会費も無料なので負担は無いですが、それでも気分的にスッキリしたいという事であれば解約してOKです。

      dポイントもdカードも使わず、携帯電話の料金、その他各種の固定費を安くしたいのであれば、楽天カードで良いですよ。

      普段からよく楽天市場や楽天ポイントが使えるお店を利用するなら、現状このカードが生活で最高のコストパフォーマンスを発揮するでしょう。

  2. ドコモを解約する前にちらっと見させていただきました!
    解約する者にとっては、特に問題ありませんよね?

タイトルとURLをコピーしました