クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

30,000ポイント以上獲得!ドコモへの乗り換える時の一番お得な方法を暴露する!

ドコモ乗り換えお得なキャンペーン一覧! dカード

※このページはauやSoftBankなどの大手キャリアからドコモへ乗り換えようと考えている人向けの内容となっています。

他キャリアからドコモに乗り換え(MNP)するなら、超お得なポイント or キャッシュバックキャンペーンが多数用意されているので、絶対にそれを利用した方が良いです。

業界最大手キャリアだけあって、家族向けや学生向けの数多くのお得なキャンペーンが常日ごろ開催されています。

しかし、新規契約 or 乗り換えキャンペーンはたくさんある上に、毎月どんどん変わっていくので、どの契約が一番お得か把握しきれていないことが多いと思います。

「今の乗り換えキャンペーンはどんなものがある?」

「自分にとって、どのキャンペーンが一番お得なの?」

「auやSoftBankなんだけど乗り換えた方がいいの?」

というあなたに、どんなキャンペーンがあるのか?他キャリアからドコモへ乗り換える価値はあるかどうか?後半ではドコモを超お得に利用する方法など、徹底解説するので参考にしてみてください。

ちなみに最もてっとり早い方法として、ドコモユーザーにとって超お得なdカードGOLDに新規入会することでも、特典として13,000円相当のポイントが貰えます。

最新のドコモ乗り換えキャンペーン一覧

※2018年7月現在のドコモの乗り換えキャンペーン一覧です。

・家族まとめて割

・下取りプログラム

・機種変更応援プログラム

・ドコモ光dポイントプレゼント特典

家族まとめて割

ドコモ家族まとめて割

家族2人以上で新規契約、または乗り換える場合にオススメなキャンペーンです。

あなたと家族の端末代金が、それぞれ5,184円(税込)割引されます。2台なら10,368円、3台なら15,552円…と、多ければ多いほどお得になります。

適用条件は以下の通り。

・シェアパックかシェアオプションで契約

・2回線以上でキャンペーン対象機種を購入

これだけで上記の割引を受けられます。

あくまで台数分ではなく契約回線毎に1回(1台)だけ割引されるので、2人で2回線契約して対象機種を3台購入しても割引してもらえません。

基本的に1人1台だと考えましょう。

キャンペーン開催期間内であれば、購入予定の家族と別な日に対象端末を買っても割引が適用されます。

が、同じ日に同じ店舗で対象機種を買ってしまえば、その場で5,184円×端末購入回線分を値引きしてもらえます。

その場で現金割引となるので、すぐに割引してもらいたい!のであれば、家族と一緒にそのまま購入してしまった方が良いです。

ただ、割引額はどのタイミングでも変わらないので、家族分は後から購入を考えても遅くはありません。

その場合は、キャンペーン期間を過ぎないようにだけ注意してください。

家族まとめて割り①

対象機種は多いがややこしい点に注意

何の事情かはわかりませんが、

・2台以上購入のカウント対象になるし割引対象になる機種

・2台以上購入のカウント対象になるが割引対象外の機種

・2台以上購入のカウント対象外であり割引対象外の機種

これがそれぞれ分かれているところが家族まとめて割キャンペーンのややこしいところです。

詳しいカウント・割引端末に関する情報は以下の通り。

2台以上購入のカウントがされ、割引対象である機種

・iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE

2台以上購入のカウントはされるが、割引対象外の機種

・iPhone 7、iPhone 7 Plus
・12.9インチ iPad Pro、10.5インチiPad Pro、iPad、iPad mini4、iPad Air2、12.9インチ iPad Pro(第1世代)、9.7インチ iPad Pro
・docomo with対象機種
・Hシリーズ以降のXiスマートフォン一部機種(Disney Mobile on docomo DM-01H、Disney Mobile on docomo DM-01J、arrows Fit F-01H、V20 PRO L-01J、JOJO L-02K、MONO MO-01J、XperiaTM Xzs SO-03J、Nexus 5X)
・らくらくスマートフォン4 F-04J、らくらくスマートフォン3 F-06F
・Hシリーズ以降のXiタブレット

2台以上購入のカウント対象外・割引対象外の機種

・Hシリーズ以前の機種

iPhone 6シリーズは割引対象になっているのにiPhone7は割引対象になっていないなどがあるので、端末を選ぶ際には注意してください。

下取りプログラム

ドコモ下取りプログラム

携帯電話購入時に、現在使っている携帯電話を下取りしてもらえるキャンペーンです。

具体的には、ドコモあるいはau/SoftbankのiPhone、ならびにSIMフリーのiPhone、iPad、その他ドコモのスマホや携帯電話が対象です。

新規契約あるいは乗り換え時に申し込めば、最大33,000円(税込)を端末購入代金から割り引いてもらえます。

上記の最大33,000円というのはiPhone 7 Plusを利用している場合なので、実際には想定よりも下取り価格は下がると思います。

詳しいiPhoneの買取額がまとめてあったので紹介します。

・ドコモが販売した iPhone 下取り価格表

下取り対象機種下取り価格
良品画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
33,000円9,900円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
25,000円7,500円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
16,000円4,800円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
5,000円1,500円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
2,000円600円
iPhone 5c
(16GB/32GB)
2,000円600円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円

・au/Softbankが販売した iPhone 下取り価格表

※SIMフリー・海外キャリアを含む

下取り対象機種下取り価格
良品画面割れ品
iPhone 7 Plus
(32GB/128GB/256GB)
33,000円9,900円
iPhone 7
(32GB/128GB/256GB)
25,000円7,500円
iPhone 6s Plus
(16GB/32GB/64GB/128GB)
16,000円4,800円
iPhone 6s
(16GB/32GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円
iPhone 6 Plus
(16GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円
iPhone 6
(16GB/64GB/128GB)
5,000円1,500円
iPhone 5s
(16GB/32GB/64GB)
2,000円600円
iPhone 5c
(8GB/16GB/32GB)
2,000円600円
iPhone 5
(16GB/32GB/64GB)
1,000円300円
iPhone 4S
(16GB/32GB/64GB)
1,000円300円
iPhone 4
(8GB/16GB/32GB)
1,000円300円
iPhone 3GS1,000円300円
iPhone 3G1,000円300円
iPhone SE
(16GB/32GB/64GB/128GB)
10,000円3,000円

ドコモの携帯類はあまりにも多すぎるのでここでは省略しますが、ほぼ全機種が下取り対象となっています。

購入時に使っている携帯電話を下取りに出すだけでOKですが、とりあえず壊れていたり正常に動作しなければ買い取ってもらえません。

ただ、画面が割れている状態でも3分の1程度の値段に落ちますが買い取ってもらえるので、ヒビ入ったけど動くよ!というスマホも出すことができます。

詳しくは私が実際に下取りプログラムをやってみた記事にて解説しています。利用するつもりなら参考にしてみてください。

ドコモの下取りプログラムで使用済みのケータイを換金できる!?どうやるのか解説!
今回の記事はドコモのケータイを機種変更しようとしている、使わないケータイをずっと家に保管してある人に朗報! なんとドコモのケータイ下取りプログラムを活用する事で、使わなくなったあなたの古いケータイをお金に換金する事が出来るのです。 ...

機種変更応援プログラム

すぐに機種変更したくなる人を救済するキャンペーンです。

携帯電話は2年の割賦払いで購入する場合が多いですが、支払いが終わるまで機種変更を気楽に出来なくなるのがネックでした。

ところがこのキャンペーンを利用すれば、毎月一定額を追加で支払うことで、あるタイミングで新機種乗り換え時に、最大27,000円(税込)分がdポイント還元されます。

一番早ければ13ヶ月目の機種変更でポイント還元されるので、だいたい1年間利用すれば新しい機種を手にすることができます。

機種変更応援プログラムは毎月300円支払う必要があるので、13ヶ月目に機種変更する場合、12ヶ月分の3,600円+前倒し料2,000円の合計5,600円が掛かります。

しかし、タイミングが合えば機種変更でかなりのポイントが還元されることになるので、何も負担なく変えることができます。

例えば、19ヶ月目からは前倒し料の2,000円が無料になるので、このタイミングで乗り換えるのが個人的には一番お得かな、と思っています。

機種変更プログラムについての詳細は以下の記事にて解説しています。

ドコモの機種変更応援プログラムとは何か?本当にお得なのか俺がぶった斬る!
ドコモではケータイを購入し、将来2年待たずに新しいケータイに乗り換えると値段が安くる、ドコモの”機種変更応援プログラム”があります。 しかも本来ケータイを購入する時は、2年間の月賦支払いで購入する場合が多いのですが、それを待たずに新し...

なお、最新のiPhone(iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X)を購入する場合は、さらに発展した機種変更応援プログラムプラスになります。

こちらはなんと最大60,000ポイント還元される上に、毎月の一定額が無料になるという超太っ腹キャンペーンとなっています。

機種変更応援プログラムプラスについても徹底解説していますので、そちらの方を参考にしてみてください。

ドコモの機種変更応援プログラムプラスは超お得!2年以内にスマホを買い替えるなら加入必須!
今回の記事はドコモで新しくケータイを購入する時に絶対に使いたい、「機種変更応援プログラムプラス」について紹介していきましょう! ※ドコモユーザーなら毎月の携帯電話料金から10%還元されるdカードGOLDがオススメです。 &#x2...

ドコモ光dポイントプレゼント特典

ドコモ光dポイントプレゼント特典

ドコモ光に新規申込あるいは他回線から切り替えた場合、dポイントがプレゼントされるキャンペーンです。

新規申込と乗り換えで貰えるポイントが違います。

新規申込の場合…10,000円分のポイント

ドコモ光dポイントプレゼント特典10,000円

乗り換えの場合…5,000円分のポイント

ドコモ光dポイントプレゼント特典5,000円

適用条件の1つとして、ペア回線で申し込むことが前提であり、ドコモ光単独での契約だと上記のポイントは貰えません。

ペア回線というのは、ドコモ光+ドコモ携帯電話を2つ同時に契約することを指します。

つまりネット回線と携帯電話をセットで組み合わせる必要があるということです。

回線と携帯電話を同時に契約という形になりますが、新規契約で10,000円分のポイント、乗り換えでも5,000円分のポイントを獲得できるのはなかなか大きい特典なので見逃せません。

特報!家族を紹介すれば10,000円分のポイントバック!

ドコモ後家族紹介特典

家族が1人でも一緒にドコモに乗り換えを検討中だった場合はさらに朗報!簡単に10,000円分のポイントを獲得できるご家族紹介特典を利用できます。

ドコモのご家族紹介特典(最大50,000ポイント)

このキャンペーンは、あなたの家族が他キャリアからドコモに乗り換えして、対象の機種を購入した場合に適用されるものです。

ドコモの言う「家族」というのは、主回線契約者から三親等以内の人を指します。配偶者や子供、両親、祖父母だけでなく、曽祖父母や叔父叔母、甥や姪まで含まれます。

その家族がドコモに乗り換えあるいは新規契約し、対象機種を購入すると、1人につき10,000dポイントが進呈されます。

1人につきということで、最大5人まで紹介してキャンペーンを適用させることができ、その場合は50,000円分のポイントがキャッシュバックされます。

他社からの乗り換えだけでなく新規契約にも対応しているので、携帯電話を持っていない家族を紹介してもしっかりポイントが進呈されるのが嬉しい点です。

以下、公式サイトに則って概要を表にしてみました。

対象機種iPhone
ドコモ スマートフォン
ドコモ ケータイ
※キッズケータイは対象外
期間2016年9月9日(金曜)~継続中
特典内容1人の紹介につき10,000dポイント
(最大5人・50,000ポイント)
ポイント進呈時期購入月の翌々月上旬に進呈
※1月購入なら3月上旬
ポイント有効期限2018年6月購入:2019年1月31日(木曜)
2018年7月購入:2019年2月28日(木曜)
2018年8月購入:2019年3月31日(日曜)
※購入月から7ヵ月後の月末が期限
対象となる基本プランカケホーダイプラン
カケホーダイライトプラン
シンプルプラン

そして一番知っておくべきなのがキャンペーンの適用条件です。

ご家族紹介キャンペーンの適用条件

①紹介者が「dポイントクラブアンケート」または「店頭」にてキャンペーンにエントリーする

②乗り換え or 新規契約する家族がドコモ対象機種を購入すること

③機種を購入した翌月1日時点で紹介された家族が、紹介者と同一のシェアグループに加入していること

正直よくわからん!というのであれば、店頭で紹介したい家族と一緒に行って、「家族紹介キャンペーンを利用したい」と、店員さんにお願いすれば手続きを進めてもらえます。

これで1人につき10,000ポイント、2人なら20,000ポイント、5人を紹介すれば50,000ポイント手に入ります。

複雑な手続きも必要ないので、これからドコモに乗り換える、あるいは新規で契約させたい家族がいるなら、これを利用しない手はありません。

また、このキャンペーンは期限が設けられていますが、開催されてから期限は延長され続けているので、実質いつでも利用することができる状態です。

しかし、ドコモ自体がちょいちょいサービス改定をしている他、総務省からのNGといった外部からの圧で終了する場合もあるので、利用するなら早めに利用してしまいましょう。

ちなみにキャンペーンを適用させる場合、選べるプランはカケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・シンプルプランの3つのみです。

家族間でしか通話しないなら、最近始まったシンプルプランを選ぶことで、家族間の通話に限って何時間でも無料になります。

https://cre-0927.com/docomo_simpleplan_how/

新たに契約する家族が毎月どこにどれくらい通話するのか?これを把握しておくことで、さらに月額料金を抑えて節約することも可能です。

他にも季節や時期によって多数のキャンペーンが定期的に開催

上記以外にもドコモは季節や大型連休、卒業シーズンなどに、様々なキャンペーンを絶え間なく開催していることが多いです。

一例を挙げてみると、

・他社乗り換えか新規でiPhoneを購入すると8,424円割引

・60歳以上でガラケーからスマホに乗り換えると割引

・25歳以下の利用者なら基本料金が毎月500円割引

これらは2018年上旬に終わってしまったキャンペーンの一部ですが、これからも似たようなものを続々と開くことでしょう。

最大のライバル達であるauやSoftbankよりも常に一歩上を行くつもりなのか、あらゆるユーザーを新規獲得あるいは乗り換えさせようと奮起しています。

ドコモのdカードGOLDを持てばさらに最大13,000ポイント獲得!

これがdカードゴールドだ!

上記のキャンペーンだけでもそれなりにパンチが効いていますが、ドコモにはさらにお得度を加速させるコンボがあります。

それは新規契約 or 乗り換えと同時にdカードGOLDに申し込むことです。

これで誰でも20,000円分以上の特典を簡単に獲得することができます。

乗り換え+dカードGOLDで何倍もお得になる

前述のドコモ光dポイントプレゼントキャンペーンは、インターネット回線+携帯電話回線のペア回線契約が前提になると説明しました。

このキャンペーンを頼りに新規契約でペア回線を申し込んだ場合、10,000円分のdポイントがプレゼントされます。

さらにdカードGOLDを同時に申し込むと、新規入会特典を受け取れるので、13,000円分のdポイントを追加で獲得できます。

この2つだけで合計23,000円分のdポイントを獲得することになります。

可能なら家族も一緒にドコモで契約すれば、ご家族紹介特典で1人につき10,000円分のdポイントが追加され、合計33,000ポイントまで膨れ上がります。

ご家族紹介特典の上限は5人までということで、5人だったら73,000ポイント獲得となります。

このように乗り換えキャンペーンだけでなく、dカードGOLDに新規入会することで、最大限にブーストを掛けることができます。

そしてdカードGOLDの最大のウリは、毎月のドコモ利用料金がそのまま10%還元されることです。

最初の大きなポイントで終わりではなく、今後はネット回線も携帯回線もドコモ利用料となるので、毎月dカードGOLDの還元率10%の恩恵を最大で受けることができます。

ライバル(au・Softbank)にdカードGOLD級は存在しない!

さらに決め手となるのは、auとSoftbankにはdカードGOLDクラスのカードが存在しないということ。

3大キャリアという括りでdocomo/au/Softbankが肩を並べています。

それぞれの新規申込キャンペーン・乗り換えキャンペーンだけを比較してみても、どこかが突出して頭一つ抜けているわけでもなく拮抗しています。

しかし、毎月の固定回線・携帯電話利用料金が10%も還元されるカードが存在するのはドコモだけです。

ちなみにカードを比べてみると、ドコモとその他で圧倒的な差が生まれています。

auには au wallet ゴールドカードなるものが存在しますが、あちらはauユーザーだからといって特に優遇があるわけではありません。

そればかりか携帯電話料金を支払っても還元率が1%なので、auユーザーからは「別にau wallet カードじゃなくても良くない?」とまで言われています。

もう1つの大手キャリアのSoftbankも、dカードGOLD相当のカードは発行していません。

利用料金還元率に関しては、完全にdカードGOLDの一強です。

本来ならauやSoftbankもこれに匹敵するカードを世に出すべきですが、長らく登場していないためにドコモへ乗り換える人も少なくありません。

あまりにもお得すぎて超人気になったのか、2018年4月25日にはdカードGOLDの会員数が400万人を突破するという事態が起こりました。

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供するクレジットサービス「dカード GOLD」の会員数が、2018年4月25日(水)に400万を突破いたしました。2017年9月の300万会員突破から約7か月で100万名の会員が増加しました。
ドコモ公式サイトより抜粋)

ついでに言うと2018年3月の段階で国内のドコモシェア率は45.3%と、2位以下のau(31.0%)やSoftbank(23.6%)に大差をつけています。

今後も間違いなくdカードGOLDを目当てに会員数は伸び続けることでしょう。

乗り換えキャンペーン+dカードGOLDに申込みで30,000ポイント以上獲得すべし!

上記で紹介した乗り換えキャンペーンを利用しつつ、dカードGOLDに新規入会してポイントを獲得すれば、いきなり30,000円分以上のdポイントを獲得することも夢ではありません。

その一瞬のきらめきだけでなく、その後も毎月ドコモ利用料金から10%分が自動で還元されていくという、継続的に大量のポイントを獲得し続けられます。

気をつけておきたいのがゴールドカードということで年会費は発生し、その額10,800円税込になります。毎月のドコモ利用料金が9,000円なら、年会費とどっこいどっこいです。

毎月の利用料が5,000円や6,000円くらいでは、年会費払いで返ってマイナスになってしまうので、無理して取得する必要はありません。

が、特に家族でウルトラシェアパックなどを契約していれば、それだけで毎月10,000円以上行っているはずなので、あとはdカードGOLDを取得すればポイントがモリモリ増える計算になります。

よって毎月ドコモに9,000円以上支払っているなら、作らないという選択肢はありえません。

ここまで読み進めるほど他社からの乗り換えを考えているあなたにとって、今が好機です。

ドコモの新規or乗り換えキャンペーン参加+dカードGOLD新規入会+毎月10%還元の3コンボは後悔しないものだと、自信を持ってオススメします。

実際にカードを取るかどうかはひとまず置いといて、一度公式サイトで確認してみることをオススメします。

dカードGOLDには他にも携帯電話10万円補償などの超級特典が用意されています。詳しくは別記事で細かく解説しているので参考にしてみてください。

dカードGOLDの特典は本当にお得なのか?良かった点と最悪なクソな点を俺が本音で明かす!
今回の記事はdカードGOLDを持つ事は本当にお得なのかどうか? 実際に使ってみた私がメリットとクソみたいなここが悪かったという感想をぶっちゃけます! ▶dカードGOLD公式サイトを見る ドコモが発行するdカードG...

コメント