クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

毎月10%還元で超ポイントゲット!dカードGOLDの家族カードは必ず作るべし!

dカードGOLDは家族で持つべしdカード

dカードGOLDは持っているだけで、毎月のドコモ利用料金から10%還元されることで有名なカードです。

もしかしたらその特典を目当てに、すでにあなたや家族の誰かがdカードGOLDを持っている状態ではないでしょうか?

そうであれば、最低1枚はdカードGOLDの家族カードを作っておいてください。

なぜなら1枚は完全に無料で作れる上に、作る家族がドコモ利用者でなくても多数の特典やメリットを受けることができるからです。

本会員カードの年会費が10,000円+税なので、少なくともその分身とも言える家族カードを1枚作れば、1枚の年会費が5,000円+税の半額になるも同然です。

「家族カードを作ったら何がお得なの?」

「2枚目以降はお金掛かる?本当に作れるの?」

今回はdカードGOLDの家族カードを作ることによって発生する絶大なメリットと、作成する際の注意点と一緒に徹底解説していきます!

ちなみにdカードGOLDに今新規入会すると、13,000円相当のdポイントが貰えます。

dカード GOLDの家族カードの基本情報

まずはじめにdカードGOLDの家族カードの基本情報を確認しましょう!

家族や本人がドコモ契約者でなくても入会OK!

最初に大事なことを言っておくと、本人がドコモのケータイを使っていなくても、dカードGOLDカードは契約できます!

もちろん家族カードを作る場合も同様です。

本人や家族がドコモ会員でなかったとしても、入会には特に問題は無いということです。

以下、公式ページより入会条件を抜粋。

1.dカードおよびdカード GOLD会員と生計を共にする満18歳以上(高校生は除く)
の配偶者、お子様、およびご両親
※本会員が学生の場合は、家族会員は配偶者に限ります。

2.その他当社が定める条件を満たすお客様

年会費は1枚目が無料!2枚目からは1,000円+税

1枚目の家族カードについては、年会費が完全に無料になります。

2枚目からは1枚につき1,000円+税です。

1枚ずつ契約する必要がありますが、最大3枚まで発行することができます。

2枚以上発行しても、最初の1枚の年会費が無料になるというアドバンテージは消えません。

つまり家族カードを最大枚数の3枚発行しても、全部で2,000円+税に収めることができます。

引き落としは本会員の口座になる

家族カードで利用した分は、すべて本会員の口座からまとめて引き落としされます。

もちろん、家族が利用した分のdポイントも貯まります!(利用料100円につき1ポイント)

このポイントは本会員カードに集約され、本会員だけが利用できます。

dカードGOLDの家族カードはお得なのか?

dカードGOLDの年会費や入会資格を理解したところで、本題のメリットについて解説しましょう!

①家族のケータイ利用料も10%還元される

dカードGOLD契約者は、ドコモ携帯・ドコモ光料金の1,000円(税抜)につき100ポイント貯めることができます。(ポイント還元率10%)

本会員カードに付帯する最大の特典ですが、これは家族カードも同様です。

あなたの家族がドコモ携帯料金を支払った場合も、dカードGOLDの家族カードを発行しているだけで、その利用料金に対して10%のポイントが還元されます。

しかもこの特典を受けるに当たって、必ずしもdカードGOLDで決済する必要が無いというのがミソです。

仮に他のクレジットカードで決済したとしても、dカードGOLDがdアカウントに紐付いていれば10%還元の恩恵を受けることができます。

もし家族の誰かがドコモを利用していたら、家族カードを作ることによって、爆発的なポイントを獲得できる可能性があります。

例えば、毎月ドコモの利用料金4,000円を支払っている家族が1人いたとして、その家族に最初の1枚目の家族カードを持たせた場合…

・毎月400円分のdポイントが貯まる

・1枚目の家族カードなので維持費はタダ

年間で4,800円分のポイントを獲得するにも関わらず、dカードGOLDの1枚目の家族カードは年会費が掛からないので、黙っていてもガンガン貯まります。

作る家族カードが2枚目3枚目だとしても、年会費はわずか1,000円+税だけなので、1,000円以上ドコモ料金が発生すればプラスになります。(年間1,200ポイント還元)

あまりにもコストパフォーマンスに優れているので、年会費が10,000円(税抜)掛かる本会員以上にお得になるケースも珍しくはありません。

②家族全員で利用すれば還元率が加速する!

通常、dカードゴールドの本人カードで決済すると、100円(税抜)につき1ポイントが貯まります。

これは家族カードも同様なので、家族全員で使うとポイントがどんどん貯まっていきます。

しかし、上記の計算だと還元率1%であり、他のカードと比べても特別高くもなんとも無いので、このままでは正直微妙です。

クレジットカードを見渡しても世界は広く、年会費無料ながら基本還元率1.2%を誇るリクルートカードなども存在するので、ならそっちでいいんじゃないか?と考えてしまうかもしれません。

が、実はdカードGOLD限定で年間利用特典なるものが用意されています。

これは決まった合計利用額に応じて、さらに10,000円~20,000円(税抜)相当の特典がプレゼントされるというものです。

dカード GOLD会員限定のサービスです。
前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ10,000円(税抜)相当、20,000円(税抜)相当の選べる特典を進呈いたします。

dカードGOLD 年間ご利用特典ページより抜粋

100万円利用で10,000円(税抜)、200万円利用で20,000円(税抜)の特典が貰えるので、実質1%還元されることになります。

もちろん100万円利用した分のポイントは通常どおり還元されるので、この年間利用特典を合わせると…

①100万円利用の10,000円分の特典プレゼント

②100万円利用で10,000円分のdポイント

この2つの特典を同時に受け取ることができ、実質2%の還元率で利用できることがわかります。

本会員カード1枚で100万円以上の利用は割りと大変ですが、家族カードで利用した分も年間合計利用額に含まれるので、達成するまでの速度が段違いになります。

クレカ番長
クレカ番長

ちょっとまてーい!「10,000円分の特典」ってことはdポイントじゃないのか?変なギフトやプレゼントを渡されて10,000円分です!とか言い張られても困るぞ!

確かにdポイントがもらえるわけじゃないわ。でも代わりにドコモ関連のサービスで使えるクーポンがもらえるのよ。ちなみにこれが過去に配られた特典クーポンね。

特典クーポン 年間利用額
100万~200万円未満
 年間利用額
200万以上~
ケータイ割引クーポン10,000円相当22,000円相当
d fashionクーポン5,000円×2枚
合計10,000円相当
5,000円×4枚
合計20,000円相当
dトラベルクーポン10,000円×1枚10,000円×2枚
合計21,600円相当
d fashionクーポン
+ dトラベルクーポン
5,000円×各1枚
合計10,000円相当
d fashionクーポン
(5,000円×2枚)
dトラベルクーポン
(10,000円×1枚)
合計20,000円相当
d TVターミナルdtvターミナルクーポン
お試しレンタルクーポン付
(12,722円相当)
無し
d TVターミナル
+ d fashionクーポン
無しdtvターミナルクーポン
お試しレンタルクーポン付
(23,522円相当)
+ d fashionクーポン
(5,000円×2枚)
合計28,322円相当
d TVターミナル
+ dトラベルクーポン
無しdtvターミナルクーポン
お試しレンタルクーポン付
(23,522円相当)
+ d トラベルクーポン
(10,000円×1枚)
合計33,522円相当
d TVターミナル
+ d fashionクーポン
+ dトラベルクーポン
無しdtvターミナルクーポン
お試しレンタルクーポン付
(23,522円相当)
+ d fashionクーポン
(5,000円×1枚)
+ d トラベルクーポン
(5,000円×1枚)
合計33,522円相当

※上記は2017年に選定された年間利用特典クーポン

例えば、ケータイ割引クーポンがあるけど、これはスマホを新規で買ったり機種変更する時に使えて、クーポンの額面分がそっくりそのまま割引されるの。30,000円のスマホなら20,000円くらいになるわよ。

クレカ番長
クレカ番長

マジかー!しかもdファッションやdトラベルのクーポンもあるってことは、服や旅行の代金も安くできるってことか!こりゃなかなかスゴイのう!

最近では飲料水や日用品が購入できるdショッピングのクーポンが用意されていたりもするので、ドコモ契約者以外の家族も活用できるようになっています。

とにかく、100万円あるいは200万円使えば還元率1%分がさらに上乗せされる形になるので、還元率1%でも家族みんなでカードを使う価値は十分にあるということです。

ちなみに200万円以上利用したとしても、100万円利用の特典は200万円利用の特典に置き換えられるので、両方の特典を受け取れるわけでは無い点にだけ注意してください。

③家族一人ごとにケータイ故障で10万円補償

dカードGOLDの特典の中の1つに、dカードケータイ補償なるものが用意されていますが、これがまた強力無比です。

これは購入から3年以内に紛失や故障で失った同一機種を買う場合に限り、最大10万円まで購入代金が補償されるというサポートです。

dカードケータイ補償について詳しくは、下記の記事でも徹底解説しています。

dカード GOLDがあればケータイが壊れたり、水没、紛失した時10万円まで補償して貰えるぞ!
dカード GOLDのケータイ補償はどこまで携帯電話やスマホの故障時やトラブル時に対応できるのか?ばっちり調べてみました。

つまりはスマホやケータイを壊したり紛失しても、10万円の範囲内でタダで戻ってくるということです。

そして太っ腹なことに、dカードGOLDの家族カードを作れば、その家族にこの特典と同じ内容のサポートが丸々ついてきます。

本会員と家族はそれぞれ補償の枠が独立しているので、本会員と家族が同時にスマホを紛失したとしても、別々に補償を受けることができます。

もちろんドコモのケータイ限定ですが、不慮の事故に遭いやすい携帯電話を10万円以内で補償してもらえるので、相当な保険になることは間違いありません。

かくいう私もドコモのスマホが割れて大惨事となってしまったことがありましたが、この補償のおかげでタダ同然で補償してもらえました。

スマホの画面が割れてると機種変更応援プログラム使えない

壊しやすい・なくしやすい家族がいたら、ぜひ家族カードを作ってあげてください。

ちなみに他の補償と比べてお得なのかを比較した記事もありますので、補償目当てでdカードGOLD取得を考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

dカード GOLDのケータイ補償があればドコモのケータイ補償サービスは不要なのか!?調べてみた!
dカード GOLDはケータイ補償があればドコモのケータイ補償は不要なのか?比較して検討して答えを出してみた!
iPhoneの補償は「ドコモのケータイ補償」と「アップルのAppleCare」どっちに入るべきなのか?
ドコモでiPhoneを購入する時は「AppleCare+ for iPhone」と「ケータイ補償サービス for iphone & ipad」どちらに加入するのが賢いのか?

④国内の空港ラウンジが無料で利用可能

dカードGOLDを持っていれば、国内29ヵ所+ハワイ1ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。

ちなみに無料になるラウンジは以下の通り。

地域ラウンジを利用できる空港
 北海道新千歳空港(北海道)
函館空港(北海道)
 東北地方青森空港(青森)
秋田空港(秋田)
仙台空港(茨城)
 関東地方羽田空港(東京)
成田空港(千葉)
 中部・北陸地方新潟空港(新潟)
富山空港(富山)
小松空港(石川)
中部国際空港(愛知)
富士山静岡空港(静岡)
 関西地方伊丹空港(大阪)
関西国際空港(大阪)
神戸空港(兵庫)
中国地方広島空港(広島)
米子空港(鳥取)
岡山空港(岡山)
宇部空港(山口)
四国地方高松空港(高松)
松山空港(愛媛)
徳島空港(徳島)
九州・沖縄地方福岡空港(福岡)
北九州空港(福岡)
長崎空港(長崎)
大分空港(大分)
鹿児島空港(鹿児島)
熊本空港(熊本)
那覇空港(沖縄)
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)

もちろん本会員カードと同じく、家族カードを作れば上記の空港ラウンジを無料で利用できるようになります。

むしろ家族旅行なんかで本会員が1人だけdカードGOLDを出しても、無料になるのは本会員1人だけなので、家族分を無料にしたいなら家族カードを人数分作る必要があります。

dカードGOLDは前述の通り最大3枚家族カードを発行できるので、4人家族ならちょうど全員が無料で利用できるようになる計算です。

家族で旅行をする以外でも、友人と旅行に行ったり仕事で出張する時に本会員が一緒にいなくても、家族カードを持っていれば無料で利用できるので安心してください。

ちなみに、しっかり1人1枚を受付で掲示しなければ空港ラウンジは無料にならないので、そこだけ気をつけてください。

⑤海外旅行保険が家族全員に付く

dカードGOLDの旅行保険はゴールドカードだけあって、以下のような海外も国内も対応している上に手厚い補償が用意されています。

dカード GOLDの海外旅行保険

dカード GOLD本人会員/家族会員 本人会員の家族
傷害死亡1億円1,000万円
傷害後遺症がい400万円~1億円
(程度による)
40万円~1,000万円
(程度による)
傷害・疾病治療費用300万円50万円
賠償責任5,000万円1,000万円
携行品損害50万円
(自己負担金3,000円)
15万円
(自己負担金3,000円)
救援者費用500万円50万円
海外航空便遅延費用特約 乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

dカード GOLDの国内旅行保険

担保項目および保険金額本人会員/家族会員
国内旅行傷害保険 傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺障がい保険金200万円~5,000万円
(程度による)
入院保険金5,000円(日額)
通院保険金3,000円(日額)
手術給付金入院保険金日額の5倍
または10倍
国内航空便
遅延費用特約
乗継遅延による
宿泊・食事費用
2万円
手荷物遅延による
衣類・生活必需品購入費用
1万円
手荷物紛失による
衣類・生活必需品購入費用
2万円
出航遅延・欠航による
食事費用
1万円

家族カードも同様の保険内容となるので、海外でも国内でも家族で旅行をするなら、これ1枚持っておけばいざという時の備えとして機能します。

わざわざ旅行へ行く時に保険への加入手続きをしなくて良いというのも利点です。

しかも自動付帯な上に家族特約も付いてくるので、dカードGOLDの家族カードを申し込めない18歳以下の子供にも保険が適用されるようになり安心です。

一応、旅行時の決済等で使っておけば自動付帯→利用付帯となり、さらに手厚い保険内容にアップグレードされます。

⑥ローソンで買い物すると5%お得になる!

全国のローソンでdカードGOLDを使って決済すると、買い物額の5%がお得になります。

その内訳は以下の通りです。

・カード請求時に利用分から3%OFF

・買い物額から1%ポイント還元

・カード掲示で1%ポイント還元

私はかつて毎日のようにローソンで、ウーロン茶とおにぎり or パン+αを購入していましたが、500円~800円は掛かっていました。

当時はdカードGOLDを持っていなかったので、毎日25円~40円分を損していたことになります。

1ヶ月30日間に換算すると750円~1200円も損する計算に!そう考えたらdカードGOLDで5%お得になるのがいかに大事かわかります。

もちろん家族カードでの利用でも5%お得になります。

どこにでもあるローソンを利用する際に必ず割引してもらえるカードと考えたら、役に立つシーンは予想以上に多いことに間違いありません。

電子マネーiDを通じて決済した場合もこの割引は適用されます。Apple payなどで紐付けして利用している人にとっては朗報ですね。

電子マネーiDの利用方法も別記事にて解説しています。

電子マネーのiD(アイディ)の使い方は?仕組みをわかりやすく解説!
NTTドコモユーザーじゃなくてもiPhoneを持っていれば誰でも使える!全国のコンビニや大手チェーン店対応の電子マネーiDの使い方を徹底解説!

少しややこしいですが、3%OFFになるのはカード請求時の利用分からであり、ローソン店頭のレジで直接3%OFFになるわけでは無い点に注意してください。

⑦ETCカードが家族カードでも無料で発行可能

dカードGOLDはETCカードを初年度無料で発行できますが、家族カードも同じく家族カードの枚数分だけETCカードを同じ条件で発行できます。

本会員カード1枚+家族カード3枚の合計4枚のETCカードを無料で発行できるので、家族4人分をカバーできます。

申し込めるのは18歳以上の家族なので、車を運転するという人も少なくないと思います。

ETCカードの利用は、前述の年間利用特典の利用額にもカウントされるので、高速道路を利用する機会が多い家族なら特にオススメできます!

ところでdカードGOLDのETCカードは、初年度無料・2年目以降は500円+税だけど年に1度の利用で無料という条件です。

合計4枚発行していたら、2年目以降はそれぞれ1回ずつ使わなければ500円×枚数が発生する点だけは気をつけてください。

その他、本会員カードはETCカードを入会時に同時に申し込むことができますが、家族カードはカードが届いた後にドコモショップ・電話・ネットで申し込むことになります。

また、家族カードのETCカードで高速料金を決済した分は、通常と同じく本会員カードの口座から引き落としになり、100円=1ポイントで還元されます。

⑨家族カードも特約店で還元率UP

dカードGOLDをdカード特約店で使うことで、2%~4%のdポイントが還元されます。

前述のローソン5%は代表的なものですが、それ以外でも全国的に多数の特約店が存在します。

中でも注目すべきものを何点か挙げると、

・マツモトキヨシの買い物で3%還元
・スターバックスカードにチャージで4%還元
・ドトールカードにチャージで4%還元
・高島屋や伊勢丹、三越での買い物で2%還元
・dデリバリーやdトラベルの利用で2%還元

このように特約店では常に2%以上の還元率で買い物することができます。

駅や都市部に必ずあるスタバやドトールも、専用カードにチャージすることで4%還元される特典が用意されているので、これらの店の利用頻度が高いならグッとお得になります。

スターバックスでdカードは使える

利用でポイントが還元されるのは同じですが、お店によって税込・税抜で付くポイントが異なる場合があるので注意してください。

最新の特約店はドコモの公式サイトで案内されています。

家族カードを申し込むための3つの方法

dカードGOLDの家族カードに申し込むには以下の3つの方法があります。

①インターネットから申し込む

②入会申込書を郵送して申し込む

③ドコモショップで申し込む

インターネットから申し込む場合

本会員カードをネットで申し込んだように、家族カードも同じくネットから申し込めます。

ネット環境さえあれば自宅のパソコンからでも、手持ちのスマホやケータイからも手続きできます。

後に紹介する2つの申し込みよりも、一番早く手続きを済ませることができるのでオススメです。

入会申込書を郵送して申し込む場合

入会申込書を自宅に郵送してもらい、必要事項を記入した後にドコモへ返送する方法があります。

しかし、郵送→返送という過程の関係上、他の方法よりも圧倒的に時間が掛かってしまいます。

そもそも依頼してから資料が自宅に届くまで1週間は掛かるので、個人的にタイムロスが激しいこの方法はオススメできません。

ドコモショップで申し込む場合

ドコモショップでもdカードGOLDの家族カードの申し込み手続きができます。

ただし申し込みの際には、本会員カードを持つ本会員が直接お店に行かなければなりません。

また、ドコモショップ自体もシェア率トップで契約者が多いためか、ほとんどの店舗で混雑する時間帯があります。

私も片田舎のドコモショップに行った時に、時間が悪かったのか満員状態で30分以上待たされた記憶があります。

スケジュールが忙しかったり出不精な人が本会員だと、ドコモショップで手続きするまでに苦労するかもしれません。

書類郵送方法よりは選択肢に入りますが、やはりネットから手続きするのが一番だと思います。

ちなみに家族カードに申し込みたい家族は、必ずしも店舗に赴く必要はありません。本会員1人だけでも手続きを進めることはできます。

が、ショップで家族カードの暗証番号の設定を求められるので、本会員に決められるのが嫌な場合は作る家族も同伴して行った方が良いです。

審査が通るか通らないかの心配はほぼ無用!

「もし審査が通らなかったらどうしよう?」

家族カードをあまり作ったことが無いと、こんな心配も生まれてくることでしょう。

しかし、すでに本会員が審査を終えた状態なので、家族カードで落ちる落ちない心配は無用です。

一応所定の審査はありますが、何らかの事情でよほどヤバい利用者だと判断されない限りは問題ありません。

これまで紹介した通り、dカードGOLDの家族カードは本当にメリットが多いので、気軽に申し込んでみてください。

家族カードを作った後は2つの登録作業が必須!

家族カードに申し込んで発行された後に、必ず2つやるべきことがあります。

A.家族が利用中のドコモ回線への紐付け

B.利用者情報登録

これらをやっておかないと、発行した家族カードで上記の特典を利用できず、dポイントを使うことも貯めることもできません。

とりあえずdカードGOLDの特典を受けるために、Aの登録だけは最速で行うことを推奨します。やり方は至ってシンプルです。

①My docomoにアクセス

②オンライン手続き→dカードを選ぶ

③家族カードの番号を入力

マイページで家族カードの情報を入力するだけです。ものの数分で終わる超簡単な作業です。

これでドコモ携帯料金から10%還元されたり、最大10万円のケータイ補償サービスや旅行保険が機能し始めるようになります。

何度も書きますが、この作業だけは届いたらすぐにやってしまいましょう。

それが終わったら、Bの家族カードをdポイントカードとして利用するための登録もついでに行ってください。

これも同じようにMy docomoからオンライン手続き→dカードを選んで、dポイントカード情報を登録するだけでOKです。

以上、2つの登録を終えたら今度こそ完了!

家族カードでありながら、本会員のdカードGOLDと同等の機能を持つカードが完成します。

もしどうしてもわからなければ、以下のdカードゴールドデスクに電話することでも登録作業を行えます。

・dカードゴールドデスク
(0120-700-360)※受付時間 午前10:00~午後8:00(年中無休)

まとめ!dカードGOLDの家族カードを作らない手は無い!

今回の記事の内容をざっくりまとめてみると、

・家族カード1枚目は年会費がずっと無料

・最大で家族3人に持たせることができる

・年間利用特典を達成しやすくなる

・家族のドコモ利用料金も10%還元

・家族のケータイも最大10万円で補償

・家族も無料で国内空港ラウンジが利用可

・家族も使える手厚い旅行保険が付帯

・家族がローソンや特約店の買い物で得できる

・家族が年会費無料になるETCカードを持てる

・オススメは公式サイトからネット申し込み

・家族カードに審査の心配は無用

・家族カードが届いたら2つの登録が必須 ※重要

既にdカードGOLDを持っている人はもちろんですが、これから申し込もうと考えている人も参考にできる内容があったかと思います。

新規申し込み時に家族カードを発行するかどうかも決められるので、家族の分も一緒に作ってしまった方が手間が掛かりません。

とにかく家族カードの1枚目は年会費が掛からないのに、本会員カードと変わらない機能を持つ分身のようなものなので、家族の誰かに持たせることをオススメします。

dカード GOLDについては以下の記事を参考にしてください。

dカード GOLDは本当にお得なのか?4年間利用して特典の良かった点と最悪な点の俺の本音の感想!
ドコモのクレカのdカード GOLDは本当にお得なのか?4年間利用した私が使ってみたら最強だったので感想を暴露します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました