クレジットカードを辛口で評価、レビューしていくぜっ!

初心者の時に大失敗した俺が本気で伝えたい!初めてのクレジットカードの作り方を教えます!

クレジットカードを初めてつ作る人必見の内容クレジットカードの基礎知識

現金を出さずにカードを提示するだけで街のお店で買い物したり、ネット通販サイトで支払いができるクレジットカード。

これを読んでいるあなたは大学や専門学校に入学したり、新社会人になって必要性を感じたり、世の中のキャッシュレス推進の風潮の為、初めてクレジットカードを作ろうと考えこの記事に辿り着いたのかと思います。

ただ、世の中には非常に多くのクレジットカードがありどうやって作ればいいのか、初めての経験で悩んでいるかもしれません…

しかしこれから作る初心者の方でもこの記事を読めばもう大丈夫!

クレジットカードを生まれてこの方一度も持ったことが無いあなたへ、初めてのクレジットカードはどうやって作るのか?

猿でも分かるようにわかりやすく簡単にお伝えします!

初めてクレジットカードを作りたいんだけどどうやればいいの?

クレカ番長
クレカ番長

ウワッハッハッハッ!もう大丈夫だ、ここから先を読めば赤子の手をひねるが如く簡単にやり方が分かるぜ

  1. サクッと答えを解説!これだけでスグに作れる
  2. クレジットカードを作る時に必要な物(準備編)
    1. キャッシングの申し込みなら別に年収証明書も必要
  3. クレジットカードを作るには4つの方法がある
  4. インターネットでクレジットカードを作る方法
    1. ネットから申し込むメリット
    2. ネットから申し込むデメリット
  5. 郵送で申し込む方法
    1. 郵送申し込みのメリット
    2. 郵送申し込みのデメリット
  6. 店頭窓口で申し込む方法
    1. 店頭申し込みのメリット
    2. 店頭申し込みのデメリット
  7. 電話で申し込む方法
    1. 電話申し込みのメリット
    2. 電話申し込みのデメリット
  8. 4つの申し込み方法で一番簡単でお得なのがネット申込
  9. クレジットカードには審査がある
    1. 学生は無収入でも審査に唯一通る特権がある
  10. 審査が通れば見事カードが自宅に到着
    1. カード受取時には郵便配達員が本人確認をする
    2. カード申込時と受取時の住所が違う時は?
  11. 申し込みから審査を経てカードが到着するまでの時間
  12. 初めてクレジットカードに作る時の注意点やNG行為
    1. 他社のカードと一緒に何枚も同時に申し込まない
    2. いきなりゴールドカードはオススメしない
    3. 絶対に嘘は書かない
    4. リボ払いは避けるべし
    5. 何となく適当に申し込むのはご法度
    6. ケータイ電話の料金を支払い忘れて止められた事があるなら注意
  13. 初心者がクレジットカードを作る時に知りたい基準
    1. 国際ブランドはVISAかMasterCardでOK
    2. 年会費無料のクレジットカードを選ぼう
    3. 還元率が1%あり割引制度があるカードを選ぼう
    4. 女性なら女性専門のクレジットカードも選択肢に
  14. 無職でもクレジットカードを作れるの?
    1. 無職で収入減が無い場合は厳しい
    2. 同居する家族に安定した収入があれば大丈夫
  15. まず初心者は自分にピッタリな1枚を選ぼう
    1. 18~25歳の学生や新社会人ならこのカード
    2. 26歳以上のベテラン社会人ならこのカード
    3. ドコモ利用者なら間違いなくdカードGOLD
  16. 今すぐクレジットカードを作りたい人はコレ!
    1. エポスカード
    2. ACマスターカード
    3. セゾンカードインターナショナル
  17. まとめ

サクッと答えを解説!これだけでスグに作れる

クレジットカードはすぐに作る事が可能

時間が無い人向けにまずはサクッと解約する方法を解説します!

クレジットカードは以下の手順で今すぐにでも作れます。

・運転免許証やパスポートなどの身分証明書を1つ用意
・インターネットに接続できるスマホやパソコンで申し込む
・18~25歳なら三井住友カードデビュープラスがオススメ

クレジットカードを作るには運転免許証やパスポート、保険証、住民票、マイナンバーカードなどの身分証明書がどれか1つをまずは用意して下さい。

作る方法はインターネット、電話、店頭窓口、手紙の郵送の4種類で行う事ができますが、一番お得で手っ取り早いのがインターネットからの申し込みです。

何故なら4つの中でもインターネット申込だけは、お得な入会キャンペーンを用意している事が多いからです!

これならわざわざ人に会うことも無く、自宅や勤務先のスマホやパソコンがあればできます。

必要事項を入力した時に、漏れや書き損じがあればすぐに修正もできますし、ミスもしません。

また、18~25歳の学生や若手社会人なら現時点で三井住友カードデビュープラスがオススメです!

入会キャンペーンでネットからの申し込み限定で、最大8,000円が貰えます!

初めてのクレジットカードを持つ入門編としては最適なカードになります。

クレカ番長
クレカ番長

ザッと話したが、以上を踏まえてここからはさらに細かく初めてクレジットカードを作る方法を解説していくぜ!

クレジットカードを作る時に必要な物(準備編)

次にクレジットカードを作る上で何が必要なのか?

作る時に必要なのが以下の書類や物になります。

・本人確認書類
・引き落とし用金融機関口座
・カードをしっかり受け取れる住所の自宅
・保護者の同意書(未成年者の場合)

本人確認書類

日本の全てのクレジットカード会社では、カードを作る時に本人確認書類の提出が義務付けられています。

運転免許証、パスポート、保険証、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、住民票、戸籍謄本、年金手帳、身体障がい者手帳、在留カード、の中からいずれか1つ必要です。

この中でも特に信憑性が高いとされているのが運転免許証になります。

何故なら運転免許証は信用情報として登録されているからです。

カード会社は免許証番号を照合する事で、信用情報に傷がついて無いか、ブラックでは無いか確認する事ができます。

カードを作る時は運転免許証があると審査が早い

以下の画面は三井住友VISAカードの入会画面になりますが、多くのカード会社では、カード新規申し込みの時に運転免許証番号の入力をする場合が多いです。

カード申込には運転免許証の番号を入力するとスムーズです

全ての身分証明証の中でも運転免許証があると、一番審査に通るスピードが速くなります。

引き落とし用金融機関口座

カード利用代金を毎月使った分引き落とされる金融機関の口座です。

これが無いとクレジットカードが作れないので、メガバンク、地銀、ゆうちょ銀行でも楽天銀行でも何でも良いので作りましょう。

ちなみにカード会社と提携しているネット銀行によっては、申込時にオンライン上で口座登録ができる場合があり、書類の郵送で引き落とし口座の申し込みをする必要がありません。

カードをしっかり受け取れる住所の自宅

基本的にクレジットカードは郵便局員が手渡しで持って渡しに来ます。

その為持家でも賃貸でも構いません、本人確認書類と全く同じ住所場所の自宅が必要です。

会社の転勤や引っ越しなどで、もし本人確認書類と違う住所の場合は受け取れないので注意しましょう。

その時は電気ガス水道料金の領収書やケータイ電話、国税や地方税の支払い領収書が必要になります。

保護者の同意書(未成年者の場合)

20歳に満たない18歳以上の未成年者の場合は、保護者の同意書が必要になります。

以上

クレカ番長
クレカ番長

要は本人確認書類と銀行口座があれば、すぐにクレジットカードを作れちまうという事だ!

キャッシングの申し込みなら別に年収証明書も必要

初心者の方で知らない方も多いかもしれませんが、実はクレジットカードの中にはキャッシング機能が付いているカードもあります。

キャッシングと言うのは、カードをコンビニのATMに入れて現金をカード会社から借りる事です。

厄介な事にキャッシングの申し込みをする時は、年収証明書も別に必要になります。

・源泉徴収書
・給料の支払い明細(直近2ヶ月分)
・確定申告書
・納税通知書(年収又は所得金額の記載がある物)
・年金証明書(年金額の記載がある物)

個人事業主やフリーランスの場合は、更に上記に加えて事業計画書や、過去の収支決算内容、青色申告決算書いずれか1枚の提出も必要になります。

キャッシング機能はカードを作った後でも付けられますし、必要が無いなら申し込まなくて良いでしょう。

クレジットカードを作るには4つの方法がある

クレジットカードを作る方法は基本的には次の4つの方法があります。

①インターネットから申し込む
②手紙で郵送で申し込む
③カード会社の窓口で申し込む
④電話で申し込む

この中から好きな方法でカードを作る事ができます。

コメリカードのようにお店の窓口でしか申し込めないカードもありますが、基本的にほとんどのクレジットカードはインターネットから申し込みができます。

4つの方法があるんだ!でもそれぞれ何が違うのかな?

クレカ番長
クレカ番長

それぞれ作る時の流れが違うぞ、どんなメリットやデメリットがあるのか交えて見ていこう!

インターネットでクレジットカードを作る方法

スマホやパソコンでくれじっとかーどを作る方法

スマホやパソコンがあればインターネットですぐに申し込みが可能です!

申し込む流れは次の通りになります。

クレジットカードの申し込み方法
  • STEP1
    欲しいカードの公式サイトへ行く
    まずはアクセス
  • STEP2
    数種類のクレジットカードから1つ選ぶ
    次にこれをやる
  • STEP3
    申し込みボタンを押す
    申し込みが開始
  • STEP4
    必要事項記入
    名前や住所、職業や預金、他社借入状況を入れる
  • STEP5
    確認
    記入した内容に間違いないか確認
  • STEP6
    申し込み完了
    これで申し込み完了です!
  • STEP7
    審査開始
    審査終了を待ちます。
  • STEP8
    カード到着
    審査通過後にカードが届きます!

以上の方法でクレジットカードの申し込みは完了です。

カード会社によってバラバラですが、amazon MasterCardクラシックのように審査が即時終了する所と、JCB CARD Wのように1~2週間かかる所があります。

ネットから申し込むメリット

ネットから申し込むメリットは24時間365日いつでも申し込める点です。

スマホがあればすぐに椅子に座りながら居間やベッドの上、会社や学校の昼休みや通勤電車の中でできます。

そして入会キャンペーンがインターネット申込者限定で用意されている事です。

また、各社カード会社を調べてどんなカードなのか急かされることなく、じっくりと比較検討できる点も有利です。

申し込む時の必要事項の記入も、書き損じ、漏れがあればエラーになるのでミスが起こりません。

クレジットカードをネットで申し込むメリット

さらに毎月の利用代金の引き落としの口座の指定も、ネットから申し込めるのでスムーズです。

カード会社によっては運転免許証や保険証などの本人確認書類のアップロードを求められますが、こちらもスマホで写真を撮って送るだけなので楽でしょう。

わざわざ窓口まで出向いたり、電話、郵送で申し込むよりも手軽で、いちいち人と話す面倒な手間も省けます。

対人コミュニケーションが面倒な引きこもり気質な私にはピッタリでした!

メリット盛沢山なのでネットから申し込むのが無難です。

ネットから申し込むデメリット

デメリットはあまり見当たりませんが、強いて言えば細かいカードの機能や特典について質問ができないという点位でしょう。

ただ、ネットでも最近ではメールやチャットで質問できるカード会社もあります。

公式サイトにも書いていない事や、マニアックな質問をしたい場合は店頭や電話が良いです。

郵送で申し込む方法

郵送でカードを申し込む

郵送で申し込む方法はまずはクレジットカード会社から申込書類を入手します。

入手方法はカード会社の公式サイトか、事業所やお店があればその窓口で入手できます。

郵送で申し込む方法
  • STEP1
    申込書類を手に入れる
    まずこれをネットやお店で入手する
  • STEP2
    申込書が家に届く
    自宅へ郵送される
  • STEP3
    申込書を書く
    必要事項を記入し印鑑を捺印
  • STEP4
    審査開始
    カード会社に申込書到着後審査開始!
  • STEP5
    審査終了
    郵送で自宅にカードが郵送

インターネットで公式サイトに接続するか、電話して郵送書類をカード業者から送ってもらいます。

イオンカードやセブンカードであれば、郵送の申込書類がお店のレジの脇にあります。

MUFGカードや三井住友カード等の銀行系カードであれば、銀行の窓口に郵送申込書が置いてあります。

まずは郵送申し込み用紙を入手しましょう。

クレジットカードの郵送申し込み書類

郵送申し込みのメリット

何といっても、昔ながらの方法で書面に記入して印鑑を捺印して郵送する方法で申し込めます。

インターネットやスマホが苦手なおじいちゃん、おばあちゃん、パソコンが使えなくてガラケーしか持っていない中高年の方にはピッタリです。

郵送申し込みのデメリット

何といってもまず申込書を入手するのがクソ面倒でダルいです。

以下の写真はファミマTカードの申込書になりますが、お店にわざわざ行く必要があります。

郵送用のカード申込用紙

さらに印鑑の捺印漏れや、誤字脱字で書き間違えた場合、再度郵送を強いられます。

経験があるかと思いますが、ミスした書類がまた戻ってきて付箋でここを直してくださいとか書いてあると、それだけで嫌になります。

そしてカード到着までの期間も長く、郵送だと審査に1ヶ月ほどかかる事が多いです。

各社で用意されている数千円貰える入会キャンペーンが無い事も多く、個人的にはこの記事を見れる環境であれば、あなたにはネットから申し込んで欲しいです。

クレカ番長
クレカ番長

郵送で申し込みしかできない人なら仕方ないが、この記事を読めるネット環境があるなら絶対にダメな方法だぞ

店頭窓口で申し込む方法

クレジットカードを店頭で申し込む方法

次はクレジットカードを直接発行している、お店や窓口で申し込む方法を見て行きましょう。

主にコメリカードやマルイのエポスカードなどはお店でも申し込めます。

店頭で申し込む方法
  • STEP1
    対象のお店に行く
    まずはお店へGO
  • STEP2
    申し込み専用カウンターへ
    店内に必ずあるので行きましょう。
  • STEP3
    申込書類を記入
    カードを申し込む書類にその場で記入
  • STEP4
    申し込み完了
    審査開始
  • STEP5
    審査完了後引き落とし口座の設定
    引き落とし口座の登録用紙を郵送
  • STEP6
    カード到着
    自宅にカードが届きます。

店頭窓口て申し込みをする際に注意したい事は、運転免許証やパスポートなどの身分証明証が必要です。

また、カードによっては申込時に金融機関の届出印が必要な場合もあります。

お店で申し込めるカードの多くは審査が比較的優しいカードが多いです。

審査時間もその場で行われるので1週間程度で済むことが多いです。

ただし店頭で引き落とし口座の設定ができない場合は、審査通過後に口座設定の用紙を別に郵送で送付しなければいけません。

それを登録された後に、正式にカードが届くので最初から最後までのやりとりに、3週間程度かかる可能性があります。

店頭申し込みのメリット

店頭申し込みのメリットは、受付スタッフがいる為カードを作る時の機能や疑問について、何でも細かく聞いて説明して貰う事が可能な点です。

ネットや資料だけでは分からない事や裏話も聞けるかもしれません。

また、書類記入時に間違える心配も無いでしょう。

店頭申し込みのデメリット

店頭申し込みの場合、口が上手い営業マンにセールストークでホイホイ乗せられて契約する危険性があります。

強引な体育会系の営業マンだった場合、数字の欲しさのあまり威圧的に契約を丸め込んで来るかもしれません。

その為カードの特徴や機能をよく分からないまま契約する事が多いです。

その場の雰囲気に流されてしまう為、別のカードと比較する前にトントン拍子で申し込んでしまう危険性があります。

さらにネットのような入会キャンペーンは用意されていない事が多いです

対面営業のカウンターは人件費がかかるのが原因だからでしょう。

クレカ番長
クレカ番長

よく飛行機に乗る時にJALやANAにクレジットカードの勧誘をしている営業マンがいるが、一度話しかけられたら断るのが大変だぜ

電話で申し込む方法

クレジットカードに電話で申し込む方法

やっているところは少ないですが、クレジットカード会社の中には電話で申し込める会社もあります。

電話でクレジットカードを申し込む方法
  • STEP1
    電話する
    まずは電話!
  • STEP2
    オペレーターからの質問
    矢継ぎ早に聞かれるので答えていきましょう。
  • STEP3
    電話終了
    審査開始
  • STEP4
    審査通過後
    カードが自宅に送られてきます。

電話をするとコールセンターのオペレーターに繋がります。

オペレーターから様々な質問を聞かれるのでそれに淡々と答えていきます。

ただし電話だけでは完結せず、後日本人確認書類などの提出を郵送で送る場合もあります。

この方法はぶっちゃけインターネットが使える人や、近くにカードが申し込めるお店がある人にはオススメできません!

都会から離れた海沿いの漁村とか、山奥の盆地の農村に住んでいてかつインターネットを利用できないという人向けです。

電話申し込みのメリット

電話で申し込むメリットは担当者に分からない事や細かい点などを質問できる点です。

また、電話申し込み可能なアメックスや、アコムACマスターカードのように、フリーダイヤルである事が多く無料でかけ放題です。

電話申し込みのデメリット

決定的なデメリットは電話申し込みが可能なカード会社はほとんど無い事です。

また、一度やってみるとウンザリしますが、質問や答える内容が多く時間が20分程かかります。

さらに電話をした上で、後日本人確認書類を郵送で送る事になり面倒です。

インターネットや近くでカードが申し込めるお店があれば何もメリットはありません。

こちらもネット申込のような、入会キャンペーンが用意されず損します。

クレカ番長
クレカ番長

今時電話申し込みしか受け付けていないクレジットカードなんて無い、この記事を見ているならネットで申し込んだ方が賢明だぜ

4つの申し込み方法で一番簡単でお得なのがネット申込

4つの申し込み方法を解説してきましたが、圧倒的に文句無しでインターネットから申し込むのがお得です!

ほとんどの人がスマホやパソコンを使い、ネットで申し込むのが主流になっており、管理人としてもこの方法をオススメします。

24時間365日いつでもできる点や、申し込みが簡単な上、人件費やコストが掛からない事、極めつけは入会キャンペーンが用意されている事が多いです。

各カード会社入会キャンペーン
楽天カード5,000円
三井住友VISAカード8,000円
オリコカードザポイント8,000円分のポイント円
JCB CARD W8,000円
リクルートカード6,000円
dカード8,000円

入会するだけでタダ同然で入会キャンペーンが貰えるのは美味しすぎます!

ネット証券やネット保険の料金が安いのと同じで、新規開拓費用や人件費を割いた分、入会キャンペーンとしてあなたに還元してくれるのです。

さらにETCカード、家族カード、リボ払いの申し込み、キャッシング申し込みにもインターネットで申し込みで一緒に可能で細かい金額設定もできます。

審査もどの方法よりも早く済み、カード会社の営業員に無理やり契約させられる事も無いので安心です。

これを知ってしまうと店頭申し込み、郵送申し込み、電話申し込みは手間と時間がかかりアホらしく思えるでしょう。

クレカ番長
クレカ番長

もしあんたのおじいちゃんやおばあちゃん、親がカードを店頭窓口とか郵送で作ろうとしてるなら、自分で申し込んだ方がお得だと力説して手伝ってあげようぜ!

クレジットカードには審査がある

クレジットカードの申し込みには審査があります。

審査基準や審査対象はカード会社ごとにバラバラで統一されておらず、どのように審査をしているのか公開もしていません。

それぞれのカード会社に独自の基準審査があります。

審査で見られる項目は以下の通りになります。

・年齢
・勤務先
・収入
・配偶者の有無
・家族構成
・家が持家か貸家か
・住んでいる家の入居年数
・過去のクレジットカードで利用状況
・過去のカードローン利用状況
・ケータイ電話料金の支払い状況

クレジットカードの他にも、カードローンで借金があるとか、返済の遅延情報、ケータイ電話の料金を未払いになっている事も審査に響きます。

どうやって過去のクレジットカード、カードローン、ケータイ電話の利用履歴なんて調べるのか?個人情報じゃないのか?と思われるかもしれません。

しかしカード会社はカードを申し込んできた人の信用情報する義務があります。

信用情報の確認はJICCKSCCICをいう機関で照会する事で、過去に他社のカード会社で未払いや支払遅延、踏み倒し、トラブルが無かったかどうかをチェックしています。

これらの情報を元に審査が開始されるわけですが、審査は平等に行われるのです。

例えば医者、弁護士、経営者、官僚、国の大臣クラスであっても他社に借金があると返済能力が低いとされカードの審査が通りません。

逆に言えば年収100万円のフリーターやアルバイト、パートでも借金が無く、カードローンを借りた事があっても返済済みなら審査に通過します。

もちろん反社会勢力を抜けて5年経過していない人や、自己破産している人は無理です。

審査期間はいきなり申し込んだ瞬間的に通るカードもあれば、2~3週間もかかるカードもあります。

え?医者とか社長でもクレジットカードの審査が通らない事があるの?

クレカ番長
クレカ番長

ウワッハッハッ!例え優秀で頭が良く地位も名誉がある人でも借金返済中とか過去金融事故を起こした人は申し込めないぜ、審査は平等なのだ

学生は無収入でも審査に唯一通る特権がある

基本的に安定した収入が無い無職の人や、借金だらけで火の車の人は、問題があるのでクレジットカードに申し込む事はできません。

しかし専門学生、大学生、短大生、大学院生の場合話は別でほとんど審査に落ちる事がありません!

学生に収入が無いのは当たり前ですし、親の収入が代わりに見られて判断されます。

学生のカード利用金額は親が保証すると見なされるからです。

カード会社としても学生が利用代金を支払えなくても、この子はお父さんやお母さんが払うから大丈夫だろう!という事ですんなり審査をパスしてくれます。

クレジットカードとしても学生は将来の長いお付き合いのお客さんになる訳なので、喉から手が出る程欲しいのです。

審査が通れば見事カードが自宅に到着

クレジットカードを申し込み無事に審査が通過すれば、晴れてめでたくカード会社からあなたの自宅へクレジットカードが郵送されてきます。

カード受取時には郵便配達員が本人確認をする

カード受取時には郵便配達員が家に来て手渡しになります。

郵送物の種類は書留か本人限定郵便で来ることになりますが、この時に本当に受取人が本人かどうか確認をする訳です。

免許証やパスポート、マイナンバーカードの提示をする必要があります。

・運転免許証(写真が印刷されている表面と裏面)
・マイナンバーカード(写真と住所が載っている表面)
・健康保険証(有効期限、生年月日、番号記載の表面)
・パスポート(写真と住所が載っているページ)

もしこの時に証明できる本人確認書類が無ければ、永久にカードは受け取れずせっかく審査に通ったのに差し戻されてしまいます。

カード申込時と受取時の住所が違う時は?

転勤族にありがちな話で私の体験談ですが、カード申込直後に転勤で住所が変わり、前の住所にカードが送られてしまった事があります。

その時は前に住所に取りに行く事も出来ますが超面倒です!

しかし引っ越しで住所が変わった場合や、新しい住居に住所変更をしていなくても、以下の書類を郵便局で提示する事で荷物の受取が可能です。

・電気料金の支払い領収書
・水道料金の支払い領収書
・ガス代金の支払い領収書
・NHKの料金支払い領収書
・国税(印紙税、登録免許税)の納税領収書
・地方税(不動産取得税、固定資産税)の納税領収書
・社会保険料の納税領収書

どの領収書も原則として支払いから6ヶ月以内の物が必要です。

クレジットカード申込時に家族カードやETCカードをした人は後日改めて届きます。

申し込みから審査を経てカードが到着するまでの時間

クレジットカードを申し込んで審査通過後にカードが自宅に送られてくるまで、カードによって時間はバラバラです。

私が今まで申し込んだカードはどのくらいで届いたのかお見せします。

クレジットカードカード審査期間自宅に届くまでの期間
エポスカード数時間マルイなら即日
ネットなら1週間
三井住友VISAカード3週間1ヶ月
楽天カード1週間10日
amazon MasterCard数秒1週間
ヤフーカード数秒1週間
JCB CARD W1週間10日
dカード1週間9日
オリコカードザポイント1週間9日
コメリカード1週間2週間

このようにすぐに審査が通過するカードもあれば、審査に時間を要するカードもあります。

審査機関が土日祝日を挟むと休業日の為、さらに時間がかかります。

ヤフーカードとかamazon MasterCardなんて瞬殺で終わるので本当に審査しているのか?こっちが不安になるくらいです。

銀行系など金融機関が発行するカードはコンプライアンスや、社内審査が厳しい事から

初めてクレジットカードに作る時の注意点やNG行為

クレジットカードに申し込んでも、その後には審査があり100%入手できるという訳では無いという事がわかりました。

それではこれから初めてクレジットカードを申し込むというあなたに、絶対にやってはいけないNG行為が何か?をお伝えしたいと思います!

他社のカードと一緒に何枚も同時に申し込まない

初心者がやってしまいがちなミスですが、いきなり同時に複数のクレジットカードを申し込んではいけません。

例えばJCBカードと楽天カード、三井住友VISAカード、オリコカードを同時に申し込めばどれか審査が通るだろうと考えて申し込むと恐らく全部落ちます。

カード申し込み履歴は全カード会社に信用情報照会時に分かりますし、「入会キャンペーン目当て」「お金が無いヤバい人」「不正利用の反社会的な行為に使われる」と濡れ衣を着せられます。

入会キャンペーンはカードによって5,000~15,000円貰えて非常に魅力的ですが、何社も申し込むとそれ目当ての乞食行為に思われます。

お金が必要で知人やカードローンからお金も借りられず、クレジットカードを沢山申し込んでそれで払おうとしていると疑われます。

もし複数の種類のカードが欲しいのであれば、3~6ヶ月程度時間を置いてから申し込むようにしましょう。

最初の1枚目は一極集中でそれだけしか申し込んではいけません。

いきなりゴールドカードはオススメしない

初心者の方の中には、カッコいいからと言う理由でいきなりゴールドカードやプラチナカードを申し込む猛者もいます。

アメックスANAプラチナカード

私が持っているプラチナカードを持てばあらゆる特典やサービスが受けられます!

しかしこれを初心者が申し込むのはあまりよろしくない行為と言えます。

これは長年カード利用してきちんと利用代金を支払っている事が、信用情報に載っていないと、初心者は作るのが難しくほぼ入手できません。

私の場合は年収は300万円程度で何とか持てましたが、初めての人は年収も高くても厳しいでしょう。

いかに年収が高くても、今までクレジットカードを持った経験が無いなら、まずは十s系が必要なので、誰でも審査に通りやすい三井住友カードデビュープラスを持った方が良いでしょう。

→三井住友カードデビュープラス公式サイトはこちら

絶対に嘘は書かない

社会人なら当たり前の話ですが、カード申込時に嘘の記入をしてはいけません。

カード申込時には年収2,000万円とか、勤務先をエリート企業の任天堂とか三菱商事とか、貸家に住んでいるのに持家に住んでいるとか、他社借りれで多額の借金があるのに無いとか自由に申告できてしまいます。

それで審査に通る事もありますが、これがバレた場合制裁としてブラックリストに載り、二度と申し込んだカード会社でカードが作れなくなります。

悪意が無くうっかりミスで入力した時もお容赦なく嘘をついたと見なされます。

カード会社は会員の情報を定期的にチェックし、勤務先や年収に間違いが無いか調べています。

カード申込時にはどうせ分からなないだろうと安易に考えず、正々堂々と正直な事を書きましょう。

リボ払いは避けるべし

最近では学校の授業でもその怖さを教えている事もあるようですが、初心者はリボ払いに申し込まない方が良いでしょう。

これは審査に通るうんぬんよりも、利用した後でリスクが大きいからです。

リボ払いは毎月決まった金額を返済する支払方法になりますが、金利が15%以上かかる事が多く、実態はアコムやアイフルなどのサラ金からお金を借りる行為と同じです。

カードを使ったのに何故か知らないうちにどんどん債務が膨らみ、返済残高が100万円とか200万円とかになると地獄を見ます。

上手に使えばリボ払いで返済出来て助かったという人も多くいます。

自分できちんと資金繰りをコントロールできるなら良いですが、初心者はリボ払いの申し込みは避けた方が良いでしょう。

支払方法をリボ払いのまま申し込んで、忘れたまま使って支払いに苦しむ若い子が後を絶ちません。

何となく適当に申し込むのはご法度

学生や社会人経験が未熟だとよく起こりやすい問題ですが、とりあえずデザインが良いからとか、知人が良いと言ってたからという理由で、何となくクレジットカードを申し込むのは絶対ダメです!

私の失敗談で、大学生の時に勧められた地方銀行のクレジットカードを入手しましたが、これがまたクソで学生向けではありませんでした。

何故加入したのかと言うと、勧誘された時の銀行員のお姉さんが可愛くて好みだったからです。

学生が使うようなお店や特典も無く、保険も何も付帯していなかったのでメリットゼロでした。

ぶっちゃけその時は何が何だかわからず、社会人3年目くらいまで使いましたが、途中でよく調べてみたら腐れカードだと判明したのです。

もし最初に他のカードを持っていれば、こんな事にはならず大きな機会損失になり後悔しております。

ケータイ電話の料金を支払い忘れて止められた事があるなら注意

意外だと思われるかもしれませんが、カードローンで借金が無かったり、他社クレジットカードの利用をしたことが無くても、ケータイ電話の料金支払い忘れがある人は注意です。

過去電話料金を支払わずに止められたという人は、信用情報が傷ついてしまった為、カードが作れない可能性が高いです。

「ケータイ電話料金如きで審査に響くのか?」と私も思いましたが、カード会社の審査項目には毎月きっちり支払っているのかどうか見られます。

笑い話ではなく過去ケータイ電話を止められた事があれば信用情報の履歴に残るので注意です。

ちなみに電気、ガス、水道などの公共インフラは支払い忘れて止められた過去があっても信用情報には載りません。

初心者がクレジットカードを作る時に知りたい基準

初めてクレジットカードを作るなら、作る時に覚えておきたい大切な基準があります。

この世に大量の種類があるカードですがどんな基準で選べばいいのかお伝えしましょう!

国際ブランドはVISAかMasterCardでOK

クレジットカードを初めて作る時にぶち当たる壁が、国際ブランドの選択をする時でしょう。

クレジットカードの国際ブランド

MasterCard、アメリカンエキスプレス、VISA、JCBだの、初心者にとっては何の事だかサッパリ分からない方も多いでしょう。

国際ブランドとはクレジットカードの決済システムの事で、VISAはVISA加盟店でしか使えず、MasterCardはMasterCard加盟店でしか使えません。

しかし安心して欲しいのはこの2社はアメリカの歴史ある決済システム会社で、世界中どこでも使えるブランドです。

日本でももちろんほとんどのお店に対応しています。

この2つが使えないカード対応のお店なんて、カード歴十数年の私も見た事がありません!

さらに詳しくは別の記事で、国際ブランドについて書いているので合わせて読んでおきましょう。

年会費無料のクレジットカードを選ぼう

どうせなら初めてクレジットカードを作る時は、失敗しても良いように、年会費無料の物を選びましょう。

もしかして初心者の人の中には「クレジットカード=年会費がかかる」と思っているのではないでしょうか?

あなたがクレジットカードで空港ラウンジを使うとか、海外によく行くので旅行保険を付帯するとかいう事なら年会費数千円~数万円のカードが必要かもしれません。

しかし普段スーパー、セブンイレブン、楽天、amazonで買い物したり、居酒屋や吉野家で支払う程度ならば年会費無料のカードで十分です。

年会費が高くてもその特典を使いこなせなければ意味がありません。

よくゴールドカードを持っている高齢者の爺さん婆さんがいますが、何も知らずに勧誘されて高い年会費を払い続けて恐らく特典が使いこなせておりません。

まさに宝の持ち腐れで無駄!初めて使う人は無料カードで十分でしょう。

還元率が1%あり割引制度があるカードを選ぼう

JCBが行った令和元年若者向けクレジットカード実態調査によれば、クレジットカードを選ぶ基準の第2位が「ポイント制度や割引制度など、特典があるから」との事です。

これから分かるようにクレジットカードは還元率1%である事、そして数々のお店の割引恩恵が受けられる事が理想です。

私は初めてのクレジットカードを作った時、還元率も恩恵もクソも無いカードを持っていて激しく後悔しています。

女性なら女性専門のクレジットカードも選択肢に

JCB CARD W plus L

もしこの記事を読んでいるあなたが女性であれば、女性の為に作られたカードも選択肢の候補にすると良いでしょう!

従来のカードよりもデザインが女性向けで可愛いかったりするだけではありません!

犯罪被害補償、天災限定補償、傷害入院保障、女性特有のガン補償等の女性向けの保険機能が付帯していたりします。

保険以外にも女性に人気の観光地やホテル、レストランの女性が好むお店の割引特典が付いておます。

普通のカードよりも専業主婦やパートの人であれば審査に通りやすいと言われています。

特に私が推奨する女性向けのカードは次の3つが挙げられます。

どれも有名な大手のクレジットカードですが、自分が気に入ったカードを一枚選ぶと良いでしょう。

無職でもクレジットカードを作れるの?

無職のニートでもクレカが作れるのか?

初めてクレジットカードを作る人の中には現在職業に就いていない無職の人もいるでしょう。

「ニートでもクレジットカードを初めて作りたいけど可能なのか?」

という疑問があるかと思いますが、結論から言うと作る事は可能です!

無職と言っても専業主婦、浪人、日雇い労働者、フリーターの事を無職と呼ぶ場合もあります。

初めてクレカを作る人が無職の場合でも本当に作れる方法を見て行きましょう。

無職で収入減が無い場合は厳しい

やはり決定打は安定した収入があるか無いかという事です。

本当に無職で配偶者や親の収入が無い、不動や株式や投資信託の配当収入も無い場合は、本当に無収入状態という事になります。

こうなるとにっちもさっちも行かなくなり、どんなに審査が甘いクレジットカードでも作る事は難しくなります。

カード会社としても一文無しで資金が返せる見込みが無い人は嫌がります。

まずはクレジットカードを作る前にアルバイトなり、仕事を見つけるのが先です。

同居する家族に安定した収入があれば大丈夫

無職で働きたくない!もしくは働けないという人でも、実は一緒に同居する親や配偶者の家族に安定的な収入があり、かつ扶養されていればクレジットカードを作る事が可能です。

もしあなたが会社に新卒として就職したが、実はブラック企業で猛烈なノルマを強いられ退職した場合、先行き不安な状態でも家族が稼いでいれば大丈夫です。

また、野原みさえやサザエさんのような専業主婦でも、夫に稼ぎがあれば問題なくバンバン作れます。

大阪の西成の日雇い人夫だろうが、新聞配達のアルバイトだろうが、同居する家族に収入があればOKなのです。

自分が無職で稼ぎが無くても比較的しっかりした家族がいればOKなのです。

まず初心者は自分にピッタリな1枚を選ぼう

この記事を検索してくる前にご存知かもしれませんが、クレジットカードは1つだけではありません。

世の中には楽天カードやヤフーカード、JCBカード、三井住友VISAカードなど大量の種類があります。

これらをデザインが良いとか、友達が良いと言っていたとか、可愛い女性の銀行員に勧められたという安易な理由で選んではいけません。

本当に自分に合うカードなのかどうかを選ぶのが鉄則です!

初めてクレジットカードを作るけど、どれが良いか分からないあなたに年齢別にピッタリな1枚をお伝えします。

18~25歳の学生や新社会人ならこのカード

三井住友カードデビュープラス

右も左も分からない18歳以上の大学生、短大生、専門学生、大学院生であれば、大学生向けのカードを持つのがオススメです!

また、20~25歳までの新入社員は若手社会人向けのカードがオススメ!

この2つの条件を兼ね備えた最有力候補は三井住友カードデビュープラスです。

セブンイレブンやファミマで還元率5倍で引き続き利用できますし、将来ゴールドカードやプラチナに進化できます。

入会特典で最大8,000円が貰えるのも今だけの若いチャンスでしょう!

とりあえず18~25歳まで限定の学生向けカードの筆頭である、三井住友カードデビュープラスををオススメします。

審査も学生ならほぼ確実に通る事でしょう。

使い続ければ、将来的に三井住友カードゴールドやプラチナに育てる事も可能です。

→三井住友カードデビュープラス公式サイトを見てみる

26歳以上のベテラン社会人ならこのカード

JCB CARD W

26歳以上でそろそろ会社の戦力になっている社会人で、初めてクレジットカードを作るのであれば三井住友カードデビュープラスが良いと言いたいところですが、このカードは18~25歳までしか持てません。

ただし安心して欲しいのは、26歳からオススメは別会社になりますが、JCBカードのJCB CARD Wになります!

このカードを申し込めるのは25~40歳までと年齢制限が付いていますが、還元率が同じJCBカードのシリーズの中でも2倍になっています。

入会3ヶ月間は還元率10倍キャンペーンも開催している事や、還元率が優遇されているamazonでは還元率が12倍になったりします。

将来的にJCBゴールドカードやプラチナに同じく進化できます。

もし1年使ってみて、さらに利用枠や保険機能等の必要性を感じれば、グレードアップしたり別のカードも申し込むと良いでしょう。

→JCB CARD W公式サイトを見てみる

ドコモ利用者なら間違いなくdカードGOLD

dカードGOLD

ここでドコモ利用者限定に、年齢関係なく初めてクレジットカードを作るなら、絶対にお知らせしたい事があります。

それがこのdカードGOLDと言うカードで、ドコモケータイの利用金額とドコモ光の利用金額が毎月10%dポイントで還元されます。

また、ドコモのiPhoneやandroidスマホが修理不可能な故障した場合、10万円の買い替え補償金も出る恐ろしいカードです。

ドコモが狂ったかのようにドバドバ恩恵を受けられるので、全ドコモユーザーで毎月9,000円以上家族でケータイをりようするなら年会費を実質ゼロにできます。

更に詳しい情報は、私がメインカードとしてdカードGOLDを利用している体験談で書いています。

→dカード GOLD公式サイトを見てみる

今すぐクレジットカードを作りたい人はコレ!

これを読んでいるあなたは、今すぐクレジットカードが必要なのかもしれません。

残念ながら上記でオススメで書いた、三井住友カードデビュープラスは審査に1週間程度かかってしまいます。

「今すぐ売り切れそうな商品があるけど、手元に現金が無いのでカードで払いたい」

「大きな買い物をする為、まとまった資金が必要だが無いのでカードで払いたい」

「今月ピンチだけど死んでもサラ金からお金は借りたくないからカードで払いたい」

と緊急を要するなら一刻も早くカードを入手したいと思う事でしょう!

しかし別会社なら今すぐ申し込んで即日発行されるカードがあります。

私が知る範囲では次の3つのカードが神速の勢いで、この記事を読んだ後すぐ入手できるカードです。

・エポスカード
・ACマスターカード
・セゾンカードインターナショナル

クレジットカードは普通申込~審査~カード到着まで通常1~3週間かかるものです。

しかしこれらの3種類のカードであればその日に審査が行われ通過後もすぐに入手可能です。

即日発行する為全て店頭での申し込みになります。

これなら「明日からいきなり車の修理でお金が急遽必要になった」とか、「急遽実家に帰る事になる飛行機代を用意しないといけない」という緊急事態に対処できます!

エポスカード

エポスカードはマルイで作れるぞ

ご存知、駅前にあるマルイの発行するクレジットカードです。

マルイ店舗内にはエポスカード申込カウンターが必ずあり、そこで即日発行する事が可能です。

ここで速攻申し込んでGETできるので、近くにマルイのがある人は迷わずGOです。

ちなみに書類に記入する手間が面倒なら、ネットからも申し込み後、店頭にカードを受け取りに行くという事も出来ます。

ACマスターカード

クレジットカードのリボ払いはサラ金と同じ

消費者金融大手のアコムが発行するクレジットカードは強い味方で即日発行可能です!

パチンコ屋や国道沿いに設置されている無人契約機がありますので、そこに行って画面の指示に従えばすぐに作れます。

基本的に低所得の日雇い労働者やフリーターでもOKです。

目立った機能や特徴も無く単なるクレジットカードで、支払いは全てリボ払いになりますが、カードが作れる無人契約機の「むじんくん」は全国に1,000以上設置されています。

私も作りましたがこちらは30分以内で作成できました。

アコムのACマスターカード

地方でも都会に住んでいる人もでも誰でも作れるインフラが整っているので、これで救われる人が多いでしょう!

セゾンカードインターナショナル

こちらも全国の至る所にセゾンカード申込カウンターが設置されています。

駅ビルや駅近くのデパートにある事が多く、こちらに足を運べばすぐに即日クレジットカードが作れます。

エポスカードと同じくネットで事前に申し込み、店頭に直接取りに行く方法も可能です。

クレジットカードの他にもETCカードを同時に発行する事が可能です。

まとめ

今回クレジットカードを初めて作る人向けにここまで書いてきた事をまとめます!

・クレジットカードは本人確認書類と銀行口座があればできる
・ネット、店頭窓口、郵送、電話でできる
・ネット申込が一番楽で速く入会キャンペーンがある
・申し込み後に審査がある
・学生はほとんどの審査に通る
・無職は同居する親や配偶者に収入があれば通る
・18~25歳なら三井住友カードデビュープラス
・26歳以上ならJCB CARD W
・ドコモ利用者ならdカードGOLD
・急ぎなら即日発行できるカードもある

という事で、今これからカードを作るぞ!というあなたには非常に参考になったのではないでしょうか?

最後にアドバイスしておきますと、クレジットカードは今機能や特典が良くても、機能が改悪されたりいきなり入会特典が廃止されたり、発行がストップしてしまう事もあります。

今後カードを申し込んでも1年程経過したら別のカードにも目を向けてみると良いでしょう。

クレカ番長
クレカ番長

当サイトでは最新のカード情報を追求していくので是非今後も参考にして貰えればと思う!
最初の1枚で充実した生活を送って欲しいぞ

今回の記事では初めてクレジットカードを作る人用に書きましたが、1度でもカードを利用した経験がある方は別の記事で最新の私がオススメする最新のカード情報も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました